Next Music from Tokyo vol.7 PENs+ Interview(EN)

Posted in Interview




Next Music from Tokyo vol.7 PENs+ Interview

Event page →
http://www.creatorsloungetoronto.com/event/next-music-from-tokyo-vol-7/

PENs
http://pens-band-japan.tumblr.com/

PENs+ are a math/emo/post-HC band who sound like Algernon Cadwallader jamming with the band apart.
Consisting of four prodigally talented university students, their music explodes with an abundance of energy,guitar wizardry and pop sensibility. They performed at the 2012 Senkou Riot music festival after being chosen by TokyoFM as one of the best high school bands in all of Japan. At only 20 years of age these whippersnaps definitely at the forefront shaping the “next music” from Tokyo.

PENs+1

Interviewer: Ayaka
Ryo Arai (Gt/Vo) from PENs

● It is almost three years since Senko Riot*. Have you changed your attitude toward music or your music style since then, and vice versa?
*Senko Riot is a name of a rock festival in Tokyo that all the musicians are teenagers.

I just wanted to make cool songs and wanted to have live concerts. That was all I had thought then. However, nowadays, I thank all the things around us, not only music, and so I consider a concept of songs and our vision of the future. In particular, I really appreciate fans who come to our concerts every time.

● Your fresh, artful, and irregular melody and clear voice of two lead vocalists are impressive. What are you very particular about, such as melody and lyrics, when you make songs?

I make songs unique in phrases, rhythm, and forms. However, I like pop music, and so my songs eventually tend to be vocal music; I unconsciously do it though. I really want to convey my songs to listeners much more than before. Hereafter we would like to increase variations of songs so that we perform music irrespective of genre.

● What made you desire to convey your songs to listeners more than before?

I had entirely liked songs with rapid tempo which had many cool phrases when I was in high school. However, I have recently been listening to slow tempo music and also songs that has impressive lyrics, then they have gradually made me want to sing profound ones.
Needless to say, music I listen to simply influences my songs, but not a change in my living environment.




● How did you make the music video of “旅に出たい、と言って (Tabi ni detai toitte)” which has a unique concept?

The video was produced by a director who produces music videos of a Japanese air rock band Golden Bomber. We trusted him with video content because he was kind and also he had humour ideas. We were surprised when he told us about filming gay scenes, but we had a fun time during filming and we all liked the music video. We really appreciate him as we have gotten a lot of visibility by that music video.

● You post your live videos on Youtube. What are you very particular about when you perform at your concert?

I’m bad at stirring up and livening up audience, and so we desperately make our performance cool. (Laughter)

● What specifically does it mean to “make our performance cool”?

I don’t know how translate it into English, but I would say it’s a performance which is NOT lame. (Laughter) If audience thinks that “Music is awesome”, but not “A concert was pleasant and groovy” after a performance, it would be a cool performance.

Therefore, I would be satisfied if audience is deeply moved, even they don’t raise their hands up at chorus. I also think that a band who has a particular song or a unique performance that no one can is cool, even though it’s not my favourite band. It’s all my opinion, so it might be different from opinion of others who like a recent music trend in Japan.

● You all are in twentieth. You might often have surprising reaction from people who are in your generation. What deeply makes you move into

Youth doesn’t matter in my opinion. I like the members, so I do music with them. If we break up, I wouldn’t unite a new band. (Laughter) I actually have a lot of things that I want to try other than music, but I do music because I like PENs+.

● Frankly speaking, what is your attitude toward music?

Regarding music I listen to, I often doubt that “Why is this song the most popular now?”and “How come isn’t such a cool song sold well”. Since the internet is too spread, people don’t have to look into well to find their favourite songs, and they might be satisfied with top-ranked popular songs that are selling well. Then they tend to think only those songs are cool.

I don’t deny it, but if you repeatedly click relevant videos, then you would eventually find a cool obscure song. That kind of songs should become popular. A genre Emo is exactly so. I know It is considered separate from popular music in terms of a historical background, but I always wonder why people don’t think Emo is cool. (Laughter) You may listen to music regardless of genre, you will see genre and bands you really like.

Regarding music I do, on the other hand, I just want to make cool songs and I just like the members. (Laughter) Therefore I do appreciate people who consider our songs cool.

● How do you feel about going on a tour overseas; are you looking forward to it, or do you have any concerns?

Actually, I often go abroad as a backpacker. I really like traveling, and so I just can’t wait to perform! It’s the first time to go to Canada, I’d like to make friends there. Please talk to me at concerts.

● Band music originated overseas. Do you have any person or song that influence you till you having found your own style?

Guitarist Ariga and I love Algernon Cadwallader. Overseas indie Emo bands affect us.Many foreign listeners like our music because of interesting development and phrases even though they don’t know Japanese.

● You will get more foreign fans. Tell us your vision of the future.

We’d like to perform abroad from now on. We’re now a student, but it would be hard to take our time after getting job, and so this Canada tour is extremely valuable. We’d like people around the world to download our songs when we release.

● Give your message to Torontonians.

We can’t wait to perform in Canada! Let’s talk before or after our concert! Please become our friends and let’s hang out if you come to Japan!

PENs+2






Check out our latest update on Facebook

Other Interview Posts

Kimie Tanaka (田中 希美絵) – Interview(JP)

Kimie Tanaka (田中 希美絵) – Interview(JP)

Photo Credit: Tai Liam Kimie Tanaka / 田中 希美絵 http://www.kimietanaka.com/ 愛知県名古屋市生まれ。東京大学経済学部を卒業後、インド、チリ、ニューヨーク、シンガポールを移り住む。ニューヨーク大学大学院映画学科修士課程修了。前作品・短編映画『寿』は2013年のショートショートフィルムフェスティバル&アジア日本映画部門で最優秀賞等を受賞、その後も国内外の映画祭に入選・招待された。一方で、『Luv(sic) Part 6 – Uyama Hiroto Remix featuring Shing02』のミュージックビデオや、CMも手掛けている。今作品『かくれんぼ』は、母の死後、引きこもりの弟の面倒をみるはめになった兄とその弟の兄弟の絆にまつわる短編映画で、2015年のトロント国際映画祭コンペティション他、国内外の映画祭で上映されている。パリ在住。 映画『かくれんぼ』facebook ページ: https://www.facebook.com/HideAndSeekNYUThesisFilm トロント国際映画祭でトロントにいらっしゃっているわけですが、トロントについての印象をお伺いしたいです。 映画祭の会場と宿泊施設の往復をしているだけなので、あまり責任を持って言えないんですけど、安全だし、何でもあるし、英語が通じるし、居心地が良いなっていうのはあります。フランスと比べると、人の感じも違いますね。カナダの人は思っていることを全て口に出して言うことが多いように見えるけれど、フランス人は別に言わなくてもいいと思っている、とか。 Kimieさんの映画のストーリーや登場人物は独特で繊細な印象を受けたのですが、テーマ設定や登場人物はどのように設定されていますか?ご自身が海外で生活していることの影響はありますか? まだ人に見せているものとしては二作しか作っていないし、常にっていう訳ではないんですが、基本的にテーマはその時点で自分の内部に持っている問題ですね。登場人物は外面的には色々なインスピレーションから作り上げるんですけど、その内部と、作品のテーマに関してはその時点で自分自身が興味のあること、ですね。海外の影響の有無は作品によります。今考えている作品のうちの一つはフランスにいる日本人っていう設定で、もちろんそれは、その設定自体がフランスに住んでいるっていう環境だからこそではあるんですけど。ただ、作品のテーマというと、日本で撮る作品でも、日本に住んでいたら気がつかなかったことから生まれてきていることもあると思います。 作品を作る中で苦労したことはなんですか? 作る過程のどの瞬間も、やっているときは「これが一番大変」って思います(笑)。でも、あえて言うなら、脚本、資金集め、演出、この三つですね。脚本に関しては、プロットとしての話はいくらでも作れちゃうんですけど、その話の中に自分の言いたいことが入っているかというのが大事で、つまり簡単に言うとテーマなんですが、それを見つけるまでが大変。資金集めに関しては、今回は半分をクラウドファンディングで集めたんですが、人様が汗水垂らして働いて稼いだお金を一円でもらうっていうのは責任が重いことだし、特に日本ではあまり受け入れられてない考えだから、自分としてもそれを消化するのにも苦心しました。演出に関しては、役者さんも生き物なので、どうやったら自分の欲しいものが撮れるっていう教科書に書いたものがない分、難しいですね。でも、ありがたいことに、今のところ、常に協力してくれる人に恵まれているっていうのもあって、制作過程において、人間関係の面で嫌な思いはしたことは全くないです。ですが、作っているときは人のためではないです。妥協はしたくないし、したとしてもそれを人のせいにすべきでないと思っているので。 映画作りのきっかけと海外に出たことは関係ありますか? 海外に出たのが先ですね。大学卒業間際に、日本の外資銀行に就活していたときに、グループ面接で周りが皆英語ぺらぺらっていう状況だったんです。そのとき、初めは、「私のお父さんも駐在員さんとかだったら今頃私もぺらぺらなのにな~」って思ったんですけど、その時に、私「お父さんが…」とか言ってるけど、私もう自分で行けちゃう歳なんだって気づいて。遅いですけど(笑)。それで、入行前にインドで半年だけインターンしました。そしたら、その会社の縁もあって、入行後一年も経たずに退職して、チリに移り住んだんです。そこで働き始めた会社は、国際色豊かな職場で、日本だとチョコレートが好きだからチョコレート屋さんになるっていう訳にはいかないですけど、私の周りの人は結構高校卒業したら一年間自由にやりたいことをやってそれから初めて大学だの何だの自分の進む道を決めるっていうことを経て来てたんですね。そこで「あ、そうか、やりたいことっていうのは、やっていいんだ」って思って、それが私の場合たまたまチョコレートではなく映画だったんですけど、それを行動に移したというのが始まりですね。 やりたいことを仕事にするっていう考えについてはどう思われますか? 前置きですが、実は今私にとって映画はまだ仕事じゃなくて、だから映画に関係ないことをしてでも、どうにかしてお金稼がなきゃという状況なのですが…だんだんわかってきたことですが、私は商業的な映画には全く興味がないから、映画を撮っていきたいけど、お金を稼げるようにはならないようです。だから、今も、今後も、どうしましょうと思っています(笑)。例えばですが、アイスクリーム屋さんとかやりながら撮れるときに撮る、とか一生やっていくことになるんでしょうかね。撮れるとき、つまり作品を書くときは主に自分の内面的な問題についてなので、私の場合今のところ、初心者だからかもしれませんが、一作品にまだ時間がすごくかかる。二、三年に一本昇華させて、これだっていうふうにようやくなる程度なんです。だからと言ってどうしようもないので、今のところはその答えを見つけようと急いでもないですけどね。撮りたい物を撮って、貧乏生活を続けて、それこそ今考えている長編を撮って区切りがついたら、何かお金を稼げることをしようと思います。 やりたいことを胸の内に秘めてる人へのメッセージはありますか? 何かをやるっていうのは、何かを捨てるっていうことになると思うのね。そうじゃなくていい時と場合もあるけど、それでもそういう覚悟はしないといけないっていうのはまず一つあると思います。だから、やりたいことがあってもそれができないっていうのは、まだ他のことを捨てられていないからだと思う、例えばプライベートとか。とは言っても、プライベートは人それぞれだし、「キャリア面でやりたいことをやる=幸せになる」っていう単純なことではないと思っています。全体として何を重きにするかは人によると思うし、私は言わば『幸せ』になりたくて、プライベートとかも犠牲にしていく覚悟で映画を撮って今のところ生き始めたんですけど、それができるのは、今はたまたま私は自分以外には責任のない立場にいるから。だから私みたいなのが、色々事情のある立場の人に、簡単に、全部捨てて頑張れなんて言えないと思うんです。 でも、そういう面もありつつ、もう一方で、できないっていうのは全部頭の中にあるだけで、実は元々できないっていうことでもないと思います。まだチリに住んでいて、映画へと方向転換しようかと悶々としていたときに、誰かに聞いたことなんですけど、チリのその時の70、80歳くらいのすごくお金持ちの人が同じようなことを聞かれて、”I wish, -when I was still 50 or 60, I didn’t think I was too old to do anything.”と答えていたんです。お金持ちになっていることは数ある指標の一つに過ぎないのですが、70や80になって、すごく『成功』していた彼でも、50、60代の時にもっとやれることをやっとけば良かった、と思っている。何歳でも思った事を何でも始めるべきだ、ということなんですけど、私はそれを聞いて、そうかーと思いましたね。私自身、最近になってさらにはっきりしてきたことですが、20代、30代っていうのは、もうほんとにまだなんでもできると思います。 最後に将来の展望を聞かせて下さい。 長編を撮りたいっていうのはありますね。賞とかに入ったら次に繋がるのでいいなとは思うんですが、基本的には、そんなの関係なく、自分が納得できる物を撮りたいです。実は今、今回映画祭に出品した『かくれんぼ』の長編版を撮りたいと思っています。後は、今住んでいるフランスでちゃんと資金を集めて撮ったことがまだないから、ある意味チャレンジで、今考えている長編と短編の企画をフランスでも完成できたらいいなと思っています。この二、三年の中ではこのくらいですね。 […]

Kenichi Ebina – Interview

Kenichi Ebina – Interview

About Kenichi Kenichi Ebina is a solo self-taught dance performer, started out dancing Freestyle HipHop and expanding his style to Poppin’, Lockin’, Mime, House, Jazz, Contemporary and Ethnic dance. Kenichi’s unique dance show with illusion effects of sound, light and visual entertains a lot of people who are not even interested in performing arts. In […]

YOSHIHIKO FUEKI – Taiko

YOSHIHIKO FUEKI – Taiko

Yoshihiko Fueki, Wadaiko player. Yoshihiko started playing Wadaiko since he was fifteen years old. He involved establishing the professional Wadaiko group “dakannjin” in 2001. He had been performing all over Japan as a leader of the group. Since 2006, Yoshihiko is fronting his own live performances, collaborate with many famous musicians. Yoshihiko has called upon […]

KOJI YAMAGUCHI – Tsugaru Shamisen

KOJI YAMAGUCHI – Tsugaru Shamisen

Koji Yamaguchi, Tsugaru Shamisen player. From an early age Koji has studied the stringed instrument, Sanshin, also Taiko and traditional Minyo folk songs. He has collaborated with many famous musicians, like Yoshida Brothers, also a member of the shamisen group, HAYATE produced by Kenichi Yoshida. He is fronting his own live performances, supplied music for […]