YOUNG DAIS (Rapper)

Posted in Interview




YOUNG DAIS

プロフ

Twitter: twitter.com/youngdais_ncbb?lang=ja
Facebook: facebook.com/youngdais

Born on October 11th, 1981 in Asahikawa, Hokkaido. Attended a boarding high school in New Hampton, New Hampshire in the United States from the ages of 16 to 19. Was accepted to a local university there, but returned to Japan in 2001 to fulfill his burning desire to become a rapper. Subsequently based himself in Hokkaido and performed with various hip hop crews before making his official debut in 2004 with the North Coast Bad Boyz, renamed N.C.B.B. in 2008. As a solo artist, he became the main personality for major Hokkaido radio station FM North Wave’s hip hop show “DDG Thing”, and released his debut album “Playlist” in September of 2012. It became a seminal Japanese rap milestone, and still remains a top seller on the hip hop charts. His second album “Accent”, released in May of 2013, gained attention for its genre-transcending collaborations with artists including Jesse of rock band Rize. He was chosen to play Kai after attending an open casting call, despite having never acted before.

1981年10月11日生まれ。北海道出身。旭川に生まれ育ち、16歳から19歳をニュー・ハンプシャー州ニュー・ハンプトンの全寮制高校で過ごす。同地近郊の大学の合格通知を得たが、「日本に戻ってラッパーとして活動したい」という衝動を抑え切れず2001年帰国。その後、札幌を拠点に様々なHIP HOP集団で活動し、2004年に現在の「NORTH COAST BAD BOYZ」として正式にデビュー。2008年にN.C.B.Bと改名し、HIPHOP界では、推しも押されもせぬ存在に。YOUNG DAIS個人では、2006年には北海道の最大手ラジオ局「FMノース・ウェーブ」で始まったHIPHOP番組『DDG THING』のメイン・パーソナリティを務め、ソロ・アーティストとして12年 9月にファースト・アルバム「PLAYLIST」をリリース。その完成度の高さが定評となり、未だ HIPHOPの売上チャートの上位を賑わす。昨年5月にリリースされたセカンド・アルバム「Accent」では、RIZEのJESEEを迎えるなど、ジャンルを超えたコラボレーションにも注目が集まった。本作では、一般オーディションから大抜擢され、初めての演技を披露することになる。

YOUNG DAIS: Creators' Lounge

How did you feel when you actually received the response from the audience?

Everyone was enjoying the movie in a way which was totally new for me, and it was a very valuable experience to be able to know that. I really envied the audience of their situation, watching “TOKYO TRIBE”, a TRUE entertainment created by director Shion Sono, in such a crazily exciting way.

Why did you quote the hook of Drake’s “Started from the Bottom”, “Started from the bottom now we’re here. Started from the bottom now my whole team fucking here” when you freestyled on the stage?

I thought quoting from “Started from the Bottom” would be the best way to express the passion of all the members involved in this movie. In making this movie, so many people such as rappers and actors were involved, and it was like a match between fighters of different sports. Everyone was a professional in their own field, respecting each other in making this movie, and as a representative of them all, the quote seemed to me the best. Also, I felt like, I HAVE to rap that rhyme of Drake, a great American HIP HOP star, and also the star of Toronto, who has always kept Toronto in heart and represented it. That’s because I really sympathized with the rhyme when I thought about the struggles in my young days as a rapper. If Shion Sono hadn’t singled me out, I wouldn’t have had a chance to be famous worldwide. So, I quoted the rhyme with sympathy and love.

Is your music influenced by Drake in some way?

Yeah, I think so. I really sympathize with Drake, and other fresh American artists who offer a new approach to HIP HOP, because the rule of HIP HOP is to always seek for new things and that result in the continual change in HIP HOP. I feel the same for Japanese rappers too. I think it’s a fascinating thing to always be fresh, regardless of age, and expressing a trend which symbolizes the times.

TOKYO TRIBE was your first acting role, and you had to do not only acting but also action. Was there anything difficult?

It was difficult for me to show the action with reality, without CG and a stunt man. Especially, the sense of urgency in the scene where Mera and Kai fights with their heavy bat and sword was very hard to express. But I think we were able to make that scene full of energy and reality, because Ryouhei Suzuki, the actor of Mera, lead the action and gave me advice, so I was able to get into the character and act the fight with him. Also, the very important thing is that there are many realities in this movie, like when a girl wearing a dress high-kicks, her panties appear, and that is an obvious fact, but in making this movie, all the staff pursued a way to make that scene with full reality.

interview-TOKYO TRIBE_YOUNG DAIS_03

Did everyone write the lyric by themselves? How did you make the lines into a rap.

The rappers in the movie wrote the lyric in their rap part by themselves. There was a musical note in the script where the director wanted it rapped, and the rappers grasped the meaning of the lines and changed it into lyrics in their own fashion, so the character of the rappers are perfectly expressed. The lyrics for the actors rap were made by Japanese rappers, SIMON, EGO, and MaryJane, and they also taught rap to the actors. They made the actors try the cutting-edge flow and ryhme which we rappers normally use. By setting a high standard from the start, I think the HIP HOP in the movie reached something like a hypercool level. Also, as an experimental challenge, the English subtitles, which were supervised by EGO, also rhymes like the rap in the movie. I believe that their work would be a great achievement.

In America, it’s a usual thing for rappers to play in movies. How do you think about Japanese rappers playing in movies and dramas.

Getting to play Kai in this movie was like an accidental miracle for me, and it was a very big chance to popularize HIP HOP, to which I’ve devoted a large part of my life for. I believe that this isn’t something everyone can do, so if I’m the one who CAN do it, I’m eager to do so, and I’m looking forward to another chance like this. And, I’m going to keep expressing rap music as art in various formats.

I think “TOKYO TRIBE” served as the catalyst of popularizing Japanese rap. What do you think about Japanese rappers disseminating their musical piece to the world.

A groove is very important in rap music because that is the reason why our spirits rise when we listen to foreign rap music despite the language, and I think Japanese rappers have a very high potential for the groove. It’s nonsense saying that Japanese rap doesn’t make sense because they rap in Japanese. Japanese rappers can create a fantastic groove, so it’s very important to popularize our rap music. “TOKYO TRIBE”, which has certainly played a big role in doing that, is our hope.

Then, what do you think about using English in your Lyrics.

Why I use English in my Lyrics, even though I rap for Japanese people is because of the coolness that English has as an essence of HIP HOP, and also, English has always been there in my life since I once studied abroad. In the Lyric book of my CD, every English sentence has a Japanese translation, so that people can use it when talking with English speakers by memorizing it, not as a translation of Japanese but as an English sentence itself.

Please give a message for the Japanese living in Toronto!

I think there are various reasons why you live abroad, but I want everyone to live with Japanese pride, and make people in the world think that “Hey, Japanese are punchy, aren’t they?!”




○実際に舞台挨拶で観客のレスポンスを受けてどう感じましたか?

やっぱり映画の楽しみ方っていうのが全然違って園子温監督が今回つくったTOKYO TRIBEっていう本当にエンタテイメントの何者でもないあの映画をあんなに騒いで観てもらえるということは、日本人として、色んな映画館で映画を見たりする人間として、非常にうらやましい環境だったと思うし、そういう映画の楽しみ方があるんだなっていうことを人生経験上で知ることができて非常に価値のある時間だったと思います。

○ドレイクの“Started from the Bottom”からサビ部分「Started from the bottom now we’re here. Started from the bottom now my whole team fucking here」を引用して舞台挨拶でラップをしていたと思いますが、そこに込められた気持ちとは?

今回の映画でたくさんのラッパーたちとか役者の皆さんが関わっていて、異種格闘技戦みたいな感じで、自分たちの分野のプロフェッショナルである人たちがひとつの作品をつくる上でお互いリスペクトをもってつくった作品に仕上がっていて、今回の“Started from the Bottom”はみんなの気持ちを背負ってきているっていう部分もあるから引用しています。しかもラップに関して言えば、園子温監督に見出されなければこういう機会がなかったし、彼が僕をFamousにしてくれたし、Worldwideにもしてくれたから、そういう若かりし頃からやってきたストラグル的なものは、このトロントで産まれてそのことをちゃんと心に留めてレペゼンしながらアメリカのシーンでHIPHOPをしているトロントのスターであるドレイク(Drake)のあのRhymeで歌わないといけないし、このRhymeに自分がもの凄く共感していたっていう部分で今回は愛を込めてあのRhymeを使わせてもらいました。

○音楽的にもドレイクから影響を受けた部分があるのでしょうか?

そうですね。やっぱりHIPHOPっていうものは常に変化を遂げていて、トレンドをどんどん追い続けないと変化を産まないし、その中で、HIPHOPのルールとしてやっぱり新しいものを追うのがルールっていうことは、やっぱりFreshであるっていうことは最低限の条件だと思ので、そういう意味では新しいアプローチをどんどん世の中に提示しているドレイクや他のアメリカのFreshなアーティストに関しては凄くシンパシーを感じます。日本人のラッパーも同じで、歳は関係なくて常にFreshでその時代を象徴するするトレンド的なものを表現するっていうことは凄く魅力的で、そういう部分でドレイクに対してシンパシーを感じます。

○今回俳優デビューとなったTOKYO TRIBEですが、演技の他にも激しいアクションシーンがあったと思います。そこに関して苦労したことは何ですか?

もの凄いリアリティのあるアクションでCGっていうものを使っていなくて、ノースタントで、本当にリアルライフで起こり得る所作っていうのが出ていて、なかなかそれを表現するのは難しいんだけど、生々しさがこの映画には残っています。例えば、ワンピースを着てる女の子がハイキックをすればそりゃパンツが見えるだろっていう当たり前のことをリアリティをもって追求しているところが凄い重要だったと思いますね。そういう意味ではメラと海が最後に戦うシーンで、重たいバットと重たい刀を思いっきり振って思いっきりぶつけ合うっていうシーンでは緊迫感を出すのに本当に苦労があったし、そこをリードしてくれたのはメラ役の鈴木亮平君で、彼がアドバイスをくれたこともあってキャラクターに入り込んでお互い戦うことができて、躍動感とか臨場感が溢れたシーンになっているんじゃないかと思います。

interview-TOKYO TRIBE_YOUNG DAIS_06

○リリックは皆さんご自身で書かれたのでしょうか?どのようにラップを台詞としてつくり上げていったのかをお聞かせください。

今回出演しているラッパーは自分が劇中で歌っているラップ部分に関しては、自分たちで作詞しているんですけど、台本の中に元々音符マークがあって、それは監督がここをラップにかえるぞっていう合図で、こういうことを言ってほしいというのを自分なりに汲み取って歌詞に変えるっていう作業をしているので、出演しているその人の言葉が台詞として出てきていて、そういう意味ではその人のキャラクターが100%表現されています。役者さんのラップに関しては、日本のラッパーのSIMON、EGO、MaryJane(女性2人組ユニット)が歌詞づくりとラップの指導をしていて、彼らが凄く心がけていたことは僕らが当たり前にやっている最先端のフローだったり、Rhymeを役者さんにもチャレンジしてもらうことで、最初からラインを落とさずに高いレベルを基準にしたことで、HIPHOP的になんか超イケてんじゃんっていう部分を感じてもらえる要素になっていると思います。あとこれは僕たちにとって実験的なことなんですけど、今回EGOが英語字幕の監修もやっていて、この作品では英語字幕でもRhymeをしているんです。今回彼らやってくれた仕事というのは多大な功績を残してくれたと思います。

○USシーンではラッパーが映画に出ることが当たり前になっていますが、日本人ラッパーが映画、ドラマ、メディアに出ることについてのご自身の考えをお聞かせください。

今回この映画で海の役を務めさせてもらうことは偶然であり奇跡なのですが、 この撮影を終えて、これから先の自分を考えたときに自分にそういう可能性があるっていうことを感じられた以上、HIOPHOPっていう自分がずっと昔から憧れて大好きで没頭している生き方としてのHIPHOPを世の中に広めることは、ある意味許された人間にしかできないと思っていて、そこに消極的になることは絶対ないなと思っているので、これからもまた機会があればといいなと思うし、これからも色々なフォーマットでラップ・ミュージックをアートとしてつくっていきたいと思います。

○TOKYO TRIBEは日本語ラップが世界に広く知られるひとつのきっかけになったかと思うのですが、日本人ラッパーが楽曲を世界に発信していくことについてご自身の考えをお聞かせください。

英語に関わらず僕らが外国の曲を聴いていて盛り上がれる理由というのは、その言葉がもっているメッセージだけじゃなくて、グルーヴが大切で、そこに関して日本人のアーティスト達がもっているポテンシャルはもの凄く高いと思っていて、日本人が日本語でやるから意味が分からないっていうのは僕にとってはナンセンスで、凄く良いグルーヴをつくれるからそれを世の中に広めるというのが大事だと思います。そういう意味で、今回のTOKYO TRIBEというのはその一片を担ってくれた僕らの希望だと思います。

○これに関連して、英語の歌詞を取り入れることについてご自身の考えをお聞かせください。

日本語でラップをしているから、今のところは日本人の方に向けてラップをしていますが、そこになぜ英語が交じるのかというと、僕がカッコいいなと思うHIPHOPのエッセンスとしての英語と、留学していたということもあって、僕が生きてきた中で英語というものが僕に寄り添ってきたからです。僕のCDのリリック・ブックの英語のセンテンスには、必ず日本語訳が入っていて、日本語だけで成り立っているものを英語に直して覚えるのではなくて、英語をひとつのセンテンスとしてもし皆がそれを覚えたら、実際に外国の人と話すときにも使ってもらえるような工夫もしています。

○トロント在住の日本人にメッセージを一言お願いします!

海外に来る理由というのは人それぞれ違うと思いますが、やっぱり日本人として誇りをもってやって欲しいし、「こいつらはぶちかませるやつらなんだ」っていうようにしていって欲しいです!


Translator: Mai Onuki
神奈川県出身。化粧品会社でマーケターとして新製品発売に携わった後、翻訳の道に転身。

Interviewer, Photographer & Coordinator: Jumpei Komura
鹿児島県出身。トロント在住。Creators’ Lounge Editorのほか、JPC Works名義で映像メディア、「the background」の運営やアーティストMVの制作、PHOTO ZINEの制作等幅広く活動中。

Main Interviewer & Writer: Takahiro Sasahara
北海道東神楽町出身。トロント在住。Creators’ Lounge Editor/Writerとして国内外アーティストのインタビューなど、音楽関連記事を中心にウェブ・コンテンツを発信中。






Check out our latest update on Facebook

Other Interview Posts

Kimie Tanaka (田中 希美絵) – Interview(JP)

Kimie Tanaka (田中 希美絵) – Interview(JP)

Photo Credit: Tai Liam Kimie Tanaka / 田中 希美絵 http://www.kimietanaka.com/ 愛知県名古屋市生まれ。東京大学経済学部を卒業後、インド、チリ、ニューヨーク、シンガポールを移り住む。ニューヨーク大学大学院映画学科修士課程修了。前作品・短編映画『寿』は2013年のショートショートフィルムフェスティバル&アジア日本映画部門で最優秀賞等を受賞、その後も国内外の映画祭に入選・招待された。一方で、『Luv(sic) Part 6 – Uyama Hiroto Remix featuring Shing02』のミュージックビデオや、CMも手掛けている。今作品『かくれんぼ』は、母の死後、引きこもりの弟の面倒をみるはめになった兄とその弟の兄弟の絆にまつわる短編映画で、2015年のトロント国際映画祭コンペティション他、国内外の映画祭で上映されている。パリ在住。 映画『かくれんぼ』facebook ページ: https://www.facebook.com/HideAndSeekNYUThesisFilm トロント国際映画祭でトロントにいらっしゃっているわけですが、トロントについての印象をお伺いしたいです。 映画祭の会場と宿泊施設の往復をしているだけなので、あまり責任を持って言えないんですけど、安全だし、何でもあるし、英語が通じるし、居心地が良いなっていうのはあります。フランスと比べると、人の感じも違いますね。カナダの人は思っていることを全て口に出して言うことが多いように見えるけれど、フランス人は別に言わなくてもいいと思っている、とか。 Kimieさんの映画のストーリーや登場人物は独特で繊細な印象を受けたのですが、テーマ設定や登場人物はどのように設定されていますか?ご自身が海外で生活していることの影響はありますか? まだ人に見せているものとしては二作しか作っていないし、常にっていう訳ではないんですが、基本的にテーマはその時点で自分の内部に持っている問題ですね。登場人物は外面的には色々なインスピレーションから作り上げるんですけど、その内部と、作品のテーマに関してはその時点で自分自身が興味のあること、ですね。海外の影響の有無は作品によります。今考えている作品のうちの一つはフランスにいる日本人っていう設定で、もちろんそれは、その設定自体がフランスに住んでいるっていう環境だからこそではあるんですけど。ただ、作品のテーマというと、日本で撮る作品でも、日本に住んでいたら気がつかなかったことから生まれてきていることもあると思います。 作品を作る中で苦労したことはなんですか? 作る過程のどの瞬間も、やっているときは「これが一番大変」って思います(笑)。でも、あえて言うなら、脚本、資金集め、演出、この三つですね。脚本に関しては、プロットとしての話はいくらでも作れちゃうんですけど、その話の中に自分の言いたいことが入っているかというのが大事で、つまり簡単に言うとテーマなんですが、それを見つけるまでが大変。資金集めに関しては、今回は半分をクラウドファンディングで集めたんですが、人様が汗水垂らして働いて稼いだお金を一円でもらうっていうのは責任が重いことだし、特に日本ではあまり受け入れられてない考えだから、自分としてもそれを消化するのにも苦心しました。演出に関しては、役者さんも生き物なので、どうやったら自分の欲しいものが撮れるっていう教科書に書いたものがない分、難しいですね。でも、ありがたいことに、今のところ、常に協力してくれる人に恵まれているっていうのもあって、制作過程において、人間関係の面で嫌な思いはしたことは全くないです。ですが、作っているときは人のためではないです。妥協はしたくないし、したとしてもそれを人のせいにすべきでないと思っているので。 映画作りのきっかけと海外に出たことは関係ありますか? 海外に出たのが先ですね。大学卒業間際に、日本の外資銀行に就活していたときに、グループ面接で周りが皆英語ぺらぺらっていう状況だったんです。そのとき、初めは、「私のお父さんも駐在員さんとかだったら今頃私もぺらぺらなのにな~」って思ったんですけど、その時に、私「お父さんが…」とか言ってるけど、私もう自分で行けちゃう歳なんだって気づいて。遅いですけど(笑)。それで、入行前にインドで半年だけインターンしました。そしたら、その会社の縁もあって、入行後一年も経たずに退職して、チリに移り住んだんです。そこで働き始めた会社は、国際色豊かな職場で、日本だとチョコレートが好きだからチョコレート屋さんになるっていう訳にはいかないですけど、私の周りの人は結構高校卒業したら一年間自由にやりたいことをやってそれから初めて大学だの何だの自分の進む道を決めるっていうことを経て来てたんですね。そこで「あ、そうか、やりたいことっていうのは、やっていいんだ」って思って、それが私の場合たまたまチョコレートではなく映画だったんですけど、それを行動に移したというのが始まりですね。 やりたいことを仕事にするっていう考えについてはどう思われますか? 前置きですが、実は今私にとって映画はまだ仕事じゃなくて、だから映画に関係ないことをしてでも、どうにかしてお金稼がなきゃという状況なのですが…だんだんわかってきたことですが、私は商業的な映画には全く興味がないから、映画を撮っていきたいけど、お金を稼げるようにはならないようです。だから、今も、今後も、どうしましょうと思っています(笑)。例えばですが、アイスクリーム屋さんとかやりながら撮れるときに撮る、とか一生やっていくことになるんでしょうかね。撮れるとき、つまり作品を書くときは主に自分の内面的な問題についてなので、私の場合今のところ、初心者だからかもしれませんが、一作品にまだ時間がすごくかかる。二、三年に一本昇華させて、これだっていうふうにようやくなる程度なんです。だからと言ってどうしようもないので、今のところはその答えを見つけようと急いでもないですけどね。撮りたい物を撮って、貧乏生活を続けて、それこそ今考えている長編を撮って区切りがついたら、何かお金を稼げることをしようと思います。 やりたいことを胸の内に秘めてる人へのメッセージはありますか? 何かをやるっていうのは、何かを捨てるっていうことになると思うのね。そうじゃなくていい時と場合もあるけど、それでもそういう覚悟はしないといけないっていうのはまず一つあると思います。だから、やりたいことがあってもそれができないっていうのは、まだ他のことを捨てられていないからだと思う、例えばプライベートとか。とは言っても、プライベートは人それぞれだし、「キャリア面でやりたいことをやる=幸せになる」っていう単純なことではないと思っています。全体として何を重きにするかは人によると思うし、私は言わば『幸せ』になりたくて、プライベートとかも犠牲にしていく覚悟で映画を撮って今のところ生き始めたんですけど、それができるのは、今はたまたま私は自分以外には責任のない立場にいるから。だから私みたいなのが、色々事情のある立場の人に、簡単に、全部捨てて頑張れなんて言えないと思うんです。 でも、そういう面もありつつ、もう一方で、できないっていうのは全部頭の中にあるだけで、実は元々できないっていうことでもないと思います。まだチリに住んでいて、映画へと方向転換しようかと悶々としていたときに、誰かに聞いたことなんですけど、チリのその時の70、80歳くらいのすごくお金持ちの人が同じようなことを聞かれて、”I wish, -when I was still 50 or 60, I didn’t think I was too old to do anything.”と答えていたんです。お金持ちになっていることは数ある指標の一つに過ぎないのですが、70や80になって、すごく『成功』していた彼でも、50、60代の時にもっとやれることをやっとけば良かった、と思っている。何歳でも思った事を何でも始めるべきだ、ということなんですけど、私はそれを聞いて、そうかーと思いましたね。私自身、最近になってさらにはっきりしてきたことですが、20代、30代っていうのは、もうほんとにまだなんでもできると思います。 最後に将来の展望を聞かせて下さい。 長編を撮りたいっていうのはありますね。賞とかに入ったら次に繋がるのでいいなとは思うんですが、基本的には、そんなの関係なく、自分が納得できる物を撮りたいです。実は今、今回映画祭に出品した『かくれんぼ』の長編版を撮りたいと思っています。後は、今住んでいるフランスでちゃんと資金を集めて撮ったことがまだないから、ある意味チャレンジで、今考えている長編と短編の企画をフランスでも完成できたらいいなと思っています。この二、三年の中ではこのくらいですね。 […]

Kenichi Ebina – Interview

Kenichi Ebina – Interview

About Kenichi Kenichi Ebina is a solo self-taught dance performer, started out dancing Freestyle HipHop and expanding his style to Poppin’, Lockin’, Mime, House, Jazz, Contemporary and Ethnic dance. Kenichi’s unique dance show with illusion effects of sound, light and visual entertains a lot of people who are not even interested in performing arts. In […]

YOSHIHIKO FUEKI – Taiko

YOSHIHIKO FUEKI – Taiko

Yoshihiko Fueki, Wadaiko player. Yoshihiko started playing Wadaiko since he was fifteen years old. He involved establishing the professional Wadaiko group “dakannjin” in 2001. He had been performing all over Japan as a leader of the group. Since 2006, Yoshihiko is fronting his own live performances, collaborate with many famous musicians. Yoshihiko has called upon […]

KOJI YAMAGUCHI – Tsugaru Shamisen

KOJI YAMAGUCHI – Tsugaru Shamisen

Koji Yamaguchi, Tsugaru Shamisen player. From an early age Koji has studied the stringed instrument, Sanshin, also Taiko and traditional Minyo folk songs. He has collaborated with many famous musicians, like Yoshida Brothers, also a member of the shamisen group, HAYATE produced by Kenichi Yoshida. He is fronting his own live performances, supplied music for […]