HESK aka 6MAKA6 (Beatmaker)

Posted in Interview




HESK aka 6MAKA6

artistphoto_HESK
Soundcloud: HESK / 6MAKA6
Twitter: 6MAKA6

6MAKA6, Steven H.’s newest club oriented project, marks a milestone in the artist’s creative development. Playing a key role in the diffusion of footwork and alternative club music in Montreal, Hesk has produced critically acclaimed releases on Chrissy Murderbot’s Loose Squares label and Nervous Records’ Strapped sub-label, alongside collaborations with DJ Earl, Boylan, sirr TMO, and Nadus. Widely recognized for the “Take It Slow” series blending footwork tracks at slower tempos, HESK’s 6MAKA6 moniker reimagines the spirit of footwork in raw, club-ready tracks.

HESKのクラブミュージック・プロジェクト6MAKA6は、彼のアーティスト活動の中でも重要な一面を担う。モントリオールにおけるフットワークやオルタナティヴ・クラブミュージックの普及において重要な役割を果たし、DJ Earl, Boylan, sirr TMO, NadusとともにChrissy Murderbotの Loose Squares label やNervous RecordsのStrapped sub-labelから批評的に高い評価を得た作品をリリース。スローテンポのフットワーク系トラック“Take It Show”シリーズで広く知られ、HESKの6MAKA6名義はフットワークのスピリットを想起させる。

– Can you tell me about your work?

Sure. So, I’ve been producing as HESK for the last couple of years, about three – maybe four -years now. I took on the alias 6MAKA6 within the last year. It’s basically like a lot of slower, more club oriented music that I started to make.

– Why did you become a DJ/beatmaker?

So, I first started making beats when I was fifteen/sixteen, and my lil’ brother wanted to be a rapper. I used to play drums so I was like, “You know what, maybe I can make a beat somewhat. ‘Cause I can drum a hip-hop beat, maybe I can just make a hip-hop beat on the computer. I don’t know how hard it is, we’ll see.” So I downloaded an illegal copy – no – a demo version of fruity loops. And I made some really really bad beats.But then when I was sixteen I was working in a restaurant as a dishwasher and one of my older coworkers had an MPC and he used to make hip-hop beats. It was the two thousand. Not the XL, just he normal two thousand. And it was so broken, some pads you had to press really hard or one soft, some didn’t even work, the screen was broken, it was great. So he really showed me how to make a beat, how to sample a record and, you know, I never really, really learned properly how to make music. That slowly came over time and like, it really started there on the MPC chopping up records and making hip-hop beats. I think that when I did my footwork stuff, I took a whole bunch of my old beats that I made, I had some hip hop beats and I re-made ‘em and remixed my own songs into footwork tracks. So all the earlier ones they were all always hip-hop tracks made into footwork tracks. Even now when I’m doing things with the dance project I don’t really use Cents, i’m not good at it. So I tend to stay away from it just because of that, stick to what i’m comfortable with, which is still really, you know – i’m still a drummer at heart. And really just using samples and very drum based stuff

– Are you influenced by Toronto when you make music?

Somewhat and somewhat not. I feel I’m influenced by Toronto in a way that I see certain music not really being played here, so I want to fill that gap. Like, I know that some people here are supporting music like Footwork or Juke or Jersey or Baltimore Club but it doesn’t really get that attention. And I’ve been thinking about the idea of starting a weekly or monthly club night to really expose that music to people. But I haven’t gotten around to that. That’s the same thing I did in Montreal. People don’t know what it is, but we get them to like it. So it’s a bit of a weird influence I guess, but yes it does, it influences me – or motivates me I guess is a better word in that way.

– What is the point of being HESK and 6MAKA6?

I released some other stuff as HESK but HESK was mainly my footwork alias, doing faster beats. I also did a lot of remixes as HESK. And 6MAKA6 was supposed to be my more club oriented, slower, very drum based sound. The Wale – Lotus Flower Bomb remix was quite popular. And really, with 6MAKA6, I really want to focus on original tracks. In Clap Bakk I used a vocal sample from Robbie Tronco’s “Walk For Me” and that’s almost an exception. I want to stay away from samples as much as possible and have more original music coming out of that name.

– Why do you like Chicago and the Juke and Footwork scene?

Yeah, so I first got into Juke and Footwork cause a girl on facebook posted a footwork battle video, and messaged me after the interview cause I can find the original video. So I saw that video and was like what is going on? The music, the dance, just instantly – “What is this?” This is crazy, this is super cool. I told my friend, like there’s this music it’s called Juke and Footwork, it’s like Dubstep but it’s faster like Jungle, it has more bass. It’s super raw. Both of us were like – this is the craziest thing we had heard in years. DJ Rashad was booked in Montreal and I was doing a blog at the time on Montreal Dubstep and I was like, he’s doing Footwork Juke, he’s that guy I gotta meet, ya know? So I had an interview with him – actually, I conducted the interview, and the interview went very strange cause we were very drunk. But I played DJ Rashad one of my songs and he was like “That’s that shit. THAT’S THAT SHIT I’M TALKIN’ ABOUT”. And to me that was just like wow, like you know who am I, I just made this song and this guy who is so big in Juke and Footwork is telling me this like, it was just so much motivation for me. I just don’t know. I think I still would have done music had he not said, but I don’t think I would have pushed myself or seen the potential in myself to go as far as I have since then. I really took it a lot more serious then, I was like, alright, maybe I had better beats than I thought I did. So yeah that was a very inspiring moment.

– As HESK who sampled Jay-z and Three 6 Mafia etc, are you influenced by hip-hop?

Yes, I started on the MPC. My first Footwork beats were remixes of my older hip-hop beats. Paveun and I re-mixed some J Dilla even – the way that they chop samples is amazing. The way that they can change the meanings of words and stuff like that. Really incredible, little things too, ya know? Like, J Dilla, the way that he reversed beats and stuff like that, I try to incorporate that into some of my stuff. Ya know, flip some Jay-Z stuff for sure. I listened to a lot of Jay-Z growing up. It was like listening to Metal or Jay-Z, or all hip-hop in general. Hip-hop was a main influence I think, and even now i’m producing some stuff for this rapper called Lysick.

– How do you feel about Japanese Juke/Footwork scenes?

Japan there is actually a very good Footwork scene. And they have a Footwork event or two called Battle Train which is super cool, they actually battle. And there’s Weezy who is with now who is a footwork crew there, andI was in touch with some guys there like kizaam who put out this big chart of all these Footwork people. And some other guys from Booty Tune and D.J.APRIL and D.J.Fulltono and they have just always been supporting us since day one. I think before people from Chicago really knew what we were doing they already knew. And always buying the releases and stuff like that. They’re just the nicest guys in the world.

– Would you like to DJ in Japan?

Oh absolutely. Yeah that’d be amazing, for sure. I would love to go there. That is like a life long dream.

– Last question, what are your future plans?

I really want to make some quality music and hopefully have some good releases coming out. I really want to work together with some people in the footwork scene. I had a collab with Boylan and Dj Earl, and I need to do another one with Sirr Tmo. and Paveun… I always wanted to do an LP with all of them because they are so cool.

DSC_0014 copy




– 活動内容を教えてください。

3、4年前からHESK名義でプロデュースをやっているよ。昨年から6MAKA6名義で基本的に遅めのビートでクラブミュージックよりの制作を始めたよ。

– DJ/ビートメイキングを始めたきっかけは?

僕が15、6歳の時、弟がラッパーになりたがっていたんだ。僕は当時ドラムをやっていてヒップホップのビートを叩く事ができたから、ビートが作れるんじゃないかと思ってPCでヒップホップのビートを作ったんだ。最初は作り方がわからなかったから、fruity loopsのデモバージョンをダウンロードして作ったけど、全然ダメなビートだったよ。16歳でレストランの皿洗いとして働いていた時に、ある先輩がMPCでヒップホップのビートを作っていたんだ。XLじゃなくてノーマルのMPC2000。でもそれが本当にひどくて、いくつかのパッドは固かったり柔らかかったり、動かなかったり、スクリーンは壊れていたね。最高だったよ。でも彼が僕にビートの作り方を教えてくれたんだ。レコードのサンプリングからとにかく全てを教えてもらった。それからヒップホップのビートを本格的に作り始めたね。その頃に作ったヒップホップのビートはフットワークの作品にリミックスしているよ。全てのフットワークがヒップホップの要素を取り入れているよ。今でも、ダンスプロジェクトを持っているけど、セントは使わない。得意じゃないし、スティックが本当に心地良いからそれから離れていっている。僕の気持ちはドラマーなんだ。だから、サンプルとドラムベースの素材で制作ているよ。

– モントリオールからトロントに移ってから音楽の変化はありましたか?

半々くらいかな。ここではある音楽が実際プレイされていないことを知っているっていう部分でトロントに影響されてるかな。だからそのギャップを埋めたいと思っている。僕はトロントでフットワークやジュークやジェラシーやボルチモアのクラブをサポートしている人を何人か知っているよ。でもそれはまだ注目されてないね。ウィークリーやマンスリーのクラブイベントで音楽をどう人に伝えるかのアイデアを考えているよ。でもまだ答えは得られていないね。同じ事がモントリオールでも言えるよ。他の人たちはそれがどんな音楽かってことを知らないけれど、俺はもっとその音楽を好きにさせたい。これはちょっと変な影響かもしれないけれど、影響を受けているね。もしくはモチベーションになっているって言った方が合っているのかも。

– HESKと6MAKA6の違いについて教えてください。

HESK名義でいくつかリリースしているけど、それは主にフットワークのジャンルだね。速いビート。いろんなリミックスもHESKでやっているよ。The Waleの“Loutus Flower Bomb”のリミックスは特に人気だね。6MAKA6ではよりクラブミュージック系で、遅いドラムンベースだね。それと6MAKA6は本当にオリジナルのトラックにフォーカスしているよ。“Clap Bakk”はヴォーカルのサンプルをRobbie Tronco の‘Walk 4 Me’にしたけど、ほとんど例外な事だね。僕はサンプルから可能な限り離れたいし、よりオリジナルのトラックを追求したいね。

– シカゴ発のジューク/フットワークを好きになったきっかけは何ですか?

最初にフェイスブックでジュークフットワークのバトルの映像を見たんだ。それが衝撃的でその後のインタビューでオリジナルのビデオを見つけたんだ。それを見たときに何だコレは?このダンスミュージックは何なんだ!?って思った。クレイジーでぶっ飛んでたね。友達に話してこれはジュークフットワークって言うジャンルだと教えてもらった。ダブステップよりも速くてジャングルみたいで、ベースもより効いている。新鮮でその年から虜になったよ。それから僕はモントリオールのダブステップシーンについてブログを書いていたんだ。そのとき、シカゴからジューク/フットワークシーンを牽引していたDJ Rashadがモントリオールに来たんだ。それで彼に会いたいと思ってインタビューしんだけどもう全然ダメだったね。だってかなり酒を飲んでいたからね。でもそのとき僕が作った彼の曲のリミックスをプレイしたら、「ヤバいじゃん!」って言ってくれて、それが僕にとってモチベーションになっているよ。それはとても感動的な瞬間だったね。

– HESK名義での楽曲にはJay-ZやThree 6 Mafiaなどをサンプリングしていますが、ヒップホップにどんな影響を受けましたか?

僕はMPCで制作をスタートしたんだ。最初のフットワークビーツは僕の古いヒップホップのビートをリミックスしたもの。Paveunと僕でJ Dillaをリミックスしたんだけど、彼のチョップサンプルがヤバいね。その方法はサンプリングの意味を変えたんだ。とても細かい事だけどね。J Dillaのリバースビートはヤバくて、僕もそれは参考にし続けているよ。Jay-Zのネタもそう。僕はJay-Zの曲をたくさん聴いて育ったんだ。メタルかJay-Z、もしくは全世代のヒップホップね。ヒップホップは僕に大きな影響を与えた事は間違いないね。それに今僕はLysickという若いラッパーのプロデュースもしているよ。

– 日本のジューク/フットワークシーンについてどう思いますか?

日本のフットワークシーンはヤバいよ。Battle Trainって呼ばれる超クールなバトルがあるんだ。Weezyっていうビートメイカーとか、フットワーク界隈を賑わせているKizaamだったり何人か連絡をとっているよ。それとBooty Tuneっていうレーベルには、D.J.AprilD.J.Fulltonoもいるし、彼らは常にシーンをサポートしているよ。彼らはモントリオールのフットワークシーンをシカゴの人が知る前から知っていたんだ。だから彼らは僕の作品も買ってくれているよ。

– 日本でプレイしてみたいですか?

もちろん!ぜひ行ってみたいし僕の長年の夢だね!フットワークイベントでプレイしたいね。

– 今後の計画を教えてください。

本当にヤバい音をつくってリリースをしたいね。フットワークシーンの人たちとも仕事をしたいね。今後は、シカゴのBoylanDJ EarlSirr Tmo。それとモントリオールのPaveunともコラボレーションする予定だよ。彼らは本当にクールだから一緒にLPをリリースしたいと思っているよ。 DSC_0057 copy
Soundcloud: HESK / 6MAKA6
Twitter: 6MAKA6


Article in English: Mark Shackleton
Flaktraks Photography Founder & Designer.

Designer: Anna Yamaguchi
It is quietly there like the plant that buds from the seed.Graphic designer & llustrator who begins to spin the impression gotten from the one to feel the color.

Interviewer, Editor & Writer: Takahiro Sasahara
北海道東神楽町出身。トロント在住。Creators’ Lounge Editor/Writerとして国内外アーティストのインタビューなど、音楽関連記事を中心にウェブ・コンテンツを発信中。

Main Interviewer, Editor & Writer: Jumpei Komura
鹿児島県出身。トロント在住。Creators’ Lounge Editorのほか、JPC Works名義で映像メディア、「the background」の運営やアーティストMVの制作、PHOTO ZINEの制作等幅広く活動中。






Check out our latest update on Facebook

Other Interview Posts

Kimie Tanaka (田中 希美絵) – Interview(JP)

Kimie Tanaka (田中 希美絵) – Interview(JP)

Photo Credit: Tai Liam Kimie Tanaka / 田中 希美絵 http://www.kimietanaka.com/ 愛知県名古屋市生まれ。東京大学経済学部を卒業後、インド、チリ、ニューヨーク、シンガポールを移り住む。ニューヨーク大学大学院映画学科修士課程修了。前作品・短編映画『寿』は2013年のショートショートフィルムフェスティバル&アジア日本映画部門で最優秀賞等を受賞、その後も国内外の映画祭に入選・招待された。一方で、『Luv(sic) Part 6 – Uyama Hiroto Remix featuring Shing02』のミュージックビデオや、CMも手掛けている。今作品『かくれんぼ』は、母の死後、引きこもりの弟の面倒をみるはめになった兄とその弟の兄弟の絆にまつわる短編映画で、2015年のトロント国際映画祭コンペティション他、国内外の映画祭で上映されている。パリ在住。 映画『かくれんぼ』facebook ページ: https://www.facebook.com/HideAndSeekNYUThesisFilm トロント国際映画祭でトロントにいらっしゃっているわけですが、トロントについての印象をお伺いしたいです。 映画祭の会場と宿泊施設の往復をしているだけなので、あまり責任を持って言えないんですけど、安全だし、何でもあるし、英語が通じるし、居心地が良いなっていうのはあります。フランスと比べると、人の感じも違いますね。カナダの人は思っていることを全て口に出して言うことが多いように見えるけれど、フランス人は別に言わなくてもいいと思っている、とか。 Kimieさんの映画のストーリーや登場人物は独特で繊細な印象を受けたのですが、テーマ設定や登場人物はどのように設定されていますか?ご自身が海外で生活していることの影響はありますか? まだ人に見せているものとしては二作しか作っていないし、常にっていう訳ではないんですが、基本的にテーマはその時点で自分の内部に持っている問題ですね。登場人物は外面的には色々なインスピレーションから作り上げるんですけど、その内部と、作品のテーマに関してはその時点で自分自身が興味のあること、ですね。海外の影響の有無は作品によります。今考えている作品のうちの一つはフランスにいる日本人っていう設定で、もちろんそれは、その設定自体がフランスに住んでいるっていう環境だからこそではあるんですけど。ただ、作品のテーマというと、日本で撮る作品でも、日本に住んでいたら気がつかなかったことから生まれてきていることもあると思います。 作品を作る中で苦労したことはなんですか? 作る過程のどの瞬間も、やっているときは「これが一番大変」って思います(笑)。でも、あえて言うなら、脚本、資金集め、演出、この三つですね。脚本に関しては、プロットとしての話はいくらでも作れちゃうんですけど、その話の中に自分の言いたいことが入っているかというのが大事で、つまり簡単に言うとテーマなんですが、それを見つけるまでが大変。資金集めに関しては、今回は半分をクラウドファンディングで集めたんですが、人様が汗水垂らして働いて稼いだお金を一円でもらうっていうのは責任が重いことだし、特に日本ではあまり受け入れられてない考えだから、自分としてもそれを消化するのにも苦心しました。演出に関しては、役者さんも生き物なので、どうやったら自分の欲しいものが撮れるっていう教科書に書いたものがない分、難しいですね。でも、ありがたいことに、今のところ、常に協力してくれる人に恵まれているっていうのもあって、制作過程において、人間関係の面で嫌な思いはしたことは全くないです。ですが、作っているときは人のためではないです。妥協はしたくないし、したとしてもそれを人のせいにすべきでないと思っているので。 映画作りのきっかけと海外に出たことは関係ありますか? 海外に出たのが先ですね。大学卒業間際に、日本の外資銀行に就活していたときに、グループ面接で周りが皆英語ぺらぺらっていう状況だったんです。そのとき、初めは、「私のお父さんも駐在員さんとかだったら今頃私もぺらぺらなのにな~」って思ったんですけど、その時に、私「お父さんが…」とか言ってるけど、私もう自分で行けちゃう歳なんだって気づいて。遅いですけど(笑)。それで、入行前にインドで半年だけインターンしました。そしたら、その会社の縁もあって、入行後一年も経たずに退職して、チリに移り住んだんです。そこで働き始めた会社は、国際色豊かな職場で、日本だとチョコレートが好きだからチョコレート屋さんになるっていう訳にはいかないですけど、私の周りの人は結構高校卒業したら一年間自由にやりたいことをやってそれから初めて大学だの何だの自分の進む道を決めるっていうことを経て来てたんですね。そこで「あ、そうか、やりたいことっていうのは、やっていいんだ」って思って、それが私の場合たまたまチョコレートではなく映画だったんですけど、それを行動に移したというのが始まりですね。 やりたいことを仕事にするっていう考えについてはどう思われますか? 前置きですが、実は今私にとって映画はまだ仕事じゃなくて、だから映画に関係ないことをしてでも、どうにかしてお金稼がなきゃという状況なのですが…だんだんわかってきたことですが、私は商業的な映画には全く興味がないから、映画を撮っていきたいけど、お金を稼げるようにはならないようです。だから、今も、今後も、どうしましょうと思っています(笑)。例えばですが、アイスクリーム屋さんとかやりながら撮れるときに撮る、とか一生やっていくことになるんでしょうかね。撮れるとき、つまり作品を書くときは主に自分の内面的な問題についてなので、私の場合今のところ、初心者だからかもしれませんが、一作品にまだ時間がすごくかかる。二、三年に一本昇華させて、これだっていうふうにようやくなる程度なんです。だからと言ってどうしようもないので、今のところはその答えを見つけようと急いでもないですけどね。撮りたい物を撮って、貧乏生活を続けて、それこそ今考えている長編を撮って区切りがついたら、何かお金を稼げることをしようと思います。 やりたいことを胸の内に秘めてる人へのメッセージはありますか? 何かをやるっていうのは、何かを捨てるっていうことになると思うのね。そうじゃなくていい時と場合もあるけど、それでもそういう覚悟はしないといけないっていうのはまず一つあると思います。だから、やりたいことがあってもそれができないっていうのは、まだ他のことを捨てられていないからだと思う、例えばプライベートとか。とは言っても、プライベートは人それぞれだし、「キャリア面でやりたいことをやる=幸せになる」っていう単純なことではないと思っています。全体として何を重きにするかは人によると思うし、私は言わば『幸せ』になりたくて、プライベートとかも犠牲にしていく覚悟で映画を撮って今のところ生き始めたんですけど、それができるのは、今はたまたま私は自分以外には責任のない立場にいるから。だから私みたいなのが、色々事情のある立場の人に、簡単に、全部捨てて頑張れなんて言えないと思うんです。 でも、そういう面もありつつ、もう一方で、できないっていうのは全部頭の中にあるだけで、実は元々できないっていうことでもないと思います。まだチリに住んでいて、映画へと方向転換しようかと悶々としていたときに、誰かに聞いたことなんですけど、チリのその時の70、80歳くらいのすごくお金持ちの人が同じようなことを聞かれて、”I wish, -when I was still 50 or 60, I didn’t think I was too old to do anything.”と答えていたんです。お金持ちになっていることは数ある指標の一つに過ぎないのですが、70や80になって、すごく『成功』していた彼でも、50、60代の時にもっとやれることをやっとけば良かった、と思っている。何歳でも思った事を何でも始めるべきだ、ということなんですけど、私はそれを聞いて、そうかーと思いましたね。私自身、最近になってさらにはっきりしてきたことですが、20代、30代っていうのは、もうほんとにまだなんでもできると思います。 最後に将来の展望を聞かせて下さい。 長編を撮りたいっていうのはありますね。賞とかに入ったら次に繋がるのでいいなとは思うんですが、基本的には、そんなの関係なく、自分が納得できる物を撮りたいです。実は今、今回映画祭に出品した『かくれんぼ』の長編版を撮りたいと思っています。後は、今住んでいるフランスでちゃんと資金を集めて撮ったことがまだないから、ある意味チャレンジで、今考えている長編と短編の企画をフランスでも完成できたらいいなと思っています。この二、三年の中ではこのくらいですね。 […]

Kenichi Ebina – Interview

Kenichi Ebina – Interview

About Kenichi Kenichi Ebina is a solo self-taught dance performer, started out dancing Freestyle HipHop and expanding his style to Poppin’, Lockin’, Mime, House, Jazz, Contemporary and Ethnic dance. Kenichi’s unique dance show with illusion effects of sound, light and visual entertains a lot of people who are not even interested in performing arts. In […]

YOSHIHIKO FUEKI – Taiko

YOSHIHIKO FUEKI – Taiko

Yoshihiko Fueki, Wadaiko player. Yoshihiko started playing Wadaiko since he was fifteen years old. He involved establishing the professional Wadaiko group “dakannjin” in 2001. He had been performing all over Japan as a leader of the group. Since 2006, Yoshihiko is fronting his own live performances, collaborate with many famous musicians. Yoshihiko has called upon […]

KOJI YAMAGUCHI – Tsugaru Shamisen

KOJI YAMAGUCHI – Tsugaru Shamisen

Koji Yamaguchi, Tsugaru Shamisen player. From an early age Koji has studied the stringed instrument, Sanshin, also Taiko and traditional Minyo folk songs. He has collaborated with many famous musicians, like Yoshida Brothers, also a member of the shamisen group, HAYATE produced by Kenichi Yoshida. He is fronting his own live performances, supplied music for […]