DEDEMOUSE interview part2

Posted in Interview




DE DE MOUSE

_MG_3772Creators Lounge presents DE DE MOUSE in Toronto

– You also perform abroad, not only in Japan. Do you purposely change your style when abroad?

Basically, no. People who come to see my performance should have the same experience no matter where they come from, so I should perform as usual. When I was in Germany for a while, I restrained myself and did something different than usual. I tried to not show my humanity and just performed my music, but I failed. The most influential things that are conveyed to audience are voice, dialogue, and a performance. If people see my humanity a bit, they might be interested in my performance, and so I don’t change my performance style. Well, I’ve failed once as I said. There might be countries where my style doesn’t work; I don’t perform in a lot of countries, so I’m not sure. However, people who like music are the same wherever I go, and so I don’t think too much about the locations.

– You also perform abroad, not only in Japan. Do you purposely change your style when abroad?

Basically, no. People who come to see my performance should have the same experience no matter where they come from, so I should perform as usual. When I was in Germany for a while, I restrained myself and did something different than usual. I tried to not show my humanity and just performed my music, but I failed. The most influential things that are conveyed to audience are voice, dialogue, and a performance. If people see my humanity a bit, they might be interested in my performance, and so I don’t change my performance style. Well, I’ve failed once as I said. There might be countries where my style doesn’t work; I don’t perform in a lot of countries, so I’m not sure. However, people who like music are the same wherever I go, and so I don’t think too much about the locations.

– Since you started performing abroad have you felt that Japan was cool?

Maybe yes. When it comes to convenience no countries can beat Japan. I used to think “why was I born in Japan?”_, but now I’m really glad to be Japanese, I like the convenience of Japan. No countries are more full of entertainment and amusement than Japan. Karaoke, arcades, and convenience stores are all around us and we can freely drink outside. But this means that music isn’t entertainment in Japan. We don’t have to go to a night club, at midnight, because we can drink until morning at an Izakaya (Japanese pub). Japan has its merits and its problems so of course I don’t say that Japan is the best since there are a lot of things that aren’t good.
Many Japanese beatmakers and DJs imitate music from the U.S. and the U.K., however, there are musicians that don’t do this but are appreciated overseas; and I can understand that. They don’t deny their identity. Many people make music while denying their Japanese identity. They do this because they grew up watching MTV or media that said western culture was cool. Many recent young creators don’t seem to do this though. The Japanese music scene might become more interesting now.

– I heard you like the scenery of the suburbs. How’s Toronto’s?

I like it. I like its “quiet” scenery. There are buildings but no people, like in the suburbs of Tama, Tokyo. Toronto’s scenery is kind of the same, I think. Also, there are many houses made with bricks and a lot of snow remains in the town because of the cold wave or just because of winter, I’m not sure. I might have seen scenery like this in movies. If I lived in Toronto, my music I make would change, somehow.
When I’m making music I see images and scenery in my mind. I convert these images into music. It’s like the production ways of French composers of musical impressionism such as Debussy and Satie. I transform and describe sounds from images. For example, if images come up in my mind when I play my instruments freely, then I make songs by changing those images into sounds. Or, if I have an image that I want to draw, I make sounds that are associated with that image. That’s how I make music. That is the only way I can make music, so my favorite scenery and town change based on where I live and my music probably changes with them. I’m definitely interested in how my sounds would change if I lived abroad such as here in Toronto.

_MG_3448

– Since when have you considered mixing music and imagery?

Originally I hadn’t considered it because I did heavy dance music at first; I’d always liked mixing music and imagery though. I started mixing when I started a DE DE MOUSE project. I liked walking around Tama centre which was a mall and walking around Tama itself. When I walk around those areas I didn’t listen to my favorite music such as Techno and dance music.I used to listen to music like Yumin (Yumi Matsutoya) or KIRINJI while I was walking, so I’d started thinking that what I liked and what I wanted to do didn’t match. When I saw people who liked the melodious songs that I made in my leisure time but who didn’t like the songs I put a lot of spirit into, I thought that maybe I might have been good at making melodious music. Therefore I built my music style by adding melodies from pop songs or by playing with rhythms. I loved towns in the suburbs and so I wanted to make songs that matched the towns I liked. And so I ended up making my first album which sold well. The main theme was a soundtrack matching the scenery of the suburbs. I made the music by taking a main theme and making the songs from different points of view of this theme.

– Have you ever been frustrated or hit a wall during the music producing process?

When I was 23 to 24 years old, I was frustrated. It was the starting point of my big slump. Suddenly I couldn’t make music that I could say was MY music. I suffered from this for about two years. I was making music while I was lazily doing a part time job, meanwhile offers to make my debut came and went. By that time I’d already become 24 or 25 years old. I originally wanted to make my debut at 25 yeas old, so my slump might have been from my impatience.Additionally, I felt impatient because musicians who were same generation as me steadily made their debuts. I thought that “I should have been awesome, but shouldn’t I?”, then over the course of one or two year I gradually started to think that “I should stop doing music”. But then I decided to keep do music humbly and actively started performing in live shows. I’d thought that I was a B-grade musician and wasn’t talented then.

– Regardless of the music world, many people in their twenties are in trouble. Do you have any massages or advice for them?

Just “keep doing”. Also, it’s important to listen to stories of older people. When we are young, we have a lot of possibilities and confidence, and we tend to think “I’m awesome, I’m different from others”. Then they fail the same way as older people have. I think my success would have come earlier if I’d actually listened to the stories of that person at that time. I think that it’s always nice to have less failure. The experiences of older people can be very persuasive and also I think that we must enjoy our experiences even when we are failures. Of course the most important thing is to have the confidence to keep working, but they might succeed sooner if they listen to the advice of the people around them. Recently I felt this to be true and I think it’s important since I didn’t listen to their advice.

 – As a performer, what do you want to let listeners know through your music and videos?

What I want them to do the most is to see the scenery in my mind. I want to let them know that there are nice places and nice sceneries to see. They will be like “the scenery was right in front of us and we couldn’t see it”. I want to show the listeners the things around us. They aren’t like magnificent Sci-fi worlds or space, yet they are around us and connected to those. I want to say, “let’s see the things around us from different point of view!”.I gradually instill my thoughts into my fans and listeners through my every production. Since it would be boring or too similar to my other songs if I make a song that my fans want, I mix up their expectations and my thoughts little by little. Otherwise my productions would suck; there would be no dream or no scope. I really enjoy expressing my thoughts so I go to places even it takes me 24 hours by plane to get there. This is the path that I chose myself. I’m not sure how I will survive in this recession in the music industry, but I’m sure that the more obstacles I have, the more I will enjoy myself.

– Tell us your vision of the future.

I’m thinking about going abroad more than I was before, and also I’m considering my next album. I’ve already started producing my next album, but I’m not sure if I can release it by this year or not. (laughter) I hope I can. (laughter) I can’t currently focus on it as I’m making limited albums for live shows.
I almost give up performing in the U.S. (laughter) Well, I know I should try to go there again because I couldn’t cross the border this time. Also I want to go to Europe since I’ve performed only in Britain, France and Germany, and I’ve never done a European tour. Then I want to go to Asia as well! Every year I receive some offers to have live shows in Asian countries, but it hasn’t happened yet. I couldn’t go to Taiwan last year, and same things happened with China, Malaysia, and Thailand. I’ve had opportunities, but nothing has come of them yet. I’ve never performed in Asia, so I really want to go to Asian countries as well as the U.S. and Europe.


dancing horce on my note @ WWW

<<Interview Part1
Report is here




○日本だけでなく海外でもライブをやられていますが、パフォーマンスの見せ方を意識して変える部分はありますか?

基本はあんまり変えないようにはしている。僕を見に来てくれたりする人ってどこの国の人も来る人たちってあんまり変わんないなって思うからいつも通りやった方がいいし、一時期ちょっとドイツに行ったときにいままでの自分をちょっと封印して違うことやってみようって思ってすごく自分のパーソナルの部分を少し抑えて自分の音楽だけでやってみようと思ったけど伝わんないですよね。やっぱり一番伝わるのって声とかしゃべることとかパフォーマンスとかでその人の人間性って伝わってちょっと見てみようかなってなるからあんまり変えないようにしている。1回意識して失敗したこともありますし。僕もそんなにたくさんの国でやっているわけじゃないからそれが通じない国があるのかも知れないけれども音楽が好きな人ってどこに行っても結局変わらない人たちだろうなっとしか思わないから、あんまりその辺は意識しないようにはしてる。

○そもそも海外に視点を向けたきっかけは?

やっぱり海外の音楽がかっこいいっていう風に刷り込まれて育って生きてきたわけでもあるし、僕は90年代のテクノとかエイフェックスツインみたいな人たちがすごく好きだから、その人たちがいる国とか文化で自分がやりたいっていう憧れが最初からあった。僕も海外にいつも行っているわけじゃないけど日本で活動すればするほど、海外に行けば行くほどやっぱり東京で活動してるってすごい恵まれているなって思うことがけっこうあって、10代の頃は、海外はかっこいい、日本はかっこ悪いってすごい思っていて、地図見たときにイギリスよりかも日本のほうがでかいっていうのを見てちょっとショックだったんですよね(笑)もともとそうやって海外の音楽が好きで自分もそういうことやりたいって思っていたけど結局東京は東京で、ジャパンはジャパンですごくクールなんだなって言う風にここ数年で思うことがすごく増えてきちゃったってこともあって。あとやっぱりアメリカとかヨーロッパとかって圧倒的に受け皿の大きさが違うから、アメリカとかヨーロッパと同じようなシステムにしても全く日本じゃ成り立たなくなってくという風な懸念もあるから、少し外に向けてやっていかないとって考えてかないとまずいかなーなんて思うとこもあったりする。

○そういう感覚は海外に回るようになってから、感じるようになったのですか?

それはあるかも知れないですね。便利さは敵わないなって思ったりするから、昔は「どうして僕は日本に生まれてしまったのだ」なんて思っていたけれども、今は全然日本人でよかったなって思いますし、便利には敵わないなーって。娯楽がこれだけ溢れてる国ってない気がする。カラオケはありゲームセンターはあるし、コンビニは其処ら中にあるし、外でお酒飲み放題だとか…。ある意味なんでもあるから別に音楽が娯楽じゃないし、わざわざ深夜にクラブにいく必要なんかないし、ファミリー居酒屋は朝までやっているわけだからそこで飲んでいればいいわけでしょ?だから良いことと悪いことが極端にすごくあるからすごく日本が良いってわけでもない、もちろんこれは良くないこともたくさんある。

多くの日本人のトラックメイカーやDJが持ってる「アメリカではこんな音楽が来ている、イギリスではこんな音楽が来ている、じゃあその音楽を真似しよう」っていう意識を持たない人の音楽の方が、海外から評価されるのはすごくわかるなーって。だって自分のアイデンティティーを否定しないから。日本人っていうアイデンティティーを否定しよう否定しようって考えてモノを作るのは、様々なメディアとか、MTVだったりとかいろんなものでそういう海外信仰というか欧米の文化はかっこいいっていう風に洗脳されて育ってきただろうけど…今の若いクリエイターってなんかそれがあんまりないんですよね。もしかしたらここからおもしろくなるんじゃないかって思ったりもする。

○郊外の景色がお好きとお聞きしたのですが、トロント(の景色)はどうですか?

好きです。ある意味殺伐としたとこが好きなんですよ!多摩の郊外もそうなんだけど、建物だけあって人がいないみたいな。あの感じが好きで。トロントも同じような感じ。しかもけっこうレンガ造りの家なんかもあったりして、大寒波だからなのか冬だからなのかわかんないけどもたくさん雪残っているし、なんかこういう景色、映画の中で見たよなって感じもあったから、たぶん僕がトロントに住んでいたらまた作る音楽が変わってくるだろうなって思う。

自分で音楽作っていて、だいたい考えてることって映像とか、景色とかがすごく頭にあって。自分の頭のなかにある絵を音に置き換えていくっていう感じで作っているから昔のドビュッシーとかサティとかの頃のフランスの印象派の人たちの音楽の作り方にも似ているのかなって思ったりします。絵を音にする。描写するっていう。弾いた音に対して出てきた映像をそのまんま着色してって音を完成させるとか、こういうのを作りたいっていう絵があったとして、どうしたらそれを連想させる音になるのだろうか。そうやって考えて作っている。まあそれしか考えてないから…だからその自分の好きな風景とか好きな街とかそういうのが住んでいるとこによって変わるから、確実に変わってくると思うし、だからトロントとか海外に住んだらどんな音になるかなってすごい興味があります。

○音楽と映像を一緒にしようと思ったのはいつからですか?

最初は全然違いましたね。もっとコアなダンスミュージックみたいなのやっていたから。でも好きなのは好きだったかもしれない。でも自分の側面の一つでここまでこう繋げるようになったのはDE DE MOUSEっていうプロジェクト始めようとしたときに、ほんとにその多摩センターとか多摩の街を歩くのが好きだったんですよ。で、もともと刺激的なテクノとかダンスミュージックが好きだったんだけれども、多摩の街を歩いているときって全くそういうのを聴かなかったんですよ。自分がそういうときに聴くのは例えばユーミンとかKIRINJIとかそういうのばっかり聴いていたから、なんか自分の好きなものとやりたいことっていうのが一致してないんじゃないかなって少し思うようになってきて、自分がライブで演奏するとき片手間に作ったメロディアスな曲をかけるとすごくいいねなんて言うんだけれども、気合入れて作った曲は特に反応してくれなかったり。ってやっていくうちにだんだんなんかもしかしたら自分はメロディをの方が向いているのかもと思うようになって、じゃあPOPのメロディーと、リズムをちょっと遊んでみたりとかっていう風な感じでスタイルを作った。郊外の町がすごく好きだからそこを歩いても、その街に似合う音楽を自分で作りたいなって思ったのもきっかけとなって1stアルバムができたりして、すごく売れた。郊外の街のサウンドトラックがメインテーマで、それをいろんな方向からテーマを絞っていったりして音楽作っていってるって感じですね。

○音楽を作っていく中で挫折したこと、壁にぶつかったことはありますか?

23、4歳のときにすごい挫折したことがあったから、割とそこがスタートだったところがあって、急にこれが自分の音楽だっていう風に言える音楽が作れなくなっちゃって、そこから2年ぐらい苦しんだんですよ。だらだらバイトとかしながら音楽作ってデビューしない?なんて話があがったりなくなったりして。そのうち24,5歳になって、自分の中では25歳ぐらいでデビューしようと思っていたから、それに対する自分の焦りみたいなものもあったと思うんだけど。あと自分と同世代の同じような音楽やってる人たちがどんどんデビューしてCDだしたりしてるからそういうのにも焦りがあったと思います。あれ?なんか自分すごかったはずなのに、なんか全然すごくねーなって思ってそれからすごく悩んで1回音楽辞めようかなって思ったこともあったりとかしながら1,2年くらい…突然開けたっていうよりかは少しずつ少しずつ。だから、あーおれって才能無いんだなって思って、謙虚に活動していこうと思い始めた頃に割と積極的にライブをするようになったり、僕はB級だから才能ないからってってその頃はすごく思っていました。

_MG_3498

○音楽に関わらず誰もが20歳ぐらいのときに悩む人が多いと思いますが、そういった人たちにメッセージやアドバイスはありますか?

続けなさいとしか言えないですよね。あと、年上の人の言葉に耳を傾けるってすごく大事だなって思います。どうしても若いと可能性も自信もあるし、おれは違うから!という気持ちがすごくあるから。で、結局同じ道辿るんですよ。あの時にあの人の言葉に耳傾けていたらもう少し自分が成功するのが早かったかもなって思ったりします。やっぱり失敗は少ない方が人生って幸せなのかなって思うこともすごく増えてきたから、経験って説得力なるけれども失敗ばかりしてきたって、そのときに楽しいって気持ちがなかったらやっぱりどれだけ経験してきても…っていうことがあるから、自分に自信持っているのはすごくいいしそれが続けていく1番大事なところなんだけれども、もう少し周りの人がこうしてみたらとかこういうこともあるよっていうのを聞いてみると、もしかしたら成功する近道に繋がるんじゃないかなって思うことが最近よくある。それはすごく大事ですね。自分も全然人の話聞かなかったから。

○表現者として音楽や映像を通してリスナーに対して何を伝えたいですか?

一番は自分のなかの景色を見てもらいたい。こういう良いとこ、こういう景色があるんだよって。いままで意識してなかっただけで実は自分のすごく近くにあるものとか、すごい壮大なSFとか宇宙の世界とか見せたいっていうよりかは、自分の周りにあるもの、自分の身の回りに宇宙に繋がるものがあるからそういうもの。なんかちょっと違うものに目を向けて!みたいな。それを自分のファンとかリスナーの方には少しずつ刷り込ませていきたいなっていうのは毎作品必ずあって、ファンが求めるものだけ求めても同じものになっちゃうから少しずつ自分のやりたいことをそれに重ねていかないと結局全然ダメになっちゃう。夢と広がりがないというか、自分が作っていてつまらなくなっちゃう。今はやっぱりまだそういう自分の表現としてやっていくことがまだおもしろいから24時間かけて飛行機乗っても行くとこには行く。自分が選んだ道だから。この音楽不況のなかでこれからどうやっていくか全然わかんないけどいろいろ障害があればあるほど楽しいっていうのは間違いないから。

○今後のヴィジョンとして考えていることはありますか?

もう少し海外に出て行けるようにということと新しいアルバムをどうしようかなというとこです。(アルバムの)製作には入っているんですけど年内いけるかなー。いけないかなー(笑)いけたらいーなー(笑)結構なんだかんだいっていろいろ会場限定アルバムとかやってるからどうしても手つかずになっちゃうんですよね。アメリカは、、、もういいかな(笑)まあでもアメリカは行けなかったのでまた行かなきゃいけない。まあちゃんとヨーロッパツアーってやったことないからもう少しヨーロッパに行きたいな。僕はイギリスとかフランスとあとドイツしか行ったことないからそっちの方はもう少し行きたいなって。あとアジアも!アジアは毎年必ず何かそういうライブのオファーがあるんだけれど必ず飛ぶんですよ。去年も台湾も結局飛んじゃって中国もあったしマレーシアもあったしタイもあったし。飛ぶことが多くってフィックスしないまま。だからまだアジアはまだ行ったことがないですね。だからアジアも行きたいですね。

 

<<Part1はこちら
トロント公演のレポートはこちら


Main Interviewer & WriterAkihiro Yamashita
山口県出身。Creators’ Loungeのほか、自身のWeb MagazineFLOP」のEditorとして活躍中。

PhotographerTatsuki Nakata
Creators’ Lounge photographer のほか、tatsu work名義で視覚、音を作るcreatorとしても活動中。

Translaor: Minami
長崎県出身。駆け出しの翻訳家、ライターとして活動中。

Editor: Jumpei Komura
エディター&ライター。洋書マガジン専門店Rabbit  Books店主。






Check out our latest update on Facebook

Other Interview Posts

Kimie Tanaka (田中 希美絵) – Interview(JP)

Kimie Tanaka (田中 希美絵) – Interview(JP)

Photo Credit: Tai Liam Kimie Tanaka / 田中 希美絵 http://www.kimietanaka.com/ 愛知県名古屋市生まれ。東京大学経済学部を卒業後、インド、チリ、ニューヨーク、シンガポールを移り住む。ニューヨーク大学大学院映画学科修士課程修了。前作品・短編映画『寿』は2013年のショートショートフィルムフェスティバル&アジア日本映画部門で最優秀賞等を受賞、その後も国内外の映画祭に入選・招待された。一方で、『Luv(sic) Part 6 – Uyama Hiroto Remix featuring Shing02』のミュージックビデオや、CMも手掛けている。今作品『かくれんぼ』は、母の死後、引きこもりの弟の面倒をみるはめになった兄とその弟の兄弟の絆にまつわる短編映画で、2015年のトロント国際映画祭コンペティション他、国内外の映画祭で上映されている。パリ在住。 映画『かくれんぼ』facebook ページ: https://www.facebook.com/HideAndSeekNYUThesisFilm トロント国際映画祭でトロントにいらっしゃっているわけですが、トロントについての印象をお伺いしたいです。 映画祭の会場と宿泊施設の往復をしているだけなので、あまり責任を持って言えないんですけど、安全だし、何でもあるし、英語が通じるし、居心地が良いなっていうのはあります。フランスと比べると、人の感じも違いますね。カナダの人は思っていることを全て口に出して言うことが多いように見えるけれど、フランス人は別に言わなくてもいいと思っている、とか。 Kimieさんの映画のストーリーや登場人物は独特で繊細な印象を受けたのですが、テーマ設定や登場人物はどのように設定されていますか?ご自身が海外で生活していることの影響はありますか? まだ人に見せているものとしては二作しか作っていないし、常にっていう訳ではないんですが、基本的にテーマはその時点で自分の内部に持っている問題ですね。登場人物は外面的には色々なインスピレーションから作り上げるんですけど、その内部と、作品のテーマに関してはその時点で自分自身が興味のあること、ですね。海外の影響の有無は作品によります。今考えている作品のうちの一つはフランスにいる日本人っていう設定で、もちろんそれは、その設定自体がフランスに住んでいるっていう環境だからこそではあるんですけど。ただ、作品のテーマというと、日本で撮る作品でも、日本に住んでいたら気がつかなかったことから生まれてきていることもあると思います。 作品を作る中で苦労したことはなんですか? 作る過程のどの瞬間も、やっているときは「これが一番大変」って思います(笑)。でも、あえて言うなら、脚本、資金集め、演出、この三つですね。脚本に関しては、プロットとしての話はいくらでも作れちゃうんですけど、その話の中に自分の言いたいことが入っているかというのが大事で、つまり簡単に言うとテーマなんですが、それを見つけるまでが大変。資金集めに関しては、今回は半分をクラウドファンディングで集めたんですが、人様が汗水垂らして働いて稼いだお金を一円でもらうっていうのは責任が重いことだし、特に日本ではあまり受け入れられてない考えだから、自分としてもそれを消化するのにも苦心しました。演出に関しては、役者さんも生き物なので、どうやったら自分の欲しいものが撮れるっていう教科書に書いたものがない分、難しいですね。でも、ありがたいことに、今のところ、常に協力してくれる人に恵まれているっていうのもあって、制作過程において、人間関係の面で嫌な思いはしたことは全くないです。ですが、作っているときは人のためではないです。妥協はしたくないし、したとしてもそれを人のせいにすべきでないと思っているので。 映画作りのきっかけと海外に出たことは関係ありますか? 海外に出たのが先ですね。大学卒業間際に、日本の外資銀行に就活していたときに、グループ面接で周りが皆英語ぺらぺらっていう状況だったんです。そのとき、初めは、「私のお父さんも駐在員さんとかだったら今頃私もぺらぺらなのにな~」って思ったんですけど、その時に、私「お父さんが…」とか言ってるけど、私もう自分で行けちゃう歳なんだって気づいて。遅いですけど(笑)。それで、入行前にインドで半年だけインターンしました。そしたら、その会社の縁もあって、入行後一年も経たずに退職して、チリに移り住んだんです。そこで働き始めた会社は、国際色豊かな職場で、日本だとチョコレートが好きだからチョコレート屋さんになるっていう訳にはいかないですけど、私の周りの人は結構高校卒業したら一年間自由にやりたいことをやってそれから初めて大学だの何だの自分の進む道を決めるっていうことを経て来てたんですね。そこで「あ、そうか、やりたいことっていうのは、やっていいんだ」って思って、それが私の場合たまたまチョコレートではなく映画だったんですけど、それを行動に移したというのが始まりですね。 やりたいことを仕事にするっていう考えについてはどう思われますか? 前置きですが、実は今私にとって映画はまだ仕事じゃなくて、だから映画に関係ないことをしてでも、どうにかしてお金稼がなきゃという状況なのですが…だんだんわかってきたことですが、私は商業的な映画には全く興味がないから、映画を撮っていきたいけど、お金を稼げるようにはならないようです。だから、今も、今後も、どうしましょうと思っています(笑)。例えばですが、アイスクリーム屋さんとかやりながら撮れるときに撮る、とか一生やっていくことになるんでしょうかね。撮れるとき、つまり作品を書くときは主に自分の内面的な問題についてなので、私の場合今のところ、初心者だからかもしれませんが、一作品にまだ時間がすごくかかる。二、三年に一本昇華させて、これだっていうふうにようやくなる程度なんです。だからと言ってどうしようもないので、今のところはその答えを見つけようと急いでもないですけどね。撮りたい物を撮って、貧乏生活を続けて、それこそ今考えている長編を撮って区切りがついたら、何かお金を稼げることをしようと思います。 やりたいことを胸の内に秘めてる人へのメッセージはありますか? 何かをやるっていうのは、何かを捨てるっていうことになると思うのね。そうじゃなくていい時と場合もあるけど、それでもそういう覚悟はしないといけないっていうのはまず一つあると思います。だから、やりたいことがあってもそれができないっていうのは、まだ他のことを捨てられていないからだと思う、例えばプライベートとか。とは言っても、プライベートは人それぞれだし、「キャリア面でやりたいことをやる=幸せになる」っていう単純なことではないと思っています。全体として何を重きにするかは人によると思うし、私は言わば『幸せ』になりたくて、プライベートとかも犠牲にしていく覚悟で映画を撮って今のところ生き始めたんですけど、それができるのは、今はたまたま私は自分以外には責任のない立場にいるから。だから私みたいなのが、色々事情のある立場の人に、簡単に、全部捨てて頑張れなんて言えないと思うんです。 でも、そういう面もありつつ、もう一方で、できないっていうのは全部頭の中にあるだけで、実は元々できないっていうことでもないと思います。まだチリに住んでいて、映画へと方向転換しようかと悶々としていたときに、誰かに聞いたことなんですけど、チリのその時の70、80歳くらいのすごくお金持ちの人が同じようなことを聞かれて、”I wish, -when I was still 50 or 60, I didn’t think I was too old to do anything.”と答えていたんです。お金持ちになっていることは数ある指標の一つに過ぎないのですが、70や80になって、すごく『成功』していた彼でも、50、60代の時にもっとやれることをやっとけば良かった、と思っている。何歳でも思った事を何でも始めるべきだ、ということなんですけど、私はそれを聞いて、そうかーと思いましたね。私自身、最近になってさらにはっきりしてきたことですが、20代、30代っていうのは、もうほんとにまだなんでもできると思います。 最後に将来の展望を聞かせて下さい。 長編を撮りたいっていうのはありますね。賞とかに入ったら次に繋がるのでいいなとは思うんですが、基本的には、そんなの関係なく、自分が納得できる物を撮りたいです。実は今、今回映画祭に出品した『かくれんぼ』の長編版を撮りたいと思っています。後は、今住んでいるフランスでちゃんと資金を集めて撮ったことがまだないから、ある意味チャレンジで、今考えている長編と短編の企画をフランスでも完成できたらいいなと思っています。この二、三年の中ではこのくらいですね。 […]

Kenichi Ebina – Interview

Kenichi Ebina – Interview

About Kenichi Kenichi Ebina is a solo self-taught dance performer, started out dancing Freestyle HipHop and expanding his style to Poppin’, Lockin’, Mime, House, Jazz, Contemporary and Ethnic dance. Kenichi’s unique dance show with illusion effects of sound, light and visual entertains a lot of people who are not even interested in performing arts. In […]

YOSHIHIKO FUEKI – Taiko

YOSHIHIKO FUEKI – Taiko

Yoshihiko Fueki, Wadaiko player. Yoshihiko started playing Wadaiko since he was fifteen years old. He involved establishing the professional Wadaiko group “dakannjin” in 2001. He had been performing all over Japan as a leader of the group. Since 2006, Yoshihiko is fronting his own live performances, collaborate with many famous musicians. Yoshihiko has called upon […]

KOJI YAMAGUCHI – Tsugaru Shamisen

KOJI YAMAGUCHI – Tsugaru Shamisen

Koji Yamaguchi, Tsugaru Shamisen player. From an early age Koji has studied the stringed instrument, Sanshin, also Taiko and traditional Minyo folk songs. He has collaborated with many famous musicians, like Yoshida Brothers, also a member of the shamisen group, HAYATE produced by Kenichi Yoshida. He is fronting his own live performances, supplied music for […]