DE DE MOUSE Interview Part1

Posted in Interview




DE DE MOUSE

DE_DE_MOUSE_2014A_for_web

http://www.dedemouse.com/

Mixing tribal music from Tibet and Indonesia and sounds of children’s voices with a touch of soul, he creates influential melodies by chipping and editing the sounds. A mix of synthesizer sounds which intertwines with a unique chord, he creates an intense beat that fitsin the break core genre. From Acid House to Amen Break, and Hip Hop to Fusion, he links keywords together to produce new sounds for the Electric Scene. A unique individual with his original style, known as DE DE MOUSE.His concert style consists of individuality and is full of energy,with a creative imagination and aggressive band ensembles which includes twin drums; he dramatically edits dance remixes to produceone-a-kind soundtracks. Being a DJ is not his only act, though–he also collaborates with many artists and creators from all over the world in the fashion, game, and graphic industry.


DE DE MOUSE floats & falls MUSIC VIDEO ( from 4th album “sky was dark”)

– You compose and arrange music, produce videos, and DJ. Tell us about your background in music, how and when did it all begin?

I’ve liked music since I was a child. My hometown was in the countryside of Gunma prefecture and my life there was boring. It was a nightmare as I imagined that I was going to be an office worker and die there. The world of TV attracted me a lot since it seemed super brilliant and so I longed to be a part of it. I thought; if I could not be an actor, I could easily be a musician. A boom in rock bands broke out when I was in a middle school. I started playing guitar since many students had formed rock bands; however, I was not satisfied with it. I preferred dance music because it sounded urbanized. I started singing dance music first, and then playing it with a guitar, then finally I started using an electric keyboard. This all happened throughout middle school and high school.

– Did anyone you know have the same tastes as you then?

Nooooo! NO ONE at all. They were into popular rock bands like X JAPAN and BOOWY especially because we were in the countryside. Also, they liked “Visual kei” bands (in which musicians are characterized by the use of flamboyant make-up, hair styles and costumes) like BUCK-TICK from Gunma prefecture. No one was interested in recording and dance music. If I’d had close friends I would’ve formed a band with them; however, I didn’t have any close friends, so I’ve been doing music by myself until now. I can no longer imagine doing it with another person anymore.

– Generally in the music world it is difficult to succeed. Have you ever hesitated?

I thought I could do it. I would say that I believed in myself. I really didn’t want to be an office worker. I mean I didn’t want to live a plain life. I wanted to stand out and this mindset was the initial motivation for my work. I just wanted to do something different from other people. The routine of going to work at a company and then going home every day looked dull. Also I was leading a monotonous life. That was why I started music.

– How was your very first event? What kind of response did you get from audience?

The audience kept sitting down when I was DJing at my first event. (laughter) They were bored and they must’ve thought “what is this guy doing?”. At that time I was 21 years old. In my head they were excited with my music, but actually they just sat down. That was quite a shock. They still sat down at my second event but I felt more satisfied with the result than at my first event. My satisfaction had gradually grown. I wanted to have a live concert, yet I wasn’t actually active. I have only done it once or twice a year. Also, I’d composed music for TV commercials. I’d made music for a living but I felt empty. When I realized I didn’t make the music that I wanted to make, I became bored and stopped. I wanted to win fame rather than money. That mindset might’ve been because of my youth…, I wanted to be a famous person. That was why I felt bored with my work. I strongly craved fame but not money.

-When do you make music?

Well, I always make music. I mean, I have to make music all the time, otherwise I could lose confidence. While making music I feel calm, that is, I’ve always worried about my talent diminishing and so I have to make music to prevent that. I want to make sure I can still do it. Also, I don’t use melodies that come up suddenly in my mind. Such melodies or ones that were in my dreams could be sounds which I have actually heard somewhere and I have just forgotten, so I don’t believe in my subconscious. Sometimes when I examine my music, I find that, my music has aspects of other musicians. If I find something similar to other musics while making a song, I take care to make it different from the other music. Well, I really intend to maintain control of my music. For example, when I play the electronic keyboard, sounds suddenly come out from my hands. The melody in my mind and the melody I make are totally different, and I prefer the latter because it is spontaneous. The melody in my mind is perfectly completed but it would be boring if I used that melody as it is. However, when I just play the electric keyboard, sometimes a melody will spring forth from my hands, and this excites me. I gradually let the music carry me away. It is like…, there is a “pre-established harmony” but I intensionally keep my melody from it; therefore, my songs take a long time to make. The most disturbing thing for your music is to become similar to another song, unconsciously. It would be quite sad for that song to be said to be a plagiarism, wouldn’t it?! (laughter) Whenever I make music, the most important thing is that I make music that only I can make. Before, I would adjust my music to try to make someone who didn’t like my music begin to like it. However, if I do that my individuality disappears, so I decided that if I do anything it should be in my own style.

>>Interview Part2
Report is here





DE DE MOUSE 盆踊り大会 『light night dance』 @ PARTHENON TAMA 9/21 2014

織り重なり合う、計算しつくされたメロディと再構築された「歌」としてのカットアップサンプリングボイス。 流麗に進む和音構成と相交わりから聞こえてくるのは煌びやかで影のある誰にも真似出来ない極上のポップソング。沁み渡るような郊外と夜の世界の美しい響き から感じる不思議な浮遊感と孤独感は、多くのクリエイターにインスピレーションを与えている。ライブスタイルの振れ幅も広く、ツインドラムで構成されリズ ムの高揚感を体現する DE DE MOUSE + Drumrollsや、縦横無尽に飛び回るDJスタイル、即興とセッションで繰り広げるDE DE MOUSE + his drumner名義に、映像を喚起させる DE DE MOUSE + Soundandvisions名義など、多種多様のステージングを展開。FUJI ROCK FESTIVALやTAICOCLUB、RISING SUN ROCK FESTIVALにSonarSound Tokyoなど多くのフェスティバルにも出演、イギリスやフランス、ドイツなど海外遠征も盛んに行っている。近年では実験的な試みを体現する主催イベン ト”not”や即日完売が恒例となっているプラネタリウムを舞台にした公演を開催し、イベントの演出やその完成度が、各方面から多くの注目を受ける。 ファッションやアニメ、ゲームなど他ジャンルからの支持も強く、作品、グッズ、イベントに至る全てのプロデュースを手がけると共にファッションブランド等 とのコラボレーションワークも数多く行なっている。2012年にnot recordsを始動。 10月にはアートワークのラフから執筆、PVのディレクションまで自身でこなした約2年半ぶり4枚目のオリジナルアルバム「sky was dark」発表。

作曲や編曲、映像、DJなど様々な分野で活躍されていますが、音楽を始めたきっかけや興味を持ち出したのはいつごろからですか?

音楽自体は子供の頃から好きだったんですけど、群馬県っていう割りと田舎で育ったので退屈な日々でした。サラリーマンになってこの土地で死んでいくって想像しただけで悪夢でしかなかった。テレビで見る世界ってすごく煌びやかな世界だったから、そういう世界に自分もいきたいなって思ったけれども俳優ができるわけでもないしっていうなかで音楽って結構簡単に出来そうだなって思って。中学生ぐらいのときにバンドブームでみんなバンドとか始めたりするから、自分もちょっとバンドみたいなのやろうと思ってギターに手を出したは良いのだけれどもなんかしっくりこなくて、それよりもダンスミュージックだとかそういうものがすごく都会っぽさを感じたから、最初は自分が歌を歌おうとしたりとかして、ギターになって結局キーボードに打ち込んだりとか、それをまぁ中学生、高校ぐらいのときに始めてそっからですね。

当時、周りの友達とかで同じような音楽は

いないいないいない!全然いない!特に田舎だから周りはXX  JAPAN)とかBOOWYとかなんですよ!BUCK-TICKとかも群馬県出身で、割とやっぱりそういうヴィジュアル系みたいなのが多くて。だから打ち込みとかダンスミュージックとか一切。だからもしそのときに友達がいたら、もともとバンドがやりたかったから誰かとやっていたかもしれないし。でも誰もいなかったから1人でやってて、それが結局、今ずっと引き継がれているというか。今や誰かと音楽やるとかあんまり考えられないですね。

厳しいと言われる音楽の世界で自分が音楽をしようと思ったときに躊躇いはなかったのですか?

自分の中ではなんとかなるんじゃないかなって思っていて、むしろそういう風に思わないとやっていけないって思っていたんで。だってほんとサラリーマンになりたくないから。普通に生きるのがやっぱり目立ちたかったっていうのが、たぶん1番最初はそこだと思うから。目立ちたいというか人と違うことがしたいというか、それがあったから。毎日会社行って仕事して帰ってきてっていう繰り返しみたいなのがやっぱりすごく味気ないなって。周りに刺激もなかったし、それがきっかけですね。


_MG_3895Creators Lounge presents DE DE MOUSE in Toronto

自身の最初のイベントでの出来や、リスナーの反応はどうでしたか?

最初はもうみんな体育座りしてましたね(笑)盛り上がらなくて。この人なにやってんだろうって。それが21歳くらいのときかなー?みんな体育座りしていて、僕の頭のなかではみんな大盛り上がりしているのに、体育座りしているからやっぱりショックで2回目やったときもみんな体育座りして見ていて、でもそのときは1回目よりかも少し満足度があって少しずつ少しずつ少しずつっていう感じで。ライブはやりたいって思っていたけどそこまで積極的にやっていたわけじゃなくて、1年に1,2回やるぐらいしか。あとはテレビのCM音楽の作曲とかそういう仕事をしていました。割とそうやって自分の音楽作ってお金をもらうのだけれども、なんかすごい虚しくなってきて自分がやってることが作りたいもの作ってないなって思ったときに、なんかつまんなくなってきてそれで辞めちゃって。若さ故のなんかこうだってお金より名誉がほしいじゃん?有名になりたいっていう気持ちだったし。それがやっぱりやっていてつまらないというか、お金いらないからもっと有名なりたいとか、そういうのが強かったですね。

どういったときに曲やメロディーを作っていますか?

僕は、どういうときっていうか常に作ってないと自分に自信がないんですよね。作っていると落ち着いていられるというか、もうこのまんま自分の才能終わっちゃうんじゃないかなっていう不安がずっと昔からあるから常に作り続けてないと。自分まだできるんだって確認がしたいというか。というのもあるし、突然メロディーが出てくるとかってそういうのはできるだけしないようにしてて、突然メロディーが浮かんでくるとか夢で見た音とか、だいたいそういうのはどこかで聴いた音で、聴いたあと自分が忘れてるだけだからあんまりそういう無意識っていうのを信じれなくって。だからずっと探っていくとなにかにぶつかるときがあったりして。曲作っているときがやっぱり何かの曲に似てるなっていう風なのがあったらそこからははずしていったりとかしようといつも思って作っています。割とそういう意味でコントロールしようとして音楽を作っているというのはすごくありますね。例えばキーボードしていると突然なんか出てきたり、自分の頭の中で出てくるメロディーと手で弾いて出てくるメロディーとは全然違って、僕は手で弾いて出てくるメロディーの方がすごく意外性があって楽しいですね。頭の中だともう頭の中でメロディーがでてきているからその通りいくとつまらなくて、でもこっちでいくと、あれ!?っていうとこでメロディーがとんでいったりするときにすごく興奮します。そうしながら、少しずつ外していく。予定調和から外していくという感じ。作るのにはやっぱりすごく時間はかかる。無意識に何か曲にそっくりになってしまうとそういうのが一番怖いから、ほんと得てして無い形でパクリなんて言われるものなんて出来てしまったら悲しいじゃないですか笑!?やっぱり一番どんなの作っていても自分にしか出来ない、出せない音っていうか。嫌いだって言う人に好きって言ってもらえるように寄せようって思ったこともあったんだけど、そうすると結局自分らしさが無くなっていっちゃったりするから、自分らしければ好きなことやっていいかなって。

>>part2につづく
トロント公演のレポートはこちら


Main Interviewer & Writer: Akihiro Yamashita
山口県出身。Creators’ Loungeのほか、自身のWeb MagazineFLOP」のEditorとして活躍中。

Photographer: Tatsuki Nakata
Creators’ Lounge photographer のほか、tatsu work名義で視覚、音を作るcreatorとしても活動中。

Translaor: Minami
長崎県出身。駆け出しの翻訳家、ライターとして活動中。

Editor: Jumpei Komura
エディター&ライター。洋書マガジン専門店Rabbit  Books店主。






Check out our latest update on Facebook

Other Interview Posts

Kimie Tanaka (田中 希美絵) – Interview(JP)

Kimie Tanaka (田中 希美絵) – Interview(JP)

Photo Credit: Tai Liam Kimie Tanaka / 田中 希美絵 http://www.kimietanaka.com/ 愛知県名古屋市生まれ。東京大学経済学部を卒業後、インド、チリ、ニューヨーク、シンガポールを移り住む。ニューヨーク大学大学院映画学科修士課程修了。前作品・短編映画『寿』は2013年のショートショートフィルムフェスティバル&アジア日本映画部門で最優秀賞等を受賞、その後も国内外の映画祭に入選・招待された。一方で、『Luv(sic) Part 6 – Uyama Hiroto Remix featuring Shing02』のミュージックビデオや、CMも手掛けている。今作品『かくれんぼ』は、母の死後、引きこもりの弟の面倒をみるはめになった兄とその弟の兄弟の絆にまつわる短編映画で、2015年のトロント国際映画祭コンペティション他、国内外の映画祭で上映されている。パリ在住。 映画『かくれんぼ』facebook ページ: https://www.facebook.com/HideAndSeekNYUThesisFilm トロント国際映画祭でトロントにいらっしゃっているわけですが、トロントについての印象をお伺いしたいです。 映画祭の会場と宿泊施設の往復をしているだけなので、あまり責任を持って言えないんですけど、安全だし、何でもあるし、英語が通じるし、居心地が良いなっていうのはあります。フランスと比べると、人の感じも違いますね。カナダの人は思っていることを全て口に出して言うことが多いように見えるけれど、フランス人は別に言わなくてもいいと思っている、とか。 Kimieさんの映画のストーリーや登場人物は独特で繊細な印象を受けたのですが、テーマ設定や登場人物はどのように設定されていますか?ご自身が海外で生活していることの影響はありますか? まだ人に見せているものとしては二作しか作っていないし、常にっていう訳ではないんですが、基本的にテーマはその時点で自分の内部に持っている問題ですね。登場人物は外面的には色々なインスピレーションから作り上げるんですけど、その内部と、作品のテーマに関してはその時点で自分自身が興味のあること、ですね。海外の影響の有無は作品によります。今考えている作品のうちの一つはフランスにいる日本人っていう設定で、もちろんそれは、その設定自体がフランスに住んでいるっていう環境だからこそではあるんですけど。ただ、作品のテーマというと、日本で撮る作品でも、日本に住んでいたら気がつかなかったことから生まれてきていることもあると思います。 作品を作る中で苦労したことはなんですか? 作る過程のどの瞬間も、やっているときは「これが一番大変」って思います(笑)。でも、あえて言うなら、脚本、資金集め、演出、この三つですね。脚本に関しては、プロットとしての話はいくらでも作れちゃうんですけど、その話の中に自分の言いたいことが入っているかというのが大事で、つまり簡単に言うとテーマなんですが、それを見つけるまでが大変。資金集めに関しては、今回は半分をクラウドファンディングで集めたんですが、人様が汗水垂らして働いて稼いだお金を一円でもらうっていうのは責任が重いことだし、特に日本ではあまり受け入れられてない考えだから、自分としてもそれを消化するのにも苦心しました。演出に関しては、役者さんも生き物なので、どうやったら自分の欲しいものが撮れるっていう教科書に書いたものがない分、難しいですね。でも、ありがたいことに、今のところ、常に協力してくれる人に恵まれているっていうのもあって、制作過程において、人間関係の面で嫌な思いはしたことは全くないです。ですが、作っているときは人のためではないです。妥協はしたくないし、したとしてもそれを人のせいにすべきでないと思っているので。 映画作りのきっかけと海外に出たことは関係ありますか? 海外に出たのが先ですね。大学卒業間際に、日本の外資銀行に就活していたときに、グループ面接で周りが皆英語ぺらぺらっていう状況だったんです。そのとき、初めは、「私のお父さんも駐在員さんとかだったら今頃私もぺらぺらなのにな~」って思ったんですけど、その時に、私「お父さんが…」とか言ってるけど、私もう自分で行けちゃう歳なんだって気づいて。遅いですけど(笑)。それで、入行前にインドで半年だけインターンしました。そしたら、その会社の縁もあって、入行後一年も経たずに退職して、チリに移り住んだんです。そこで働き始めた会社は、国際色豊かな職場で、日本だとチョコレートが好きだからチョコレート屋さんになるっていう訳にはいかないですけど、私の周りの人は結構高校卒業したら一年間自由にやりたいことをやってそれから初めて大学だの何だの自分の進む道を決めるっていうことを経て来てたんですね。そこで「あ、そうか、やりたいことっていうのは、やっていいんだ」って思って、それが私の場合たまたまチョコレートではなく映画だったんですけど、それを行動に移したというのが始まりですね。 やりたいことを仕事にするっていう考えについてはどう思われますか? 前置きですが、実は今私にとって映画はまだ仕事じゃなくて、だから映画に関係ないことをしてでも、どうにかしてお金稼がなきゃという状況なのですが…だんだんわかってきたことですが、私は商業的な映画には全く興味がないから、映画を撮っていきたいけど、お金を稼げるようにはならないようです。だから、今も、今後も、どうしましょうと思っています(笑)。例えばですが、アイスクリーム屋さんとかやりながら撮れるときに撮る、とか一生やっていくことになるんでしょうかね。撮れるとき、つまり作品を書くときは主に自分の内面的な問題についてなので、私の場合今のところ、初心者だからかもしれませんが、一作品にまだ時間がすごくかかる。二、三年に一本昇華させて、これだっていうふうにようやくなる程度なんです。だからと言ってどうしようもないので、今のところはその答えを見つけようと急いでもないですけどね。撮りたい物を撮って、貧乏生活を続けて、それこそ今考えている長編を撮って区切りがついたら、何かお金を稼げることをしようと思います。 やりたいことを胸の内に秘めてる人へのメッセージはありますか? 何かをやるっていうのは、何かを捨てるっていうことになると思うのね。そうじゃなくていい時と場合もあるけど、それでもそういう覚悟はしないといけないっていうのはまず一つあると思います。だから、やりたいことがあってもそれができないっていうのは、まだ他のことを捨てられていないからだと思う、例えばプライベートとか。とは言っても、プライベートは人それぞれだし、「キャリア面でやりたいことをやる=幸せになる」っていう単純なことではないと思っています。全体として何を重きにするかは人によると思うし、私は言わば『幸せ』になりたくて、プライベートとかも犠牲にしていく覚悟で映画を撮って今のところ生き始めたんですけど、それができるのは、今はたまたま私は自分以外には責任のない立場にいるから。だから私みたいなのが、色々事情のある立場の人に、簡単に、全部捨てて頑張れなんて言えないと思うんです。 でも、そういう面もありつつ、もう一方で、できないっていうのは全部頭の中にあるだけで、実は元々できないっていうことでもないと思います。まだチリに住んでいて、映画へと方向転換しようかと悶々としていたときに、誰かに聞いたことなんですけど、チリのその時の70、80歳くらいのすごくお金持ちの人が同じようなことを聞かれて、”I wish, -when I was still 50 or 60, I didn’t think I was too old to do anything.”と答えていたんです。お金持ちになっていることは数ある指標の一つに過ぎないのですが、70や80になって、すごく『成功』していた彼でも、50、60代の時にもっとやれることをやっとけば良かった、と思っている。何歳でも思った事を何でも始めるべきだ、ということなんですけど、私はそれを聞いて、そうかーと思いましたね。私自身、最近になってさらにはっきりしてきたことですが、20代、30代っていうのは、もうほんとにまだなんでもできると思います。 最後に将来の展望を聞かせて下さい。 長編を撮りたいっていうのはありますね。賞とかに入ったら次に繋がるのでいいなとは思うんですが、基本的には、そんなの関係なく、自分が納得できる物を撮りたいです。実は今、今回映画祭に出品した『かくれんぼ』の長編版を撮りたいと思っています。後は、今住んでいるフランスでちゃんと資金を集めて撮ったことがまだないから、ある意味チャレンジで、今考えている長編と短編の企画をフランスでも完成できたらいいなと思っています。この二、三年の中ではこのくらいですね。 […]

Kenichi Ebina – Interview

Kenichi Ebina – Interview

About Kenichi Kenichi Ebina is a solo self-taught dance performer, started out dancing Freestyle HipHop and expanding his style to Poppin’, Lockin’, Mime, House, Jazz, Contemporary and Ethnic dance. Kenichi’s unique dance show with illusion effects of sound, light and visual entertains a lot of people who are not even interested in performing arts. In […]

YOSHIHIKO FUEKI – Taiko

YOSHIHIKO FUEKI – Taiko

Yoshihiko Fueki, Wadaiko player. Yoshihiko started playing Wadaiko since he was fifteen years old. He involved establishing the professional Wadaiko group “dakannjin” in 2001. He had been performing all over Japan as a leader of the group. Since 2006, Yoshihiko is fronting his own live performances, collaborate with many famous musicians. Yoshihiko has called upon […]

KOJI YAMAGUCHI – Tsugaru Shamisen

KOJI YAMAGUCHI – Tsugaru Shamisen

Koji Yamaguchi, Tsugaru Shamisen player. From an early age Koji has studied the stringed instrument, Sanshin, also Taiko and traditional Minyo folk songs. He has collaborated with many famous musicians, like Yoshida Brothers, also a member of the shamisen group, HAYATE produced by Kenichi Yoshida. He is fronting his own live performances, supplied music for […]