Release in Japan 2016 Sales info:

Alexis Baro

E-Onkyo
http://www.e-onkyo.com/music/album/cl005/
Mora
http://mora.jp/package/43000072/cl-005_F/
Groovers
http://www.groovers.co.jp/mqs/album/detail/LOT6Jxl
VICTOR STUDIO HD-Music
http://hd-music.info/album.cgi/11418




Creators' Lounge: Alexis Baro

Alexis Baro
From: Cuba / Canada
Web page:
http://www.alexisbaro.com/

Alexis Baro is a three-time nominee for the Canadian National Jazz Award in the “Best Trumpet Player” category. He began playing trumpet at a early age and ended his studies as a certified instructor from the renowned Amadeo Roland Music Institute in Havana.

He relocated to Canada in 2001 and has since worked in a variety of genres including Jazz, R&B, Funk, Calypso and Latin.
 He performed and recorded as a member of the Canadian hard bop band “Kollage” for many years and was a featured soloist on Hilario Duran’s Juno Award winning album “From The Heart”.

Baro has also performed with a variety of artists such as Omara Portuondo, Tom Jones, David Foster, Dr. Lonnie Liston Smith, John Secada, Pacquito D’Riviera, The Temptations, Paul Shaffer, Hilario Duran, and many more.
As a solo artist he has three recordings to date: “Havana Banana”, “From The Other Side” and his newest release “Blue Skin”.

Baro has opened for Herbie Hancock at the Ottawa Jazz Festival, performed as a feature act at the Toronto Jazz Festival and the Montreal Jazz Festival and most recently performed at the Trinidad and Tobago International Jazz and Steelpan Festival, 2012 TD Toronto Jazz Festival and The Waterloo Jazz Festival.

 

アレクシスはハバナの名門校”Amadeo Roland Music”で音楽を学び、’01年にカナダへ移住するまでブエナビスタ・ソシアル・クラブの名ヴォーカリスト、オマーラ・ポルトゥオンドのバンドで活動、その後カナダのハード・バップバンド”Kollage”のメンバーとして’06年から3年連続してカナディアン・ジャズ・アワードの「ベスト・ジャズ・トランぺッター」にノミネート、そしてソロ・トランぺッターとして参加したキューバ・ジャズ・シーンの重鎮イラリオ・ドゥランの作品 「From The Heart」でカナダ版グラミーであるジュノー賞を受賞する等の輝かしいキャリアに加え、ニッキー・ヤノフスキー、デヴィッド・フォスター、ポール・アンカといった大物の作品等
60を超えるアーティストの作品に参加する等、世界中で人気を博すトランぺッターである。
要約: エストゥエス Japan

 

Alexis BaroはCanadian National Jazz AwardのBest Trumpet Player部門にて3度ノミネートされたトランペット奏者。幼少期よりトランペットを鳴らし始め、ハバナの有名校Amadeo Roland Music Instituteにてインストラクターの資格を取得。

2001年にカナダへ渡った後は、Jazz、R&B、Funk、Calypso、Latinといった多岐にわたるジャンルを演奏。カナダのハード・バップ・バンド、Kollageのメンバーとしても長年に渡ってパフォーマンスやレコーディングを行っており、2007年にグラミー賞にノミネートされた著名ピアニスト、Hilario Duranの作品に独奏者として参加。そのアルバム『From The Heart』は、カナダのグラミー賞と呼ばれるJuno Awardの現代ジャズ部門の年間ベストを獲得するなど大きな評判を呼ぶこととなった。

BaroはこれまでOmara Portuondo, Tom Jones, David Foster, Dr. Lonnie Liston Smith, John Secada, Pacquito D’Riviera, The Temptations, Paul Shaffer, Hilario Duranなどといったバラエティに富んだアーティストともコラボレーションしているだけでなく、ソロとしても『Havana Banana』、『From The Other Side』、『Blue Skin』をリリースしている。

なお、Ottawa Jazz Festivalにてシカゴの著名ジャズ・ピアニスト、Herbie Hancockと共演を果たしており、Toronto Jazz Festival, Montreal Jazz Festival, Trinidad and Tobago International Jazz and Steelpan Festivalといった大型フェスでも手腕を振るっている。

(Translated by Takahiro Sasahara)





Creations