MASTAMYST (Sk8er / Beatmaker / Rapper)

Posted in Interview




MASTAMYST

“MASTAMYST is a interdimensional being who’s ability to create spawns from a deep need to express emotions through ideas”

Creators' Lounge: Masta Myst

Can you tell us about the origin of your name “MASTAMYST”

I started MASTAMYST because I’ve always seen myself as the master of being mischievous. I had to spell it different because I went to Young Mission, and they had a bead making session to make a bracelet, but they didn’t have the proper letters. I had to spell it MYTSGYVIOUS. It was “Masta Mystgyvious (Mastar of Mischief),” but then I dropped it, so now it’s just MASTAMYST.

What inspired you to your works?

Basically, when I was fifteen, I met this kid Matt Goldsmith. And it’s funny because he knew all this stuff that I didn’t know, I didn’t know about everything I do now. Everything I know now, he introduced me to, or at least showed me. He was like “Yo man, you should rap.” I was good at poetry and stuff, but I didn’t care about it. Mostly I wanted to skateboard. It was because of him that I got into skateboarding. He showed me Del the Funky Homosapien and he taught me how to kick flip and other skateboarding tricks, and from there I just flew with it. The first board I ever rode was like an old school fishtail board, so that’s what I skate now, to pay homage to what I learned to skate on. I can skate short deck, but I like the old school boards better. I never really rapped, at first I was more into poetry. There’s this cat, ‘Spinloo’, and he had these poetry sessions. I was like fifteen at the time, and I went to that. I started practicing my lyrical prowess more so than being a rapper. Knowing how to use those words to emote my feelings and get my message across, more with emotions that I can put behind the words than the words themselves. From there, I was able to compel myself to rap more. I don’t really care for rap though. Most people don’t really have an intrinsic message, it’s mostly about what their monetary device is, and I don’t care about that because I don’t care about monetary device. My music tries to come from a place that more has to do with my personal feelings about my emotions. It’s rare to see in music, especially on a level that we’re trying to.

Creators' Lounge: Masta Myst

How long does it take to write lyrics?

It all depends. Most of my lyrics come from conversations. If something really catchy comes up in conversation, I’ll remember it and play with it and see if I can songify addages that I’ve heard. Mostly the times when I’ve written my best lyrics are when I’m in a time of high stress. Sometimes it takes ten seconds and the lyrics are just there, and sometimes it takes 3, 4, 5, 6 hours. Sometimes I don’t write for 6 or 7 months, I’m just experiencing life. All of that comes together in my mind, and I filter it into a poem.

Can you tell us about your beatmaking?

The first time I beatboxed I was like three, and I beatboxed Whinnie the Pooh. My mom always had vinyl, I remember my favorite record at the time was Madonna’s Angel. From there, as an adult, I love collecting and sampling vinyl. I don’t care for sampling mp3, although I don’t have a choice. A lot of the time I go out of my way to buy the record that I want, that way you get that analog contact in the sample, which is way more important to me, especially if I’m making hip hop because it’s supposed to have that resonance – at least I want it to have that resonance. It’s all about getting the original live sound. Sampling from mp3, I’ve done it and it’s stupid and I don’t like it. It peaks, it cracks, it’s not good. To actually compose the beat. But like, I don’t really have my hand in the techniques around engineering the actual sound. I’m more like a conductor and a composer and an arranger than am engineer. I always make my best beats when I have someone to sharpen my iron off of. People I work with are like, Chris Ack, I work with this dude Skid Mickey, he’s sick, those are mostly the two people. I’ve been waiting to work with this dude Kahn, he’s my cousin and he makes beats but I’ve just been living my life. Music is fun and all but I want it to be on an intrinsic level where it happens naturally. I’d rather it be like, “this is the perfect time,” like the vibration is there. I hate trying to force my vibration with my music. Music is all about monetizing and monopolizing off of people’s musical selves, and I can’t make music that has that intent. To try to get famous or try to get popular with my music, I’d rather my music travel socially. I hate promoting my music, because that plays into trying to profit off of it. My music’s priceless so fuck trying to make money off it. If people like it enough, and I’m performing and it’s like five bucks and I’m doing it live and people want to pay five bucks for it, that’s fair. But I’m not going to try to make digital copies and make people pay for it, I’ll give it away for free. You listen to it, you like it, you use it as you please. Mostly I would want to burn CDs and sell them to the people I know hand to hand. I’d rather have my locale be about me than spread it to the world, because if I can get where I’m from, you’ll be about me. I’m not trying to force it.

Creators' Lounge: Masta Myst

I use this analogy: people need to not masturbate in public. I see all these people promoting themselves, and that’s cool if that’s what you want to do, but I don’t want to be remembered for force feeding people with my bullshit. Especially if they don’t like it. Id rather people be attracted to me and find me. People like to find shit. People don’t like shit being forced in their face all the time. The chase is always better than the catch, right?

I also don’t like to perform all the time. If I do, and you’re there, you get to experience it and that’s what it’s about, it’s not about how many likes you have on Facebook. I make sure anyone who follows me, I follow them back, on principle. And if I like you, I’ll follow you. It’s about acknowledgment and reciprocation of affection. That’s how you build a true fanbase. Acknowledging them and reciprocating the energy they show you. Maybe one day I will get famous, but I don’t give a fuck. Id rather just be alive and drink beer and hang out and be happy. I’ve experienced some near death experiences in the last little bit, and I got through them completely unscathed, by the hand of god. So I’m just like my life is already written, this is fate, I’ll do what the fuck I want good or bad. You don’t necessarily do something good and get a good result, and you don’t necessarily do something bad and get a bad result. I just do what’s right. Sometimes, some people will say what I’m doing is wrong, but I know for me it was what needed to be done, even if I didn’t want to do it. It’s just about doing whatever the fuck you want. But like, I make sure what I’m doing is for the betterment of the collective conscience on an intrinsic level. Mostly things like defending my community, and sacrificing myself to try to make it a better place. Some people hate me for that, I don’t give a fuck. I still do what I need to do for the collective conscience. To make the world better than how I found it. That’s what I’m here for – but right now, I’m just here.

MASTAMYST6




“MASTAMYST はアイデアを通して感情を表現する深い造詣から作品をつくる唯一無二の存在”

Creators' Lounge: Masta Myst

○“MASTAMYST”の名前の由来について教えて下さい。

俺の名義Masta Mystは、自分自身をやんちゃなやつとして常に考えていたから始めたんだ。Young Missionっていう玉つなぎのブレスレットをつくるワークショップがあって、ちゃんとした文字が足りなくてMYTSGYVIOUSってスペルにしなきゃならなかった。それはMasta Mystgyvious (Mastar of Mischief:いたずらマスター)を意味していたんだけど、そこから文字を削ぎ落としてMASTAMYSTになったんだ。

○今の活動をすることになったきっかけを教えて下さい。

15歳の時にMatt Goldsmithっていうやつに会ったんだ。彼は俺が知らなかったことを全部知っていて、俺は今やっていること(ビート、ラップ、スケート)を当時全然知らなかった。そのことについて今俺は知っているけど、彼が紹介して見せてくれた。彼は“Yo man, you should rap”って言ったんだ。俺は詩とかそういう類いのものが得意だったけど、それについて全然気にしてなかった。実際のところ俺はスケートがやりたかった。俺がスケートにのめり込んだのは彼がきっかけで、Del the Funky Homosapienを見せてくれて、キック・フリップとか他のトリックのやり方を教えてくれたんだ。そしてそこからスケートを続けているよ。一番最初にスケートボードに乗ったのは、オールド・スクールなフィッシュテール・ボードで、それが今乗っているタイプのやつ。俺がスケートをすることを学んだものに対して敬意を払うためにね。ショート・デッキも乗れるけど、俺はオールド・スクールな板の方が好きだよ。 実際にはラップをしたことがなかったんだけど、最初はポエトリーの方が興味があった。Spinlooというやつがいてポエトリーのセッションがあったんだ。その時俺は15歳くらいでそれに行ったんだけど、ラッパーになるよりもどちらかと言えば歌詞の腕を磨くことを始めた。自分のフィーリングを表現する言葉を知っていたし、言葉そのものより言葉の裏にあるものを大事にしたんだ。そこからもっとラップをするようにしていったよ。でもラップに関してはそこまで気にしていないかな。ほとんどの人は本質的なメッセージを実際もってなくて、ほとんどは金儲けする術は何かということで、俺はそんなことは興味が無いし気にしないよ。俺の音楽は自分の感情についてフィーリングをもっと表現しなきゃならないっていう考えから生まれるんだ。俺たちがトライしているレベルの音楽では特に出会うのは珍しいよ。

Creators' Lounge: Masta Myst

○リリックを書く時間はどれくらいかかるのでしょうか?

全部時と場合だよ。俺のリリックのほとんどは会話から生まれるんだ。もしキャッチーなラインが会話の中で出てきたら、俺はそれを思い出して口ずさんだりする。あと、聞いたことがあることわざを音楽に乗せられるかどうかを考えるよ。だいたいはベストなリリックを書いてきたのはストレスを感じている時だね。ある時は10秒でリリックができる時もあるし、ある時は3、4、5、6時間かかる時もある。6、7ヶ月もリリックは書かない。俺はただ人生を感じ取っているだけなんだ。アイデアは頭の中で一緒に全部出てきて、それからそれを詩にだんだん変えていくよ。

○ビートメイキングについて教えて下さい。

3歳くらいのときに初めてビートボックスをしていて、“Whinnie the Pooh”をやった。 俺のママはヴァイナルをもっていて、当時俺が大好きだったレコードはマドンナ(Madonna)の“Angel”だったことを覚えている。大人になってからはヴァイナルを集めたりサンプリングすることが好きだね。サンプルのチョイスを持ってなかったとしても、サンプリング用mp3は興味ない。曲の中でサンプルとして使う好きなレコードを買いに出かける時間というのは俺にとって凄く重要なものだよ。味わい深さを持たせなきゃならないからHIPHOPをつくっているんだしね。少なくとも俺は味わい深さを持たせたいんだ。サンプルは全部オリジナルな生きたサウンドになっていく。mp3からサンプリングしたこともあるけど、あれはばかばかしいよ。好きじゃないね。音割れるするし良くない。ビートを構築することに関して言うと、実はエンジニアリング関係のテクニックは無いんだ。俺はどちらかというとエンジニアというよりは指揮者、作曲家、編曲家だね。切磋琢磨できる誰かがいるときはいつだって最高のビートをつくる。一緒に作業する人たちはChris Ack、Skid Mickeyという2人。あとはKahnっていうやつと作業するのをずっと待っていて、俺のいとこなんだ。彼もビートをつくるけどまだできていないな。音楽は面白くて俺にとってのすべてだけど、自然に生まれてくる音楽をやっていきたいよ。“これが最高の瞬間だ!”とか“バイブレーションがきた!”って思いたい。自分のバイブレーションを音楽に無理矢理落とし込もうとするのは嫌いなんだ。音楽は金儲けと音楽を独占することでもちきりで、俺はそういう趣旨の音楽はつくれないよ。有名になるためとか人気になるためじゃなくて、俺の音楽は旅をするんだ。利益を得ることに執着してしまうから音楽をプロモーションすることは嫌いなんだ。俺の音楽はプライスレスでお金を生み出そうとすることをぶっつぶすぜ。俺の音楽が好きだったら5ドルくらいでパフォーマンスするし、それに対してお客さんが5ドル払いたい。それがフェアだよね。でも俺はデジタル楽曲をつくって皆にお金を払わせることはしないよ。無料で配るよ。聴いてもらって好きなように使って欲しい。CDを焼いて知っている人に手配りで売ることができるかもしれないけど。自分の曲を世界に広げるというよりは、自分の周りに留めておきたい。俺のいる街でゲットできれば、俺についてきてくれる。それを強制はしないよ。

Creators' Lounge: Masta Myst

俺はこの例えを使うんだ:「人前でマスターベーションする必要なし」。自分たちをプロモーションする人たちによく会うんだ。それがしたいことだったらそりゃいいけどさ、俺はそういう無理強いしたやり方で思い出されたくはないんだ。むしろ俺に惹かれてもらって俺を探してほしい。みんな探すことが好きで、常に無理強いされるのは好きじゃない。捕まえられることより追いかけることの方がいつだって良いよね?あと常にパフォーマンスするっていうことも俺は好きじゃない。俺がパフォーマンスするとしたら、そのことをお客さんが体験するってことで、俺のFacebookのイイネの数がどれだけあるかってことじゃない。俺をフォローしてくれる人を覚えて自分の価値観に基づいて彼らをフォロー・バックするし、あとはもし俺が彼らを好きならこちらからフォローするしね。それは好意のギブ&テイクのようなものさ。本当のファン達をどうつくるかということは、お客さんを受け入れて、彼らがみせてくれるエナジーにレスポンスをすることだよ。多分いつか俺は有名になると思うけど、クソみたいなことはしない。俺は生きて、ビールを飲んで、ハッピーでいたいだけなんだ。死に近い経験を何度かしたことがあって、神の手によって完全無傷で切りのけたんだ。だから俺の人生はすでに安全だと約束されているし、自分がやりたいことをやるよ。良いことをして良い結果を出す必要は無いし、悪いことをして悪い結果を出す必要も無い。俺は正しいことをするだけさ。時々俺がやっていることは間違っているって言う人も中にはいるけど、たとえ俺がやりたくないことだったとしても、俺にとってそれはするべきことだった。俺がやっていることは自分が属するコミュニティの改善になるのかを確認する。中にはそのことで俺を嫌う人もいる。そのコミュニティのために俺はまだ行動する必要があるんだ。俺が知っている世界よりもより良い世界にするために。だから俺は今ここにいるんだ。


Article in English: Monolith Coffeey
Deadbeat Entertainment Co-Founder. iPorta Corp. Senior Production Specialist.

Designer: Anna Yamaguchi
It is quietly there like the plant that buds from the seed.Graphic designer & llustrator who begins to spin the impression gotten from the one to feel the color.

Interviewer, Photographer & Coordinator: Jumpei Komura
鹿児島県出身。トロント在住。Creators’ Lounge Editorのほか、JPC Works名義で映像メディア、「the background」の運営やアーティストMVの制作、PHOTO ZINEの制作等幅広く活動中。

Main Interviewer, Editor & Writer: Takahiro Sasahara
北海道東神楽町出身。トロント在住。Creators’ Lounge Editor/Writerとして国内外アーティストのインタビューなど、音楽関連記事を中心にウェブ・コンテンツを発信中。






Check out our latest update on Facebook

Other Interview Posts

Kimie Tanaka (田中 希美絵) – Interview(JP)

Kimie Tanaka (田中 希美絵) – Interview(JP)

Photo Credit: Tai Liam Kimie Tanaka / 田中 希美絵 http://www.kimietanaka.com/ 愛知県名古屋市生まれ。東京大学経済学部を卒業後、インド、チリ、ニューヨーク、シンガポールを移り住む。ニューヨーク大学大学院映画学科修士課程修了。前作品・短編映画『寿』は2013年のショートショートフィルムフェスティバル&アジア日本映画部門で最優秀賞等を受賞、その後も国内外の映画祭に入選・招待された。一方で、『Luv(sic) Part 6 – Uyama Hiroto Remix featuring Shing02』のミュージックビデオや、CMも手掛けている。今作品『かくれんぼ』は、母の死後、引きこもりの弟の面倒をみるはめになった兄とその弟の兄弟の絆にまつわる短編映画で、2015年のトロント国際映画祭コンペティション他、国内外の映画祭で上映されている。パリ在住。 映画『かくれんぼ』facebook ページ: https://www.facebook.com/HideAndSeekNYUThesisFilm トロント国際映画祭でトロントにいらっしゃっているわけですが、トロントについての印象をお伺いしたいです。 映画祭の会場と宿泊施設の往復をしているだけなので、あまり責任を持って言えないんですけど、安全だし、何でもあるし、英語が通じるし、居心地が良いなっていうのはあります。フランスと比べると、人の感じも違いますね。カナダの人は思っていることを全て口に出して言うことが多いように見えるけれど、フランス人は別に言わなくてもいいと思っている、とか。 Kimieさんの映画のストーリーや登場人物は独特で繊細な印象を受けたのですが、テーマ設定や登場人物はどのように設定されていますか?ご自身が海外で生活していることの影響はありますか? まだ人に見せているものとしては二作しか作っていないし、常にっていう訳ではないんですが、基本的にテーマはその時点で自分の内部に持っている問題ですね。登場人物は外面的には色々なインスピレーションから作り上げるんですけど、その内部と、作品のテーマに関してはその時点で自分自身が興味のあること、ですね。海外の影響の有無は作品によります。今考えている作品のうちの一つはフランスにいる日本人っていう設定で、もちろんそれは、その設定自体がフランスに住んでいるっていう環境だからこそではあるんですけど。ただ、作品のテーマというと、日本で撮る作品でも、日本に住んでいたら気がつかなかったことから生まれてきていることもあると思います。 作品を作る中で苦労したことはなんですか? 作る過程のどの瞬間も、やっているときは「これが一番大変」って思います(笑)。でも、あえて言うなら、脚本、資金集め、演出、この三つですね。脚本に関しては、プロットとしての話はいくらでも作れちゃうんですけど、その話の中に自分の言いたいことが入っているかというのが大事で、つまり簡単に言うとテーマなんですが、それを見つけるまでが大変。資金集めに関しては、今回は半分をクラウドファンディングで集めたんですが、人様が汗水垂らして働いて稼いだお金を一円でもらうっていうのは責任が重いことだし、特に日本ではあまり受け入れられてない考えだから、自分としてもそれを消化するのにも苦心しました。演出に関しては、役者さんも生き物なので、どうやったら自分の欲しいものが撮れるっていう教科書に書いたものがない分、難しいですね。でも、ありがたいことに、今のところ、常に協力してくれる人に恵まれているっていうのもあって、制作過程において、人間関係の面で嫌な思いはしたことは全くないです。ですが、作っているときは人のためではないです。妥協はしたくないし、したとしてもそれを人のせいにすべきでないと思っているので。 映画作りのきっかけと海外に出たことは関係ありますか? 海外に出たのが先ですね。大学卒業間際に、日本の外資銀行に就活していたときに、グループ面接で周りが皆英語ぺらぺらっていう状況だったんです。そのとき、初めは、「私のお父さんも駐在員さんとかだったら今頃私もぺらぺらなのにな~」って思ったんですけど、その時に、私「お父さんが…」とか言ってるけど、私もう自分で行けちゃう歳なんだって気づいて。遅いですけど(笑)。それで、入行前にインドで半年だけインターンしました。そしたら、その会社の縁もあって、入行後一年も経たずに退職して、チリに移り住んだんです。そこで働き始めた会社は、国際色豊かな職場で、日本だとチョコレートが好きだからチョコレート屋さんになるっていう訳にはいかないですけど、私の周りの人は結構高校卒業したら一年間自由にやりたいことをやってそれから初めて大学だの何だの自分の進む道を決めるっていうことを経て来てたんですね。そこで「あ、そうか、やりたいことっていうのは、やっていいんだ」って思って、それが私の場合たまたまチョコレートではなく映画だったんですけど、それを行動に移したというのが始まりですね。 やりたいことを仕事にするっていう考えについてはどう思われますか? 前置きですが、実は今私にとって映画はまだ仕事じゃなくて、だから映画に関係ないことをしてでも、どうにかしてお金稼がなきゃという状況なのですが…だんだんわかってきたことですが、私は商業的な映画には全く興味がないから、映画を撮っていきたいけど、お金を稼げるようにはならないようです。だから、今も、今後も、どうしましょうと思っています(笑)。例えばですが、アイスクリーム屋さんとかやりながら撮れるときに撮る、とか一生やっていくことになるんでしょうかね。撮れるとき、つまり作品を書くときは主に自分の内面的な問題についてなので、私の場合今のところ、初心者だからかもしれませんが、一作品にまだ時間がすごくかかる。二、三年に一本昇華させて、これだっていうふうにようやくなる程度なんです。だからと言ってどうしようもないので、今のところはその答えを見つけようと急いでもないですけどね。撮りたい物を撮って、貧乏生活を続けて、それこそ今考えている長編を撮って区切りがついたら、何かお金を稼げることをしようと思います。 やりたいことを胸の内に秘めてる人へのメッセージはありますか? 何かをやるっていうのは、何かを捨てるっていうことになると思うのね。そうじゃなくていい時と場合もあるけど、それでもそういう覚悟はしないといけないっていうのはまず一つあると思います。だから、やりたいことがあってもそれができないっていうのは、まだ他のことを捨てられていないからだと思う、例えばプライベートとか。とは言っても、プライベートは人それぞれだし、「キャリア面でやりたいことをやる=幸せになる」っていう単純なことではないと思っています。全体として何を重きにするかは人によると思うし、私は言わば『幸せ』になりたくて、プライベートとかも犠牲にしていく覚悟で映画を撮って今のところ生き始めたんですけど、それができるのは、今はたまたま私は自分以外には責任のない立場にいるから。だから私みたいなのが、色々事情のある立場の人に、簡単に、全部捨てて頑張れなんて言えないと思うんです。 でも、そういう面もありつつ、もう一方で、できないっていうのは全部頭の中にあるだけで、実は元々できないっていうことでもないと思います。まだチリに住んでいて、映画へと方向転換しようかと悶々としていたときに、誰かに聞いたことなんですけど、チリのその時の70、80歳くらいのすごくお金持ちの人が同じようなことを聞かれて、”I wish, -when I was still 50 or 60, I didn’t think I was too old to do anything.”と答えていたんです。お金持ちになっていることは数ある指標の一つに過ぎないのですが、70や80になって、すごく『成功』していた彼でも、50、60代の時にもっとやれることをやっとけば良かった、と思っている。何歳でも思った事を何でも始めるべきだ、ということなんですけど、私はそれを聞いて、そうかーと思いましたね。私自身、最近になってさらにはっきりしてきたことですが、20代、30代っていうのは、もうほんとにまだなんでもできると思います。 最後に将来の展望を聞かせて下さい。 長編を撮りたいっていうのはありますね。賞とかに入ったら次に繋がるのでいいなとは思うんですが、基本的には、そんなの関係なく、自分が納得できる物を撮りたいです。実は今、今回映画祭に出品した『かくれんぼ』の長編版を撮りたいと思っています。後は、今住んでいるフランスでちゃんと資金を集めて撮ったことがまだないから、ある意味チャレンジで、今考えている長編と短編の企画をフランスでも完成できたらいいなと思っています。この二、三年の中ではこのくらいですね。 […]

Kenichi Ebina – Interview

Kenichi Ebina – Interview

About Kenichi Kenichi Ebina is a solo self-taught dance performer, started out dancing Freestyle HipHop and expanding his style to Poppin’, Lockin’, Mime, House, Jazz, Contemporary and Ethnic dance. Kenichi’s unique dance show with illusion effects of sound, light and visual entertains a lot of people who are not even interested in performing arts. In […]

YOSHIHIKO FUEKI – Taiko

YOSHIHIKO FUEKI – Taiko

Yoshihiko Fueki, Wadaiko player. Yoshihiko started playing Wadaiko since he was fifteen years old. He involved establishing the professional Wadaiko group “dakannjin” in 2001. He had been performing all over Japan as a leader of the group. Since 2006, Yoshihiko is fronting his own live performances, collaborate with many famous musicians. Yoshihiko has called upon […]

KOJI YAMAGUCHI – Tsugaru Shamisen

KOJI YAMAGUCHI – Tsugaru Shamisen

Koji Yamaguchi, Tsugaru Shamisen player. From an early age Koji has studied the stringed instrument, Sanshin, also Taiko and traditional Minyo folk songs. He has collaborated with many famous musicians, like Yoshida Brothers, also a member of the shamisen group, HAYATE produced by Kenichi Yoshida. He is fronting his own live performances, supplied music for […]