MUJI Canada Limited CEO Mr.Tsunoda

Posted in Interview

Toru Tsunoda (MUJI Canada Limited CEO)

昨年11月に華々しくオープンし今なお脚光を浴び続けるMUJI Atrium。その舵を取るMUJI Canada Limited 角田社長にCreators Loungeが独占インタビュー。MUJI商品との出会いからこれまでの歩み、また家族や愛用しているアイテムなどプライベートな話までたっぷりと伺ってきました。

_MG_7707

Toru Tsunoda (MUJI Canada Limited CEO)
He had started his career at MUJI as a part-time worker. In 1996, he became a store supervisor as a contract employee. He was confirmed to be a permanent staff in 1997, and then he had taken a store manager of such as Yokohama branch and Sendai branch, and also had taken an area manager of central Tokyo. After he experienced product development at the headquarters, since 2011, he worked for opening new branches in the U.S. In 2014, he assumed the presidency of MUJI Canada Limited and has been operating the first MUJI directly-managed store in Canada.

It has been two months since you opened the MUJI store. What is your honest opinion, doing business in this city?

Frankly speaking, I am blown away. I am very glad we opened up a branch store. Also, it’s a lot colder than I expected. I am still surprised that we are able to survive in the retail business, in a place as cold as here.
Toronto is an untapped market in the developed world, and am grateful that my work exposed me to this opportunity.

Why didn’t you expand into the Canadian market earlier?

The population, market, and other companies are much smaller in Canada, but a major reason why we didn’t expand earlier is that we didn’t have much market insight into this country. Retail businesses set up shop in densely populated areas. We considered this fact, and opened our first overseas branch in London. Although we should have expanded into the U.S. first, it was a difficult to penetrate the American market because a high import tax was imposed, and there were restrictions placed on importing our products. I get the impression that Canada is very dependent on other nations, so there are laws that are still need to be improved. These policies and regulations remain unchanged, and I still don’t understand the challenges this country faces with French as a secondary language. So the question becomes how MUJI can overcome these challenges, without it negatively impacting the bottom line. Choosing to expand into Canada was part of our company policy, but our objective is to be the best retailer in a new country. This is what we are striving for.

How did it feel to become the president of MUJI Canada?

To be honest, I didn’t like it (laughs). I am not very good at English, especially for someone who was in charge of our business in the US. Communicating with my co-workers was a challenge, but I got by through our body language. From a while back, there was speculation that I would not be transferred to the US. I had a feeling that I may be placed in Canada instead. Also, I had no knowledge of business management, I’ve never studied it. Having been in manufacturing, I was confident about building a store, but I was extremely anxious about starting a business from scratch because I never had to know every rule and regulation required in building a store.

What has changed since you have come to Canada?

I have always taken the initiative to do things myself. If I don’t do something myself, others will not appreciate or understand what I want to communicate. This approach to my work has not changed since the time I was in Japan. When I was in Japan, we had specialized departments, and the work was split properly. When I needed help, there were others in charge that I could rely on. This support system made the work flow easily. When I came to America, I could no longer rely on others for help. From scheduling to contracts, I had to do it all myself. It was very difficult since I had to do everything from one to ten. However, co-workers came from Japan to visit and support me. Though I was, originally, not a very good host, I started to go out for drinks and spent more time with them. I have learned to appreciate my co-workers more.

muji-vol1

Why did you start working at MUJI?

When I was a student in Jiyugaoka, I used to take pictures with my father’s camera. I have always had an interest in vintage clothing stores, so I used to take pictures of them. One day, I was drinking coffee in Jiyugaoka, and coincidentally met someone who made bicycles. He was my age. Since I liked to check out bicycles and wanted to work, I asked that person for a job. I asked if I needed a license to work there, and he replied, “No, I work here part-time.”  I thought the bicycles at MUJI were very cool, and this is how I came to know more about MUJI. My mother bought me a dress shirt from SEIYU, a Japanese department store. At the time, I couldn’t forgive her for how unfashionable it was. It suited a middle-aged businessman, not me! Around that time, she also bought me a shirt from MUJI. The shirt seemed to have turned yellow with age, and at first, I thought to myself, “what is this?” (laughs). The shirt was unbleached, and when I wore it for the second time, the shirt had whitened because I didn’t do anything to stop it.  The more I washed it, it whitened. I think this happened due to the bleach in the detergent, but the more I wore it, the color suited me. The faded shirts at MUJI today are modeled after the ones I started wearing in the 7th grade. I took my resume to the shop because of I liked the MUJI shirt and I also wanted to make bicycles. By sheer coincidence, there was an employee who quit, so I was able to work the next morning.

So working part-time at MUJI led to your position here?

Yes, I have been at MUJI since I was 21 years old. I have been here, roughly, for 22 years.

What has made you stay at MUJI for 22 years?

To be honest, it’s not necessarily because I enjoy working here. I don’t dislike it here, but I take pride in working here.  and I don’t particularly love the brand. Nobody ever asks me, “Why do you work at MUJI?”  I had originally wanted to work in the apparel department. When I was 21, my manager then is currently an executive. He taught me, “sales is a science”. If I wanted to sell twice or three times as much, then I needed to stock two to three times more. The more I stock up, the more I can sell. The logic was that if you stock material up and provide proper customer service, then people would buy. This defied the idea that customers like a product and buy things. My manager taught this to his employees. I like to teach the young people who come and work here that a part-time job is not only for making money. There is lots that one can learn from it. I have always enjoyed teaching and interacting with young people, and doing this inspires me. I really do love MUJI, and enjoy the thinking that goes behind MUJI’s products. And this is why I’ve continued to work here.

Did you ever imagine you’d be where you are today when you started at MUJI?

No, I never did. When I started working at MUJI, I had no intention of settling into a career (laughs). At first, I wanted to be a teacher, but it was too much of a hassle to get the certification, so I changed course. I never planned on being here this long. I went from a contact to a regular, full-time employee. I did not come into MUJI as a university graduate. I came in wanting to really work here, and am grateful to the company for having accepted me, but never thought I would get all the way here. When we were handling complaints one day in the car, I remember mentioning that I wanted to be a contract or regular employee. I recall revealing to my co-worker about my dream of starting my own store. I am often seen as cold and unfriendly in the office. They even have a nickname for me! I remember people saying, “Mr. Unfriendly has what it takes to be President” and “You could become the President”. And here I am somehow, and reluctantly, as the President. Right now, I am really happy. It’s more than just being the President. I get to work with three people who I hired. The store managers I hired worked enthusiastically in West coast, Tokyo, and even today, but this time, I am given more control, so it is a step above what I was given in Japan. Only those who have experienced this job understand the struggles and challenges associated with it. Right now, I am just grateful for having the opportunity to manage in Toronto. I am glad that I did not refuse the offer, though MUJI wouldn’t have let me off the hook so easily (laughs).

……..To be continued

MUJI Atrium opening Report

MUJI Atrium workshop
>Vol1  >Vol2

 

角田 徹 (MUJI Canada Limited CEO)

昨年11月に華々しくオープンし今なお脚光を浴び続けるMUJI Atrium。その舵を取るMUJI Canada Limited 角田社長にCreators Loungeが独占インタビュー。MUJI商品との出会いからこれまでの歩み、また家族や愛用しているアイテムなどプライベートな話までたっぷりと伺ってきました。

_MG_7622

角田徹
無印良品アルバイトを経て、1996年に契約社員としてフロアマネージャーを任せられる。1997年に本社員として入社後は横浜店、仙台店などの店長を経験し、都心部のエリアマネジャーも務める。本部、商品開発を経験後、2011年からアメリカ駐在となり新規店舗立ち上げを経験する。2014年からMUJI Canada Limited社長に就任しカナダ初の直営店経営を行う。

・トロント出店されて2か月経とうとしていますが、この町で営業しての感触、率直な感想は?

率直な感想は想像を超えていた。というのが1つですね。やってよかったって本当に思っています。あとは聴いていた以上に寒い。こんな寒いところで小売り店がやっていけるというところにもびっくりですし、カナダ、トロントが先進国の空白地帯という美味しいマーケットで、そこを任されたということは会社に感謝ですね。

・どうして、これまでトロント,カナダに進出しなかったのですか?

人口や、マーケットの大きさ競合他社も関係しているのですが、大きな所以は情報がないという所ですね。小売り業が出店する地域というのは人がいるところですし。そういうことを加味したうえで私たちはロンドンを最初に海外進出として進めていきました。その面で、一番最初はアメリカに出ていくべきだったのですが、当時アメリカは難しかったです。その理由は関税が高かったり、自社の製品で輸入できないものなどのネックがありました。それ以上に、カナダは非常に他国に習っている国だからこそ、改善されていない法律も未だに残っている。誰もハッピーになれない法律がまだ整理、改善されていない現状、そしてフランス語の表記という実態をつかみ切れていない。そんな状況で小売店がそこまでやり抜くことができるのか?ということが大きいです。じゃあ、なぜカナダになったのかというのは会社の方針というものもあるのですが、新規国を出して、小売りの1番になる。というのを目指したのは事実だったですね。

・MUJI Canadaの社長になったときの感想は?

正直な話、嫌でした(笑)。私は語学堪能ではないですし、アメリカの担当をやっている割にはしゃべれないですし、一緒に働くスタッフともボディランゲージで何とかなっていると思っている人間でしたから。実はかなり前からアメリカから異動するという話はありました、ひょっとしたらカナダかなと思っていたんですね。そして、私は経営の知識がまったくありませんでした。経営の勉強をしたことはなかったですし、もともとお店づくりやものづくりをやっていた人間でしたから、最初から会社を作って、そして、お店を作って、個々の法律に基づいたオペレーションをするということをやったことがなかったので、そういう面で不安でしかたないという気持ちはありましたね。

・トロントに来てから、海外に来てからやり方など、変わったことなどは?

もともとなんでも自分でやるっていう「率先垂範」が自分のモットーなんです。自分自身がやっていないことは相手にも伝わらないと思っているのでそれは日本にいた時から変わらないですね。でも日本にいた時は分業はしっかりしていて、自分のできないことは、周りに担当がいて、お互い支え合うというシステムでしっかり仕事が回っていたんです。アメリカに来てからは、そういった分業する人物がいない、自分がナンバー2で、全部のスケジュール、契約書をみてくという、自分で全部やらなくてはいけないという現状だったんですね。1から10まで自分でやらなくはいけないので、とても大変でしたね。しかし日本から応援スタッフが来るようになった時、もともと私はホスピタリティーが高い人間ではないのですが、わざわざ応援で来てくれた人とお酒を飲みに行ってコミュニケ―ションをとるようになりましたね。そこから周りにより感謝するようになったのは変化ですね。

・そもそもなぜ無印良品に入ったのですか?

もともと古着屋が好きだったので、学生時代に自由が丘で父のカメラを使って古着屋の写真を撮っていました。たまたま自由が丘でコーヒーを飲んでいた時に、僕と同じ年ぐらいの人が自転車を作っていたんですよね。僕自転車とか触るの好きだったんで、バイトをしたくて、その人に聞いたんです。社員さんなんですか?免許はいるのかと、「いや、アルバイトだと。」言われて、、自分がもてたい時期のかっこいい自転車はMUJIという自分のこだわりがあって、そのこともあってMUJIを知っていたんですね。 母親がSEIYU(日本のデパート)でワイシャツを買ってくるんですね、カッターシャツを。当時それがかっこ悪くて許せなかったんです。サラリーマンじゃねえんだからって。それで父も設計士でスーツを着ない家庭だったので、余計ですね。そんなときに母親が、こんなのあるよと勧めてくれたのがMUJIのシャツですね。最初はなんだこの黄ばんだシャツだって思いましたね(笑)。生成りっていう素材のまんまの色。二回目着ると、色が白くなるんですよね、色止めをしていなかったので、白くなっていくんですよ。当時の洗剤の漂白剤の関係もあると思うのですが。そうやって、着ていくうちに自分の色のシャツになっていて、今MUJIにある“洗いざらし”のシャツを学生時代、中1の時から来ていましたね。そういうのもあって、MUJIの自転車を作りたくて、直接履歴書をもっていったんです。そしたら、たまたま前に男の子が辞めていたので、自転車が当時売れていたのもあって翌日から働けましたね。

・MUJIで働くきっかけはアルバイトからだったんですね?

そうですね、学生時代、21歳の時からからMUJIにいるので、かれこれ22年MUJIにいますね。

・ずっと22年MUJIにいれる理由は?

正直会社がすき、、、というわけではないですね。好きかどうか?と聞かれたら、嫌いじゃないですけど、それ以上にMUJIというブランドがすきで、ここで働いているということがプライドといいますか。「なんだよ、MUJIで働いているのかよ」なんて言われないですし。本当はアパレルの方の仕事をしたかったんですけど、今役員している人が当時の店長だった人なんですね。その人に「販売というのは科学だよ」と教えてもらったんです。要は2倍3倍売りたかったら、2倍3倍って数を仕入れればそれだけ売れる、その分仕入れれば売り上げが上がるし、そこに営業としてきちんとコメントを入れれば接客になるていうロジックがあるんだっていうのを改めて知りました。物なんて置いておけば売れるっていう、お客さんが好きでかっていくという所ではない、というのがつながっていました、みんなにそういうことを教えてあげるという。小売りなので若い子が入ってくるので、そういう子たちに教えてあげるとか、学生だけど、アルバイトっていうのはお金を稼ぐだけじゃなくて、いろいろな光景になっていくんだよっていうことを教えてあげたいんですね。もともとそういうことが好きなほうなので、こう、若いこと接していくということが私の刺激になっているんですよね。ほんとに一番はMUJIのブランドが好きで、MUJIのものを作っていくっていう考え方がすきで、ここまでいれましたね。

・アルバイト時代から、今のことは想像していましたか?

してないですよね、そもそもアルバイト始めた時なんて、就職するつもりなんてありませんでしたから(笑)。最初、教員になろうと思っていたんですけど、途中で教員の単位を取るのが面倒になってしまって、考えを改めたんですけどね。想像は全くしてなかったですね。 私の場合はアルバイトから契約社員、正社員になった人間なので、本当にMUJIに入りたくて、はいっているので、それを認めてくれた会社っていうものに感謝の気持ちはあります。以前、契約社員になりたい、社員になりたいということをクレーム処理の時の車の中で当時の店長に話をしたことがあるんですけど、僕の次の目標は本社員になって自分の店舗を作りたいという思いのたけを彼に話しました。僕は会社では、「つんつん」と呼ばれているんですけど。「つんつんは社長になれる人間なんじゃない?」「社長になれるよ」といわれてたのを覚えてますね。それで今、社長だなー。いやいやながら社長だな~と。 今正直とても楽しいですね。社長業が楽しいっていうよりは、私が雇った3人を使って、私が決めた店長たちが店の中で明るく働いているって言うのは、自分ですべて決めたことなので今回はまた格別ですね。やった人間しかわからないし、しんどさもやった人間しかわからないので、言葉では表しきれないですね。でも今は、チャンスをもらえたことにすごく感謝しています。「いやだ」って言いきらなくてよかったと思っています。言い切ったところで、やらなくていいって言われるとは思わないですけどね(笑)。

・社長になる前は、企画、ものづくりの分野にいたんですか?

4年間企画部にました。その前は営業の地域のエリアマネージャーをしていましたね。仙台、札幌、東北、大阪、東京を担当していました。その中ではかなり長い職歴といろんなところをやった最初のタイプですね。次が関西、関東で、都心のど真ん中をマネージしていて、その時に自分を買われていたんだなとおもっていて、その後に企画部に移りましたね。その時も、ちょうど、2004年というのがMUJIのブランドを変革するっていう2000年の時に今の現会長が、社長に就任した時でして、前からの負債を清算するであるとか、今までの出店計画を大きく見直すという時期だったんですね。それを立て直してそこから一気に持ち上げるという時期で、ブランドのアドバイザリーが変わったんですね。もともと、タナカイクオさんがメインアドバイザー、スギモトタカシさん、コイケカズコさんが大きく貢献していた所で、タナカイッコーさんがお亡くなりになった時に日本デザインセンターからハラさん、深沢さんが入ってきた時の、池袋パルコのお店を改革するっていうでここからあたらしいブランドしてのMUJIのものづくりと店づくりをリスタートするっていうミッションを当時のカナイからもらいまして、その営業担当で、池袋パルコの大改装に携わったんです。後にも先にもあれより大変だったことはありませんでした。私の場合一店舗ではなく、東京の様々なお店を同時に見なくてはいけなくて、ヘビーな難題が次々とあがってきたんです。それを期待値以上の店づくりから店舗オペレーションから、原さんから言われていることを一回は実現をしたんです、でも、ものの良さを見せるばかりに、無駄なことが多くあって、これを改善するため多くの話し合いをしました。その6か月後に商品部に移れということがあって、正直もっとやり切りたかったですね。商品部に行きたくなかったわけではなくて、改革をする池袋パルコに携わっていたんでですけど、あれが僕の一番の転換期で、あれを経験して商品部に異動できたからこそ、すごく自分の中では武器になったのかなと、今までの中で何回か転換期があってその時期にギアチェンジをできたから、今までやってきたということがあったのかもしれないですね。

・性格?こだわりを持っているようですが、小さいときからですか?

小さいときからですね、一番は負けず嫌いですね。ぴか一の負けず嫌いって親からも言われてますね。うれしくて泣くって言うよりも、悔しくて泣くタイプでしたね、小さいときに野球やってたんですけど、負けるの本当に嫌だったんですよね。なんでもいいから結果試合負けてもいいから、ヒットを出すか、何かしらできただろうって思っていましたね。私、昔背が小さかったんですね。それで、目立たないセカンドにいたんです。比較的足も速かったので、野球やってて楽しかったんですけど、野球って9人でやるじゃないですか?ピッチャーが一人でフォアボール出してるのが一番嫌いなんです。「お前一人でやってるんじゃねーよ」って。wwそれで小学校のときにタイムとるなんて、試合中嫌な空気出しちゃうんですけど、我慢できなくて、タイムとって、ピッチャーに「お前4球待ってる気持ちになれ!どうせ塁に出すなら、もう当てちゃえ」って言ってから。そのあと呼び出し喰らって怒られていましたねwそれぐらい負けず嫌いなんです。その時から、信用してほしいって気持ちが強かったですね。打ってやる、点は取ってやるから、お前は守れ、撃たれたら俺がとってやるから。みたいな。だから、人が筋トレ、腕立てで20回やるなら僕は30回やっちゃうみたいな少年でしたね。
努力の人っていうわけではなく、「わからない」っていうことが一番嫌で、知っていたいっていうのと、商品部に行ったとき、不安だったんです。管理する数字の桁が変わってしまって。一番最初にいった部署がマーチャンダイジングで、季節ごとの去年の売り上げを見て、どのタイミングで、どうやって売るのかなどを考えるのが僕だったんです。桁が急に変わったことにまず吐き気がして、部長の代行だったので、部長のプレッシャーと下からのプレッシャーで大変でしたね。したといってもみなさん年上だったんですけどね。誰よりも勉強しなきゃいけないと思って、それで、毎晩モノづくりの先輩たちと飲みに行って、どんな風にモノづくりをするのかを教えてもらう場は、仕事の席では誰も教えてくれないし、お昼なるべく一緒に取るようにして、どういうふうにやってたかというのを勉強していましたね。つけ詰めてくっていうのはその中でうまくやって自分の成果を出したいって言うのがありますね。どうせやるならかっこよくやりたいし、周りの人に「良かったね」って言われるようにやっていきたいですね。

・持ち物にもこだわりがあるのですか?

基本的にはジーパンしか履かないですね。それと仕事中は原色系は身に付けないですね。なつぐらいです、派手なシャツを着るのは。花柄のシャツや、アロハシャツきますね。古着がやっぱりすきなので。基本は原色はきないですね。
あとシャツは基本的にボタンダウン、ベストは大好きです。もう一つ、時計は高価なものはしないですね。高いものは持っているんですけど、つけないようになりましたね。
というのも、すごいかっこつけているように見えるんですよね、つけている人がいるのですごく言いにくいんですけどねw、そこでかっこつけるんじゃなくて、安くてもいいものがあるっていうものを見せれるっていう方がかっこいいって思っています。今つけている時計はTimexですね。基本的には200$以上は出さないです。スキー行くときはGショックしかしないとかwいっぺん見て、ラグジュアリーに見えるものよりは、リペアができる、長く使えるものの方が好きですね、安くても生地がしっかりしている、皮よりもナイロンがすきです。擦り切れに強かったり。ナイロンってこう、HEIRジャケットに使われるぐらい擦り切れが強かったり、縫い直しができるような理由があるものがすきですね。なので、ワーク、アウトドア系のものが好きですね。

・鞄の中身を見せていただけませんか?

今使っているのは、東京のマネージャーするようになってから奥さんに10年使うからとお願いして、今のを使ってますね。でもファスナーとか取れてきて10年使え寝じゃねーかっていうのが本音ですね。私性格が超A型なので、入れておく場所が決まり切ってないと落ち着かなくて、外ポケットには財布と、お店のカギ、日本で使う名札。大事なものが入ってますね。それで大きな方には、ラップトップと傘、手帳が入っていますね。。基本的には仕事で使うかばんはコレ1つです。入れ替えると忘れちゃうので。いつも必ず単個本は言っていますね、最近は詐欺の本読んでいますね、あとパスポート入れ。MUJIのもので10年以上使ってますね。あとはカメラですね。でもカメラの充電ケーブルがなくなって、つかえてないんですけど、とりあえず入れています。使っていた時はこれでお店の写真を撮っていました。帽子は入れているんですけど、基本かぶらないですね。でも最近トロントが寒すぎて、、それ用に入れてますね。手袋はクラブモナコのものを使っています。これはMUJIではないんですけどね、(MUJIのは可愛すぎて、それですごい毛羽立つんですよね。タッチスクリーン用に作られていて、日本のものは毛糸がやわらかくて、指先の反応する特殊素材を入れるためにヨリを甘くしているんですね。そうすると毛玉ができやすいんですよ。それでいてこするじゃないですか。すごい毛羽立ってしまうんですよね。それを使っているMUJIのスタッフがしているときに「ダサい」って思ってしまったんです。毛羽立っているニット製品って着たくないじゃないですか?もちろん品質改良しないといけないとはおもっているんですけどねww)ビジネスマンなので多少レザーを入れた方がいいと思うんですけど、カナダで仕事するようになってから、ジャケットを着なくなりましたね。オフィスではベストを着ていて、外は脱いでジャケット着ていたんですけどね。あまりの寒さに靴がブーツじゃないと外を歩けないと思ったのと、そうするとジャケットスタイルが合わなくなって着なくなりましたね。

・このバッグ選んだ理由は?

できる商社マンがみんなTommyつかっていたんですね。それだとつまらないと思って今の使っていますね。先輩が10年使ってていい味が出ているんですよね。でも日本に帰ったら
違うバッグを買うつもりですw。 次買おうと思っているのはnorth faceの3wayのバッグですね。こっちに来てから腰を痛めてしまって、デイバッグにしようかなと。みんなからは「そんなおもいものを持つからいけないんだと」言われていますね。でもできる商社マンはみんなこれを担いでいるから、負けたくないじゃないですか?

・眼鏡も気になっているんです、、、、、実は

眼鏡はずっと日本製ですね。金子眼鏡ですね。福井県にあるんですけど、この黒が墨の黒なんで青黒いというか、塗料では出ない色が出て、気に入っているんです。

・(テーブルの電卓をみて)これはMUJIのですか?

そうですね、面白い話があって、異動するたびに誰かに毎回あげているんです。なので、これが三代目かな?移動するなら、必ず誰かに何かを渡してますね。

・私生活の中で必ず行うルーティンワークはありますか?

最近は筋トレを始めましたね。あとはお酒飲んでから寝ますね。お酒弱いんですけど、お酒が大好きで、365日毎日飲んでますね。ビール好きなんです。家帰ってすぐビール開けて、筋トレをして風呂はいって、ビールを飲んで寝ますね。でもカナダ来てからは外で飲んでから帰りますね、一人で。

・行きつけのところは?

行きつけになっちゃいますよね、和食に一人でよく行きますよね。だからすぐ覚えられちゃいますね。一人でビール飲んで、単個本読んで、怪しまれるじゃないですか。そういうときわたし社交性をいっさい遮断してしまうので。行きつけはどんどんですね。お店からも家からも比較的近いですからね。
筋トレはお店のためです。少なからずNYで出店したときに、一緒に荷物を運んでても、歳のせいで体力が衰えて、お店で活躍できないじゃないですか。でもこれは負けず嫌いではないですよ。聞こえ方は負けず嫌いに聞こえますけど、違います!。私が動けなくなっちゃうと、みんなお店づくりの仕方わからないし、不安に感じさせちゃうと思ったので。そのまえに体力をつけようとおもって、なので、走るというわけでなくて、一日に30回程度です。
朝は6時ごろ起きますね。食べることに興味がないというか、あんまり味覚が長けてないとおもっているので、グルメじゃないし、お酒があればいいとおもってます。なので朝はTim Hortonで頼んだり、デリで頼んだり、結構気を使ってるわけではないですね。
日本にいた時は奥さんに作ってもらっていましたね。それに結婚してからですね、朝食をとるようになったのは。もともと夜更かしが苦手で、11時になったら眠くなっちゃうんです。朝方人間なので、ほかの人よりも健康的なのはそのおかげですね。

・お休みの日に、お散歩しておもしろいな、発見はありましたか?

QueenとかBloor沿いを歩いたりしましたね。でも歩いているとお酒飲みたくなっちゃってどこかしらでお酒飲んでますね。土曜日は朝からお酒のんでます。寝起き一発。

・好きなお酒の銘柄は?

苦いビールがすきですね、IPAとか、ラガーは日本のビールで、本当に好きなのはギネスですね。知ってますか?英国ではギネスはおにぎりみたいなもので、あれでお昼を済ますんでうすよ。それを上司から聞いたときに、なんていい言葉なんだって思いましたね。本当かどうか知らないですよ。でもカロリーやおなかにたまる感じが似てるらしいんですよね。そういう人もいれば、私の元部下は、その人もビールが好きで、私が最初にギネスを頼んだら「角田さん、ギネスはデザートですよ」なんて言われちゃったことがあって、すごくないですか?この子には勝てないって思いましたね。日本にいたら土日でかけなきゃいけないので、飲めないんですけど、でも昼からよく飲んでいましたね。奥さんもそれを否定しなかったですね。煙草をやめたんですけど、お酒の方がまだいいって言われましたね。唯一褒められたのは「たばこをやめれたことですね」。あれはえらかったって言われます。

・家族は日本にいるんですか?

そうですね、子供が2人います。上の子が小学6年生、下の子が2年生、男、女の順ですね。長男の名前が「凛」と書いて「リン」と読みます。一文字で「リン」っていう男の子は珍しいんですよね。
・名前は角田さんが決めたんですか?
そうです。まだ生まれる前に赤ちゃんに話しかけるといいといわれて、「赤ちゃん」って呼ぶのは他人行儀だなと思って、じゃあ名前を付けようってなり、男でも 女でもいい名前にしようってなった時に奥さんの名前が2文字で、かわいいねってなって、「凛」になりましたね。名前を決めた直後に男の子ってわかったんですけどねw
最初は「林」ってつけたかったんですけどね、いい意味なんですよ。「林」しんりんぼくって書くじゃないですか?「木、林、森」って書いたときに真ん中になるじゃないですか。中心になる、人が集まってくるっていう意味があるのを本で読んで、リーダーシップは僕のモットーなので、これだ。と思って家族に相談したら、「両方苗字じゃねえか」って総スカンを食らって、急遽漢字を考えなおしましたね。もう一つエピソードがあって、名前を区役所に提出するときに、子供の名前を間違えてしまって、あの紙って最初から書き直し出来なくて、名前を書く欄に二重線をひいて横に本当の名前を書いてあります。あの用紙はずっと残るんですかね?すっごいドキドキしてるんですよね。こころの奥にずっとしまってあります。息子よりもカミさんにばれるのが怖いですね。
娘は「アコ」って名前です。それは息子が決めましたね。これも同じで娘がおなかの中にいるときに息子が「赤ちゃん」って呼んでいたんで、前と話でそれで名前を読んであげたら?なった時に息子が「アコ」って呼んだんです。女の子だっていうんですね。それで女の子だったんですよね。それで女の子なので、今回は字画をしっかり調べようってなって「亜瑚」って名前にしましたね。これは結構感じ考えましたね次は名前間違えずに提出できましたよ。完璧でしたね。ただ、その時怒られたのは、娘が生まれた時マーチャンダイザーの勉強をしていて、生まれて、母親にいてくれたので、それに甘えてしまって、退院するまで一回しかお見舞いに行かなかったという事態をやらかしてしまって。カミさんに何かあるたびにそれで怒られますね。「一回言ったじゃん」っていうと、「一回しか来てないじゃん!ばーか。普通は毎日くるんだよ!毎日」その当時、凛がもうしゃべっているので、凛に助けを求めていましたね。「ねえ。凛?」みたいな感じで(笑)

・私生活ではどんなお父さんなんですか?

僕、「お父さん」って呼ばせてないです。周りが「お父さん」って呼ぶときは仕方ないですけどね。私、カミさんのこともニックネームで呼ぶんですね、「しほ」っていう名前なので、「しーたん」って呼びますし、彼女も「とおるちん」って呼びますね。これ僕ね、恥ずかしいって思ってなくて、それと一緒で子供もそうやって呼ばせてますね。でも、友達同士の中で、自分の父親のことを「とおるちん」って呼ぶのはさすがに気が引けるみたいで、「お父さん」って呼んでいるみたいですけど、私の前では「とおるちん」って呼んでくれますね。娘もそうですね。妻のことは息子は「しーたん」って呼びますね、娘は「ママ」って呼んでいるみたいです。テレビでよく「ママ~」って呼ぶかわいいシーンに影響されたみたいですけどね。外にいるときに「お父さん」って呼んでも俺は振り向かないぞって子供たちに行ってますね。大きな声で「とおるちん」って呼んでくれますよ。

・どんなことがあって、子供にもニックネームで呼ばせるようになったんですか?

自分の父親が厳しかったんですよ。恐ろしかったというよりはきっちりしている父親で、何かあった時になかなか相談しずらかったんですよね。それがどうしても嫌で。それで、母親がとてもフレンドリーでよくしゃべる人だったんですね。私よくしゃべるじゃないですか?それは母親の影響なんですね。なので、そういう関係になりたくて、だから、ニックネームだと近いというか、和らぐ気がするんですね。
お父さん像っていうと、だめ親父な気がしますけどね。日本に帰ると酒ばっかり飲んで、時差があるから酒飲むとすぐ眠くなるし。いびきかいて寝てるし。何しにかえって来てるんだって思われちゃいどうですよね。
でも、良い点もあるんですよ。僕今回10か月ぶりに帰るんですけど、すごいモテるんですよ。子供から。
だんだん子供って父親から離れていくじゃないですか?意外と未だにフレンドリーなんですよね。週に1回しか電話しないですし。会わないじゃないですか?会わないのって意外といいなって。寂しいんですけど、一緒にいると話すことも詰まることもあるかもしれないですけど、比較的うちはいいですね。その分カミさんには苦労かけちゃってますけどね。
でも怒鳴るときは怒鳴りますし、手出ますから、起こると怖いって言いますね。いない時はなるべく、妻が言いにくいことは私から言うようにしていますね。
僕基本的にはスタッフには自分のプライベートのこと話しますね。そうじゃないとコミュニケーション取れない思うんですよね。お店のスタッフからは日本人でないのに「ツノダさん、ツノダさん」って呼びますね。結構不思議な光景ですよ。

・企画をされていた時のMUJIの商品はどういったものですか?

原型を作ったのはいくつかありますね。棚を作ろうと話になって、薄くて、目立たない邪魔にならない物を作ろうっていう所から始まりました。原案から、材料の選定、サイズ割まで決めましたね。そのほか思い出に残っているのは、ワゴンがついている棚ですね。

・モノづくりするときにどういう所からアイディアが生まれるんですか?

僕たちはデザインをするよりは机自体のことをを考えていって、デザイナーさんがアイディアを出してくれる時に一緒に考えているということをやっていましたね。
今のデスクってほとんど書き物をしないのに、無駄に広いんですよね。それって空間の邪魔なんですね、なのでMUJIのデスクは薄くして、デスクトップ1つはいるサイズ感でいい。ていうサイズ取りをすると生活導線が広がるって言うようなことをすごく考えるようにしていて、それをどこまでモノに落とし込めるかというものにとても神経を使っていましたね。その形が思ったように落とし込めたものが「足つきマットレス」でしたね。これは本当に大変でした。この商品がお店のアイコンで、これを作るときの担当が僕だったんですいけど。極限のシンプルなんですね。トップの商品を越えるもの作ろうっていうので、「目立たない、空間を邪魔しない、でも素材感がある」という商品を作ろうとなってできたものがこれで。薄いベッドの考え方で、線しか見えない。もしくは浮いているように見えるベッドを作ろうという考えが始まりでしたね。ベッドの足に小指が当たらないように足を内側にいれて足に当たらないようにするにはどうすればいいか?とか。中に鉄を入れたら強度が増すんじゃないか?でも鉄を使うとオフィスではいいんですけど、無機質になりすぎてしまうので、少しでもインテリアになるように「木」を使いたい。など、そういうことを勧化ていましたね。本当は簀の子を使いたかったんですけど、この薄さだと簀の子を載せることができないので、これにはヨーロッパでは昔から使われているウッドスラッドという木のスプリングで代用してます。マットレスだったら、腰の部分はどうしても重くて沈みがちなので、その辺りには硬く支えるような素材を入れて、背中の部分は方あたりがやわらかくすると深く眠れるようになるので、そういった調節をしていますね。
デザイナーが描いたデザインで、どういった素材を選定してどうやって作るかっていうことのほうが仕事でしたね。1つひとつのデザインの中に言語があって、このカーブをどの商品と同じものを使うか?などのデザイナーさんとの意向を合わせることを毎週行っていましたね。
デザイナーさんに言うのは、かっこいいものを作るというよりは、「邪魔にならないもの」を作りましょう。っていうことでしたね。棚って絶対曲がっちゃいけないし。曲がらない構造を話あいますし、棚は絶対目立ってはいけないとおもうんです。おいているものが目立っている、もしくはしっかりと収納する。ということが機能なので、そういうことがしっかり満足いくもなのか?ということの検証はしっかりしますね。
以前のMUJIのカタログは一番最初のページはベッド、ソファーから始まっていたんですけど、1年前ぐらいから、収納商品が先頭に来たんですね。というのも、ベッドは基本的に一人一個じゃないですか。ソファーは家族で共有しますよね。だから売上的にはいいんですけど、どの部屋にも必ず「しまう」っていう行為があるんです。なので、ライフスタイル的に「見せる収納」「飾る収納」「かたづける収納」があると思うんです。それはどの部屋でもあるし、これは生活の中心にあるよね。っていう考え方から、MUJIはそれをメインにしましょうというのが私が商品開発にいた最後の時に決まって、そこから商品開発の軸が変わった時でしたね。決してソファーなどがおろそかになっているわけではなくて、ソファーもデザイン的に否定されていることもあるのですが、でもその形になっているは人の動作を考えて作られたデザインなんですね。例えば肘掛のところにはウレタンが2重になっているんです。というのはソファーに座っている人もいれば半分は寝っ転がっている人なので、クッションを枕にしてねる人がおおいんですが、それならもともとそこをクッションぐらいやわらかくしてしまえっていう考えなんです。あとは、ヘリのところなんですが、ほかのソファーは板なんですけど、うちのはウレタンが巻いてあって、日本人ってソファーに座る人もいれば、地べたに座って、背もたれのように寄りかかって座る人もいるじゃないですか?なので、そこもやわらかくしたらいいんじゃないか?という考えから生まれた商品ですね。足位置一つで見え方が変わってしまうので、そこはデザイナーさんと話し合って決めますね。同じ商品でサイズが違う物でさえも足の位置が1センチぐらい変えてあるんです。
時計なんかもこだわってますね。同時のデザイナーの深沢さんがおっしゃっていたのですが、「時計の役割は2つある。正確な時間を知りたいのと、今どれぐらいの時間だろうっていうことを知りたいこと。たとえば、オフィスや学校だと、「分」単位で性格な時間がわかる時計がなくてはならないけれど、リビングなどの場所、ゆっくりする空間は時計の音さえも聞きたくないし時計自体も存在してほしくない。大体の時間でいいから「分」の表記をなるべく省くデザインで。はリビング用にしましょうとか、オフィス用はしっかり分単位も正確に入れましょうという考え方で、時計を作っていますね。最初は一緒でいいじゃないかって私も思っていましたけど、深いですよね。話を聞いてみると私も納得してしましたし、伝えてあげたいなって気持ちになりますね。

・担当されていたは主に商品開発でしたか?

計画担当の時はお店の作り方などにも関わっていましたね。キッチンの商品にはかかわっていました。というのも商品の仕様なども考えていました。例えば、おたまとか、売り場の中だと置いてあるより掛けてある方がきれいに見えるじゃないですか?だから、かけられるようなお店の売り場を作った方がいいとか、お店の中で商品が活きるような売り場づくりを心掛けていましたね。ペン売り場なども同じで、ほかの会社のペンは持つところが特徴があったりするんですけど、MUJIのペンはカラーバリエーションが良くて、ペンって上から見た方がきれいなんですね。だから、売り場で刺さっているように陳列してお客様が見てきれいに見えるように商品を置くということを考えていますね。お茶碗一つ1つにしてもいくつ重ねたらきれいに見えるか?とか、商品1つ1つの一番きれいに見えるような売り場づくりを考えています。

・これからやってみたいことはありますか?

今はカナダのMUJIを大きくしたいですね。将来、複数の国を同時に持つような大きな営業担当になりたいですね、それこそ北米担当、NY, トロント、メキシコといった、国でつなげるのでなく、地域でマーチャンダイズを繋いだ営業展開を物流から販売まで、やってみたいですね。もし海外でやれるなら。
商品部に戻れるなら、海外のことを意識した、マーチャンダイジングもチャレンジしたいですね。カナダにあった商品づくりもっと、そこに住んでいる人たちに合うような、突き詰めた商品づくりをしていきたいですね。
あとはカナダの人が「CANADA」って書いてある手袋をしない文化を作りたいですね。
カナダの美人さんがすっごいおしゃれなのに、手袋だけ大きく「CANADA」って描かれているものを疑問を持たずにつけているのは衝撃を受けましたね。
アイデンティティーや、愛国心があるのは素敵だと思うんですが、カナダって書いてあるのを平気でしていくるのっておしゃれじゃないですか、なので、MUJIの要素で隠れたところでカナダってわかるような商品開発をして、カナダをよりファッショナブルにしていきたいと思っています。
MUJI Atrium opening Report

MUJI Atrium workshop
>Vol1  >Vol2


Interviewer: Anna
Photographer: Tatsuki Nakata
Translator: Terukazu Ikeda
Editor: Jumpei Komura



Check out our latest update on Facebook

Other Interview Posts

Kimie Tanaka (田中 希美絵) – Interview(JP)

Kimie Tanaka (田中 希美絵) – Interview(JP)

Photo Credit: Tai Liam Kimie Tanaka / 田中 希美絵 http://www.kimietanaka.com/ 愛知県名古屋市生まれ。東京大学経済学部を卒業後、インド、チリ、ニューヨーク、シンガポールを移り住む。ニューヨーク大学大学院映画学科修士課程修了。前作品・短編映画『寿』は2013年のショートショートフィルムフェスティバル&アジア日本映画部門で最優秀賞等を受賞、その後も国内外の映画祭に入選・招待された。一方で、『Luv(sic) Part 6 – Uyama Hiroto Remix featuring Shing02』のミュージックビデオや、CMも手掛けている。今作品『かくれんぼ』は、母の死後、引きこもりの弟の面倒をみるはめになった兄とその弟の兄弟の絆にまつわる短編映画で、2015年のトロント国際映画祭コンペティション他、国内外の映画祭で上映されている。パリ在住。 映画『かくれんぼ』facebook ページ: https://www.facebook.com/HideAndSeekNYUThesisFilm トロント国際映画祭でトロントにいらっしゃっているわけですが、トロントについての印象をお伺いしたいです。 映画祭の会場と宿泊施設の往復をしているだけなので、あまり責任を持って言えないんですけど、安全だし、何でもあるし、英語が通じるし、居心地が良いなっていうのはあります。フランスと比べると、人の感じも違いますね。カナダの人は思っていることを全て口に出して言うことが多いように見えるけれど、フランス人は別に言わなくてもいいと思っている、とか。 Kimieさんの映画のストーリーや登場人物は独特で繊細な印象を受けたのですが、テーマ設定や登場人物はどのように設定されていますか?ご自身が海外で生活していることの影響はありますか? まだ人に見せているものとしては二作しか作っていないし、常にっていう訳ではないんですが、基本的にテーマはその時点で自分の内部に持っている問題ですね。登場人物は外面的には色々なインスピレーションから作り上げるんですけど、その内部と、作品のテーマに関してはその時点で自分自身が興味のあること、ですね。海外の影響の有無は作品によります。今考えている作品のうちの一つはフランスにいる日本人っていう設定で、もちろんそれは、その設定自体がフランスに住んでいるっていう環境だからこそではあるんですけど。ただ、作品のテーマというと、日本で撮る作品でも、日本に住んでいたら気がつかなかったことから生まれてきていることもあると思います。 作品を作る中で苦労したことはなんですか? 作る過程のどの瞬間も、やっているときは「これが一番大変」って思います(笑)。でも、あえて言うなら、脚本、資金集め、演出、この三つですね。脚本に関しては、プロットとしての話はいくらでも作れちゃうんですけど、その話の中に自分の言いたいことが入っているかというのが大事で、つまり簡単に言うとテーマなんですが、それを見つけるまでが大変。資金集めに関しては、今回は半分をクラウドファンディングで集めたんですが、人様が汗水垂らして働いて稼いだお金を一円でもらうっていうのは責任が重いことだし、特に日本ではあまり受け入れられてない考えだから、自分としてもそれを消化するのにも苦心しました。演出に関しては、役者さんも生き物なので、どうやったら自分の欲しいものが撮れるっていう教科書に書いたものがない分、難しいですね。でも、ありがたいことに、今のところ、常に協力してくれる人に恵まれているっていうのもあって、制作過程において、人間関係の面で嫌な思いはしたことは全くないです。ですが、作っているときは人のためではないです。妥協はしたくないし、したとしてもそれを人のせいにすべきでないと思っているので。 映画作りのきっかけと海外に出たことは関係ありますか? 海外に出たのが先ですね。大学卒業間際に、日本の外資銀行に就活していたときに、グループ面接で周りが皆英語ぺらぺらっていう状況だったんです。そのとき、初めは、「私のお父さんも駐在員さんとかだったら今頃私もぺらぺらなのにな~」って思ったんですけど、その時に、私「お父さんが…」とか言ってるけど、私もう自分で行けちゃう歳なんだって気づいて。遅いですけど(笑)。それで、入行前にインドで半年だけインターンしました。そしたら、その会社の縁もあって、入行後一年も経たずに退職して、チリに移り住んだんです。そこで働き始めた会社は、国際色豊かな職場で、日本だとチョコレートが好きだからチョコレート屋さんになるっていう訳にはいかないですけど、私の周りの人は結構高校卒業したら一年間自由にやりたいことをやってそれから初めて大学だの何だの自分の進む道を決めるっていうことを経て来てたんですね。そこで「あ、そうか、やりたいことっていうのは、やっていいんだ」って思って、それが私の場合たまたまチョコレートではなく映画だったんですけど、それを行動に移したというのが始まりですね。 やりたいことを仕事にするっていう考えについてはどう思われますか? 前置きですが、実は今私にとって映画はまだ仕事じゃなくて、だから映画に関係ないことをしてでも、どうにかしてお金稼がなきゃという状況なのですが…だんだんわかってきたことですが、私は商業的な映画には全く興味がないから、映画を撮っていきたいけど、お金を稼げるようにはならないようです。だから、今も、今後も、どうしましょうと思っています(笑)。例えばですが、アイスクリーム屋さんとかやりながら撮れるときに撮る、とか一生やっていくことになるんでしょうかね。撮れるとき、つまり作品を書くときは主に自分の内面的な問題についてなので、私の場合今のところ、初心者だからかもしれませんが、一作品にまだ時間がすごくかかる。二、三年に一本昇華させて、これだっていうふうにようやくなる程度なんです。だからと言ってどうしようもないので、今のところはその答えを見つけようと急いでもないですけどね。撮りたい物を撮って、貧乏生活を続けて、それこそ今考えている長編を撮って区切りがついたら、何かお金を稼げることをしようと思います。 やりたいことを胸の内に秘めてる人へのメッセージはありますか? 何かをやるっていうのは、何かを捨てるっていうことになると思うのね。そうじゃなくていい時と場合もあるけど、それでもそういう覚悟はしないといけないっていうのはまず一つあると思います。だから、やりたいことがあってもそれができないっていうのは、まだ他のことを捨てられていないからだと思う、例えばプライベートとか。とは言っても、プライベートは人それぞれだし、「キャリア面でやりたいことをやる=幸せになる」っていう単純なことではないと思っています。全体として何を重きにするかは人によると思うし、私は言わば『幸せ』になりたくて、プライベートとかも犠牲にしていく覚悟で映画を撮って今のところ生き始めたんですけど、それができるのは、今はたまたま私は自分以外には責任のない立場にいるから。だから私みたいなのが、色々事情のある立場の人に、簡単に、全部捨てて頑張れなんて言えないと思うんです。 でも、そういう面もありつつ、もう一方で、できないっていうのは全部頭の中にあるだけで、実は元々できないっていうことでもないと思います。まだチリに住んでいて、映画へと方向転換しようかと悶々としていたときに、誰かに聞いたことなんですけど、チリのその時の70、80歳くらいのすごくお金持ちの人が同じようなことを聞かれて、”I wish, -when I was still 50 or 60, I didn’t think I was too old to do anything.”と答えていたんです。お金持ちになっていることは数ある指標の一つに過ぎないのですが、70や80になって、すごく『成功』していた彼でも、50、60代の時にもっとやれることをやっとけば良かった、と思っている。何歳でも思った事を何でも始めるべきだ、ということなんですけど、私はそれを聞いて、そうかーと思いましたね。私自身、最近になってさらにはっきりしてきたことですが、20代、30代っていうのは、もうほんとにまだなんでもできると思います。 最後に将来の展望を聞かせて下さい。 長編を撮りたいっていうのはありますね。賞とかに入ったら次に繋がるのでいいなとは思うんですが、基本的には、そんなの関係なく、自分が納得できる物を撮りたいです。実は今、今回映画祭に出品した『かくれんぼ』の長編版を撮りたいと思っています。後は、今住んでいるフランスでちゃんと資金を集めて撮ったことがまだないから、ある意味チャレンジで、今考えている長編と短編の企画をフランスでも完成できたらいいなと思っています。この二、三年の中ではこのくらいですね。 […]

Kenichi Ebina – Interview

Kenichi Ebina – Interview

About Kenichi Kenichi Ebina is a solo self-taught dance performer, started out dancing Freestyle HipHop and expanding his style to Poppin’, Lockin’, Mime, House, Jazz, Contemporary and Ethnic dance. Kenichi’s unique dance show with illusion effects of sound, light and visual entertains a lot of people who are not even interested in performing arts. In […]

YOSHIHIKO FUEKI – Taiko

YOSHIHIKO FUEKI – Taiko

Yoshihiko Fueki, Wadaiko player. Yoshihiko started playing Wadaiko since he was fifteen years old. He involved establishing the professional Wadaiko group “dakannjin” in 2001. He had been performing all over Japan as a leader of the group. Since 2006, Yoshihiko is fronting his own live performances, collaborate with many famous musicians. Yoshihiko has called upon […]

KOJI YAMAGUCHI – Tsugaru Shamisen

KOJI YAMAGUCHI – Tsugaru Shamisen

Koji Yamaguchi, Tsugaru Shamisen player. From an early age Koji has studied the stringed instrument, Sanshin, also Taiko and traditional Minyo folk songs. He has collaborated with many famous musicians, like Yoshida Brothers, also a member of the shamisen group, HAYATE produced by Kenichi Yoshida. He is fronting his own live performances, supplied music for […]