Kenichi Ebina – Interview

Posted in Interview

Kenichi_Ebina-banner

About Kenichi
Kenichi Ebina is a solo self-taught dance performer, started out dancing Freestyle HipHop and expanding his style to Poppin’, Lockin’, Mime, House, Jazz, Contemporary and Ethnic dance. Kenichi’s unique dance show with illusion effects of sound, light and visual entertains a lot of people who are not even interested in performing arts.
In 2001, Kenichi founded a dance group with all Japanese dancers, BiTriP.
BiTriP won 1st place in the grand championship of “Amateur Night” at the world famous Apollo Theater in 2001. In 2007, Kenichi appeared on dance contest in “Showtime at the Apollo” as a solo performer and became the grand champion of the 2007 season after winning 7 times. Kenichi is the only two-time grand champion in Apollo theater history.

Kenichi was invited as a speaker (performer) at TED Talks 2007. (TED is annual conference where thousands of celebrities attend to listen and watch 50 presenters such as former US president, Nobel prize winners, presidents of large corporations, prominent inventers, artists, etc.)

• How did your dance and performance all begin after having gone to the U.S?

I originally moved to the U.S to study English. I went to a language school attached to a university, and one day I joined their dance party. One time, they made a circle and many of them were showing off in turns. I was just watching them, but there was an atmosphere that people were looking at me as if my turn, so I had to dance. I’d remembered a few steps that my friend taught me back in high school, so I did those steps and everyone got excited by my dance. However, the truth was that they just laughed at me. I’d heard so after that party. (laughter) Then I found the joy of dancing and so I started learning it from videos.

•Had you originally planned to be a professional dancer from the beginning?

Not really, it was my hobby back then. My plan for staying in the U.S was just one year to study English, but I liked living there and so entered a university. During my university life, I’d been dancing by myself, but I’d gradually got company and it has eventually became like a club activity. Everyone in my university recognized me as a guy dancing all the time. In my senior year, I worked as an intern at a dance company, and I taught children dancing as an assistant. Other than that, I started performance outside university, and I had a part time job at two dance schools. I didn’t do job hunting in particular. After graduating from university, I moved to New York and started having auditions. It was quite smooth and natural to start my career as a professional.

•It was highly competitive, wasn’t it?

Actually, it wasn’t so hard. It of course would have been so, if I wanted to make my career as a pure “dancer”, but I stopped making a living as a “dancer” at some point. I’ve shifted my style to a “performer” based on dance. Honestly my dance technique is not so high. However, artistic direction and how I put different material together in my performances were different from other dance performances back then. Luckily, I had very few competitors and general public / people had just started to demand that kind of performance. If you like dancing, you’d enjoy to see performance even it is “just” dancing. But I always keep in mind to make my performance be enjoyable for general people by combining dance and other things.

•Have you ever had failures by going through your trackless path?

Not really. I haven’t had real difficulties, nor made big efforts, I’ve just been enjoying performing and eventually I’ve found my performance style. Well, of course I naturally have had a lot of tiny failures and efforts, but that’s same to everyone, right? My philosophy is that you don’t need to have failures and make effort to achieve something if you don’t have to. As I told, I’ve never had a huge failure that’d make me think to quit dancing. Honestly I don’t really think to be perfect. Americans say I’m sensitive and strict about what I do, but actually I’m pretty easy going and rough. That’s because it’d be very stressful if I pursue perfection or think deeply about what I do or my performance. Working on something too seriously would make me tired. Anyways, I make a living with this mindset. But when I listen to stories of others, I feel I’m really lucky guy though.

Kenichi_Ebina

•Your well-directed performance that has stories is really interesting. How do you produce it?

Well, I’d written down and collected good material/ideas from other performances, TV programs, movies, dreams, animals, nature, anything. I’ve looked back my notes later and imagined my performance. But I often lose my notes (laughter), and so I lately try to store ideas in my brain other than taking a note. Anyhow I deeply think about my performance like “it’d look like so if I make material be so” or “it’d be interesting if I make a story based on this idea”. I don’t make efforts to improve my skill, but at least I do think a lot.

•Do you have any messages for people who follow your footsteps, or those who aim to be active worldwide?

That totally depends on each person and everyone has their own opinion, so I wouldn’t say anything. Some people grow by making tons of efforts while struggling, on the other hand, others like me calculate how they can make it without effort. I really appreciate that some young people respect me and want to be a performer like me, but the thing is, they should find their own way and make sure if that way is appropriate for themselves. Speaking of me, I can do anything pretty well soon at certain level when I try something, but can’t be No.1 or top level. I’m more like All-grade B type, but can’t get A. I prefer multitasking and doing variety of things rather than focusing on just one thing. I realized it as a university student, so I was lucky having been able to experience many things back then. Also, I’ve made my own style because I didn’t take lessons yet self-taught. If I’d taken dance lessons, I’d think following choreography as perfect as possible; that is a different thinking way from mine. Therefore I’m satisfied with my own style. Some people like following directions exactly and make efforts to do so, and then they eventually improve their techniques. It’s not like which is right or wrong. That depends on the person which way is your way, and so the key is to look at yourself objectively to find out it.

•Tell us your vision of the future.
I’m based in Japan for now. No one can tell the future, can we? I do what I want to do every moment. Actually I hadn’t expected to come back to Japan before. (laughter) I have what I want to do in Japan or overseas, but I can’t manage all of them at the same time, so I’m doing what I can do for now.

蛯名健一(EBIKEN)
1994年に留学の為渡米し、大学在学中に趣味としてHip-Hopダンスを始め、様々なジャンルのダンスを独学で学ぶ。一般の観客に楽しんでもらえるよう、イリュージョン効果のある効果音や手品、映像など色々な要素とアイデアをユニークな演出で組み込み、独自のエンターテイメントスタイルを築き、 ニューヨークを基盤に多方面で認められる。ダンスや舞台芸能に興味のない人にも老若男女国籍問わず楽しまれている。
アメリカ・カリフォルニアで毎年行われる、元アメリカ大統領や、ノーベル賞受賞者、大企業の社長や著名科学者、芸能人など50人の登壇者がプレゼンテーションをする権威ある会議イベント、TED Conference で2007年に日本人として初めて登壇者として招かれパフォーマンスを披露した。

現在 EBIKENはパフォーマーとしては主にソロで世界数十カ国でイベントやTVでの出演、公演を行っているが、様々なダンスやシアターカンパニー、またプロジェクトにおいて演出も手掛けてきている。

•94年に渡米し、そこからダンスやパフォーマンスを始めるきっかけはなんだったのでしょうか?

もともとは英語留学で渡米しました。そこは大学付属の語学学校で、その大学のイベントでダンスパーティーがあったので参加してみたんですね。ある時、円ができて一人づつ楽しく踊っていて、最初は見ていただけだったのですが、いつの間にか自分の番みたいになって踊らなくちゃいけなくなったんです。実は高校時代に少しだけダンスをかじっていて友達から教わったステップを覚えていたんで、それをやったら盛り上がったんですよね。これはあとから聞いた話ですけど、実際は笑われてたみたいで(笑)。でもそこからダンスが楽しくなってビデオとか見ながらダンスを始めました。

•ダンスやパフォーマンスを始めた当初からプロを目指していたのですか?

そうでもなくて、最初はただの趣味としてスタートしました。もともとはアメリカ滞在も語学学校の一年の予定だったのですが、楽しくてそのまま残りたいと思って大学に進学しました。大学在学中、最初は一人でダンスをやっていたんですけど、一緒にやろうって仲間が少しずつ増えていってサークルみたいになりましたね。なので、大学中で僕といったらダンスする奴みたいな目で見られてました。大学4年の時にダンスカンパニーにインターンで入って、サマーキャンプで子供達にダンスを教えるっていう機会があって、アシスタントもやったりしていましたね。それ以外では学外でパフォーマンスを始めたり、2つくらいのダンススタジオでバイトしていました。就職活動は特にやっていなくて、卒業後はニューヨークに引っ越して、それからオーディションなんかも受けたり、すんなりと言うのも変ですけど、わりと自然な流れがおおきかったですね。

•とはいえ、そういう流れのなかで動いていって、レベルの高い競争で大変だったのでは?

そうでもなくて、もちろんピュアなダンサーとしてやっていくのはとても競争が激しいので、僕は「ダンサー」として食って行くというのは途中で止めました。ダンサーというより、「パフォーマー」でいこうという感じですね。正直、技術はそんなに高くないんですよ。でも当時周りのダンサーたちがやっていたショーとは演出面で大分違う、というか異端な感じのパフォーマンスをしてたと思います。そういう部分で一般の人達の間で需要が出来てきた、という感じですかね。ダンスだけ見ていても、ダンス好きな人にはいいんですけど、いろんなものを組み合わせて、一般の人により楽しんでもらうにはどうしたらいいのかという事を念頭においてやっていますね。

•道なき道を進む上で失敗や挫折もあったのではないでしょうか?

とくにそういうのはないですね。苦労も努力もしたことないので、楽しみながらやっていたら今の形になった、という感じですね。よく苦労しろとか言いますが、別に苦労はしなくて良ければそれでいいと思っています。確かに苦労も失敗も細かい部分では多々あるんですけど、それって誰にでもあることなので。もう辞めたいとか、もうダメだみたいな壁とか挫折はないですね。そもそもあんまり完璧にしなきゃっていう気持ちがないんですね。アメリカ人からするとこんな僕でも日本人的な所があって繊細というか細かくやっているように見えるらしいですが、実際は結構粗いんです。なぜかというと、あまり追求したり深く考えたらストレスになっちゃいそうで。あまりにストイックにやるとしんどくなるというか。それで今の生活が出来ているわけですし、逆に色々な人の話を聞くと僕は本当にラッキーな方だと思いますね。

America's Got Talent, Oct. 11, 2013 at the Orpheum Theatre in Memphis, TN.

America’s Got Talent, Oct. 11, 2013 at the Orpheum Theatre in Memphis, TN.

•蛯名さんのパフォーマンスはストーリー展開や演出も魅力の一つだと思いますが、どのようにして作りあげているのでしょうか?

他のパフォーマーさんを見たり、テレビや映画、夢、動物、自然、とかありとあらゆるところからネタとして使えそうだなと思ったものをノートにメモしていました。それをあとで見返したときにイメージして作る感じですかね。でも書いたノートとかすぐに失くしちゃうんで(笑)。最近はメモも取っているんですけど、頭に入れるようにしてますね。これをこういう風にしたらこう見えるのかな、このネタをこういうストーリーにして作っていったら面白いんだろうなとか、とにかくよく考えていますね。技術を上げる為の努力も苦労もしていないですけど、考える事はよくやります。

•蛯名さんの背中を見ている方や、世界を目指す方々に何かメッセージがあればお願いします。

これは人によって違うので、100人いたら100通りの考え方があるので何とも言えないですね。人によっては嫌々でも努力して成長する人もいれば、僕みたいに努力せずに成功するにはどうしたらいいのか、というずる賢い生き方をしている人もいる。僕のようになりたいって思ってくれる若い人たちがいることはとてもありがたいんですけど、自分に合ったやり方を如何に見極められるかというのが大事だと思います。僕はいろんなものがある程度できるタイプで、オール4みたいな感じ。一つのものを極めるってよりは、マルチとかバラエティってのが好きなんです。それに気付いたのが大学時代だったので、あのときに色々経験ができてよかったと思っています。あとはレッスンを受けないで独学で始めたから今のスタイルができているんだと思いますね。レッスンでは、振り付けがあって、それを先生の理想に合わせ正確にこなしていくっていう方向の考え方になって行きがちと思うので、思考回路が違ってくると思うんです。なので、僕は僕のやり方が合っていて満足していますけど、人によっては指示を受けて正確にやることが合っている人もいると思うので、そういう方向で技術を上げる努力をしていけばいいと思いますね。人それぞれなので、とにかく自分に合っているかどうか、自分を客観視できるかどうか、が重要だと思いますね。

•最後になりますが、今後の展望を教えてください

とりあえず今は日本をベースに活動していきますが、人生明日どうなるのかわからないので何とも言えないですね。そのときそのときでやりたい事をやっていくだけですね。そもそも日本に帰ってくる予定なんてなかったので(笑)。でも日本なら日本で、海外なら海外でやりたい事があるのですが、全部っていうのは一つの身体じゃ無理なので、今出来る事をやるだけですね。

Main Interviewer & Writer: Jumpei Komura
エディター&ライター。洋書マガジン専門店Rabbit Books店主。

Translaor: Minami
長崎県出身。駆け出しの翻訳家、ライターとして活動中。

Designer: Anna Yamaguchi
It is quietly there like the plant that buds from the seed.Graphic designer & llustrator who begins to spin the impression gotten from the one to feel the color.

Kenichi_Ebina



Check out our latest update on Facebook

Other Interview Posts

Kimie Tanaka (田中 希美絵) – Interview(JP)

Kimie Tanaka (田中 希美絵) – Interview(JP)

Photo Credit: Tai Liam Kimie Tanaka / 田中 希美絵 http://www.kimietanaka.com/ 愛知県名古屋市生まれ。東京大学経済学部を卒業後、インド、チリ、ニューヨーク、シンガポールを移り住む。ニューヨーク大学大学院映画学科修士課程修了。前作品・短編映画『寿』は2013年のショートショートフィルムフェスティバル&アジア日本映画部門で最優秀賞等を受賞、その後も国内外の映画祭に入選・招待された。一方で、『Luv(sic) Part 6 – Uyama Hiroto Remix featuring Shing02』のミュージックビデオや、CMも手掛けている。今作品『かくれんぼ』は、母の死後、引きこもりの弟の面倒をみるはめになった兄とその弟の兄弟の絆にまつわる短編映画で、2015年のトロント国際映画祭コンペティション他、国内外の映画祭で上映されている。パリ在住。 映画『かくれんぼ』facebook ページ: https://www.facebook.com/HideAndSeekNYUThesisFilm トロント国際映画祭でトロントにいらっしゃっているわけですが、トロントについての印象をお伺いしたいです。 映画祭の会場と宿泊施設の往復をしているだけなので、あまり責任を持って言えないんですけど、安全だし、何でもあるし、英語が通じるし、居心地が良いなっていうのはあります。フランスと比べると、人の感じも違いますね。カナダの人は思っていることを全て口に出して言うことが多いように見えるけれど、フランス人は別に言わなくてもいいと思っている、とか。 Kimieさんの映画のストーリーや登場人物は独特で繊細な印象を受けたのですが、テーマ設定や登場人物はどのように設定されていますか?ご自身が海外で生活していることの影響はありますか? まだ人に見せているものとしては二作しか作っていないし、常にっていう訳ではないんですが、基本的にテーマはその時点で自分の内部に持っている問題ですね。登場人物は外面的には色々なインスピレーションから作り上げるんですけど、その内部と、作品のテーマに関してはその時点で自分自身が興味のあること、ですね。海外の影響の有無は作品によります。今考えている作品のうちの一つはフランスにいる日本人っていう設定で、もちろんそれは、その設定自体がフランスに住んでいるっていう環境だからこそではあるんですけど。ただ、作品のテーマというと、日本で撮る作品でも、日本に住んでいたら気がつかなかったことから生まれてきていることもあると思います。 作品を作る中で苦労したことはなんですか? 作る過程のどの瞬間も、やっているときは「これが一番大変」って思います(笑)。でも、あえて言うなら、脚本、資金集め、演出、この三つですね。脚本に関しては、プロットとしての話はいくらでも作れちゃうんですけど、その話の中に自分の言いたいことが入っているかというのが大事で、つまり簡単に言うとテーマなんですが、それを見つけるまでが大変。資金集めに関しては、今回は半分をクラウドファンディングで集めたんですが、人様が汗水垂らして働いて稼いだお金を一円でもらうっていうのは責任が重いことだし、特に日本ではあまり受け入れられてない考えだから、自分としてもそれを消化するのにも苦心しました。演出に関しては、役者さんも生き物なので、どうやったら自分の欲しいものが撮れるっていう教科書に書いたものがない分、難しいですね。でも、ありがたいことに、今のところ、常に協力してくれる人に恵まれているっていうのもあって、制作過程において、人間関係の面で嫌な思いはしたことは全くないです。ですが、作っているときは人のためではないです。妥協はしたくないし、したとしてもそれを人のせいにすべきでないと思っているので。 映画作りのきっかけと海外に出たことは関係ありますか? 海外に出たのが先ですね。大学卒業間際に、日本の外資銀行に就活していたときに、グループ面接で周りが皆英語ぺらぺらっていう状況だったんです。そのとき、初めは、「私のお父さんも駐在員さんとかだったら今頃私もぺらぺらなのにな~」って思ったんですけど、その時に、私「お父さんが…」とか言ってるけど、私もう自分で行けちゃう歳なんだって気づいて。遅いですけど(笑)。それで、入行前にインドで半年だけインターンしました。そしたら、その会社の縁もあって、入行後一年も経たずに退職して、チリに移り住んだんです。そこで働き始めた会社は、国際色豊かな職場で、日本だとチョコレートが好きだからチョコレート屋さんになるっていう訳にはいかないですけど、私の周りの人は結構高校卒業したら一年間自由にやりたいことをやってそれから初めて大学だの何だの自分の進む道を決めるっていうことを経て来てたんですね。そこで「あ、そうか、やりたいことっていうのは、やっていいんだ」って思って、それが私の場合たまたまチョコレートではなく映画だったんですけど、それを行動に移したというのが始まりですね。 やりたいことを仕事にするっていう考えについてはどう思われますか? 前置きですが、実は今私にとって映画はまだ仕事じゃなくて、だから映画に関係ないことをしてでも、どうにかしてお金稼がなきゃという状況なのですが…だんだんわかってきたことですが、私は商業的な映画には全く興味がないから、映画を撮っていきたいけど、お金を稼げるようにはならないようです。だから、今も、今後も、どうしましょうと思っています(笑)。例えばですが、アイスクリーム屋さんとかやりながら撮れるときに撮る、とか一生やっていくことになるんでしょうかね。撮れるとき、つまり作品を書くときは主に自分の内面的な問題についてなので、私の場合今のところ、初心者だからかもしれませんが、一作品にまだ時間がすごくかかる。二、三年に一本昇華させて、これだっていうふうにようやくなる程度なんです。だからと言ってどうしようもないので、今のところはその答えを見つけようと急いでもないですけどね。撮りたい物を撮って、貧乏生活を続けて、それこそ今考えている長編を撮って区切りがついたら、何かお金を稼げることをしようと思います。 やりたいことを胸の内に秘めてる人へのメッセージはありますか? 何かをやるっていうのは、何かを捨てるっていうことになると思うのね。そうじゃなくていい時と場合もあるけど、それでもそういう覚悟はしないといけないっていうのはまず一つあると思います。だから、やりたいことがあってもそれができないっていうのは、まだ他のことを捨てられていないからだと思う、例えばプライベートとか。とは言っても、プライベートは人それぞれだし、「キャリア面でやりたいことをやる=幸せになる」っていう単純なことではないと思っています。全体として何を重きにするかは人によると思うし、私は言わば『幸せ』になりたくて、プライベートとかも犠牲にしていく覚悟で映画を撮って今のところ生き始めたんですけど、それができるのは、今はたまたま私は自分以外には責任のない立場にいるから。だから私みたいなのが、色々事情のある立場の人に、簡単に、全部捨てて頑張れなんて言えないと思うんです。 でも、そういう面もありつつ、もう一方で、できないっていうのは全部頭の中にあるだけで、実は元々できないっていうことでもないと思います。まだチリに住んでいて、映画へと方向転換しようかと悶々としていたときに、誰かに聞いたことなんですけど、チリのその時の70、80歳くらいのすごくお金持ちの人が同じようなことを聞かれて、”I wish, -when I was still 50 or 60, I didn’t think I was too old to do anything.”と答えていたんです。お金持ちになっていることは数ある指標の一つに過ぎないのですが、70や80になって、すごく『成功』していた彼でも、50、60代の時にもっとやれることをやっとけば良かった、と思っている。何歳でも思った事を何でも始めるべきだ、ということなんですけど、私はそれを聞いて、そうかーと思いましたね。私自身、最近になってさらにはっきりしてきたことですが、20代、30代っていうのは、もうほんとにまだなんでもできると思います。 最後に将来の展望を聞かせて下さい。 長編を撮りたいっていうのはありますね。賞とかに入ったら次に繋がるのでいいなとは思うんですが、基本的には、そんなの関係なく、自分が納得できる物を撮りたいです。実は今、今回映画祭に出品した『かくれんぼ』の長編版を撮りたいと思っています。後は、今住んでいるフランスでちゃんと資金を集めて撮ったことがまだないから、ある意味チャレンジで、今考えている長編と短編の企画をフランスでも完成できたらいいなと思っています。この二、三年の中ではこのくらいですね。 […]

YOSHIHIKO FUEKI – Taiko

YOSHIHIKO FUEKI – Taiko

Yoshihiko Fueki, Wadaiko player. Yoshihiko started playing Wadaiko since he was fifteen years old. He involved establishing the professional Wadaiko group “dakannjin” in 2001. He had been performing all over Japan as a leader of the group. Since 2006, Yoshihiko is fronting his own live performances, collaborate with many famous musicians. Yoshihiko has called upon […]

KOJI YAMAGUCHI – Tsugaru Shamisen

KOJI YAMAGUCHI – Tsugaru Shamisen

Koji Yamaguchi, Tsugaru Shamisen player. From an early age Koji has studied the stringed instrument, Sanshin, also Taiko and traditional Minyo folk songs. He has collaborated with many famous musicians, like Yoshida Brothers, also a member of the shamisen group, HAYATE produced by Kenichi Yoshida. He is fronting his own live performances, supplied music for […]

MUJI Canada Limited CEO Mr.Tsunoda

MUJI Canada Limited CEO Mr.Tsunoda

Toru Tsunoda (MUJI Canada Limited CEO) 昨年11月に華々しくオープンし今なお脚光を浴び続けるMUJI Atrium。その舵を取るMUJI Canada Limited 角田社長にCreators Loungeが独占インタビュー。MUJI商品との出会いからこれまでの歩み、また家族や愛用しているアイテムなどプライベートな話までたっぷりと伺ってきました。 Toru Tsunoda (MUJI Canada Limited CEO) He had started his career at MUJI as a part-time worker. In 1996, he became a store supervisor as a contract employee. He was confirmed to be a permanent staff in 1997, and then he had taken […]