Release in Japan 2016

rehan-dalal-by-dustin-rabin-35

Rehan Dalal
http://www.rehandalal.com/

Rehan Dalal may be an unusual candidate for the role of soul musician. He doesn’t necessarily fit the traditional mold. Born and raised in Bombay, India, he grew up surrounded by Classic Rock cover bands, Bollywood singers and classical Indian musicians. However none of these sounds drew him in as strongly as the pulsing groove and earnest sentiments of Soul. After moving to Canada, he soon picked up a guitar and began writing songs. It was the start to an exciting journey that would find him finally making the music that he always found solace in.

In June of 2013 he released his first full-length record “Got To Feel It” with producer Justin Abedin (Justin Hines, jackSOUL). It is a collection of songs that touch upon a range of styles. Featuring soul stylings, R&B grooves, pop hooks and folk lyricism, Rehan’s music is influenced by the early 60’s soul sounds of Sam Cooke and Ray Charles; to the Motown era magic of Stevie Wonder and The Temptations; to the modern flavors of Raphael Saadiq and Ben L’Oncle Soul; with a dash of Jimi Hendrix thrown in for good measure.

November of 2014 saw the release of his follow-up EP “This Too Shall Pass” which serves as a reminder of Rehan’s beginnings as a singer-songwriter. Most of the songs on this EP feature nothing more than Rehan’s voice and guitar allowing his songwriting and his skills as a guitar player to be the focus.

In the last few years he was won several awards and has garnered acclaim, including two features in Rolling Stone (India). He has performed at festivals in North America and Asia and has shared the stage with the likes of Divine Brown, Big Sugar and David Ryan Harris. Some highlights include being featured on CBC’s Sounds of the Season, performing at the NH7 Weekender festival in India in 2015 and being included in the coveted list of featured performers at the Toronto Jazz Festival. He has been described as “Really groovy” by drummer Steve Jordan (John Mayer, Eric Clapton) and “Very compelling” by, Universal Canada’s head of A&R, Mark Spicoluk.




カナダ・トロント、数多くの音楽が交錯する音楽が豊潤なこの土地で「将来、並外れたソウルミュージシャンとしての役割を担うかもしれない」と言われている一人のシンガーソングライターがいる。幼少期からクラシックロックのカバーバンド、ボリウッド(インド映画)音楽の歌手や、伝統的なインド音楽のミュージシャン達に囲まれた、インドのボンベイで生まれ育ったRehan Dalal。

彼を音楽の道へと導いたのは、脈動したグルーブと感情のこもったソウルミュージックだった。
音楽への熱い思いを秘めてカナダへ渡って彼は、すぐにギターを手に取り、作曲を始める。
その卓越したソングライティングセンスと、60年代のMOTOWNへの憧れを体現したボーカルはすぐに音楽好きの間で話題を呼び、2013年6月に Justin Abedin (Justin Hines, jackSOUL) をプロデューサーに迎え、自身初となるフルアルバム「Got To Feel It」をリリース。60年代初めのソウルミュージシャン、Sam Cooke や Ray Charles、Motownレーベルが一世を風靡した頃の Stevie Wonder や The Temptations、現代的な Raphael Saadiq や Ben L’Oncle Soul から影響を受け、 Jimi Hendrixのテイストを少し足した 彼の音楽は、ソウルのスタイル、R&B のグルーブ、ポップスのもつメロディー、叙情的なフォークの特徴を持った秀逸作品として数々のメディアに注目される。

その後、2014年の11月には彼の音楽ルーツを辿るEP 「This Too Shall Pass」をリリース。
この EP に収録されている曲のほとんどは、彼の作曲とギターにフォーカスすべく、弾き語りによって収録されている。
この作品がきっかけとなり、インドのRolling Stone誌でインタビュー掲載を始め、数々の賞を受賞する等、彼の評価を確実なものとした。またその後北米、アジアのフェスティバルで演奏し Divine Brown、Big Sugar。David Ryan Harrisなどのアーティストと共演を果たし。CBC の Sounds of the Season での特集、2015年、インドの NH7 Weekender Festivalでの演奏、そして誰もが主演を切望するToronto Jazz Festival での演奏が実現する等、見事にSSWとしてのキャリアを重ねていく。

John Mayer、Eric Claptonドラマーとしても名を馳せているSteve Jordanからも賛辞を受けた
世界中の音楽ファンを虜にさせてその甘いソウルミュージックが日本へと上陸するのは目前に迫っている。