Creators’ Lounge Report vol.3(MUJI Canada)





DSC_0134-m

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Passing through the entrance and entering the shop, we can hear MUJI staff’s voices,
sounds of constructions and even the breath of products filled in the store getting
built up at that very moment.
In the center : MUJI CANADA LIMITED President Mr. Tsunoda.

Atriumモール内からの入口をくぐり、店内へ入らせて頂くと、
スタッフさんたちの声、工事の音、商品たちの息づかいが、
今まさに作り上げられていく空間の中を流れていました。
中央にいらっしゃるのは、MUJI CANADA LIMITED 角田社長。

 

DSC_0018-m

 

 

 

 

 

 

 

 

here are refined instructions regarding the layout on the each shelf, and the staff is following them while doing a final product check.

細やかで洗練されたレイアウト指示書が貼ってあり、
チェックしながら作業を進めています。

DSC_0030-m

 

 

 

 

 

 

 

 

Cutleries are laid out meticulously.
The staff is moving around, products are appearing on the shelves and the shop is starting to take shape.

カトラリーを丁寧に並べる。
人が動き、商品が顔を出し、店ができあがっていきます。

 

Canada is a country where we can find a lot of people with various background and culture. It’s a real Melting Pot.
At Muji Atrium, you will definitely have the chance to meet an amazing staff.
The Grand Opening of the store getting closer, the excitement increases more and more progressively.

カナダは、様々なバックグラウンドや文化を持つ人々とたくさん出逢える国です。
まさしく、本当の意味での「人種のるつぼ」。
MUJI Atrium 店に足を運ぶと、そんな素晴らしいスタッフたちが出迎えてくれます。

日本を代表する企業「無印良品」の追求されたブランディングと商品たちから、
日本の文化・技術の素晴らしさを目の当たりにすることができ、
多くのカナディアンにも感動してもらえるはずです。

いよいよグランドオープンが近づいてきました。
期待がますます高まります。
>> vol.1   >> vol.2   >> vol.4   >> vol.5   >> vol.6   >> vol.7   >> vol.8
Editor & Writer : Yuko Anna Yamaguchi (Creators’ Lounge / bucolic design)
Translator : Joe Tamko (Creators’ Lounge)
Photographer : Tatsuki Nakata (Creators’ Lounge)
Composer : Yohei Kawamura, Jumpei Komura (Creators’ Lounge)

Copyright © 2014 Creators’ Lounge All Rights Reserved.






Check out our latest update on Facebook

Other Creators' Lounge Report(MUJI Canada) Posts

Creators’ Lounge Report vol.8 (MUJI Canada)

Creators’ Lounge Report vol.8 (MUJI Canada)

  今回は、MUJI Canada Limited 角田社長に、 MUJI Atriumにラインナップされている商品について伺いました。   ー お客様に特にこれを手にとってほしい、 アピールしたい商品を教えてください。 今回、MUJI Atriumで品揃えを頑張ってるのは「歯ブラシ」ですね。 売り場にも気合いが入っていまして、 いろんな種類のカラフルな歯ブラシをずらっと並べているエリアがあります。                       スキンケアも、相当頑張って入れています。 化粧品、カットコットンはぜひ使ってもらいたい商品のひとつですね。             また、壁面一面のスーツケースたちにも力を入れています。 (店舗に来られていた無印良品社員の皆様も、 実際にこのスーツケースを使って世界を飛び回っていらっしゃいました。)               そして、アクリルの商品はぜひ手に取って頂きたいですね。 売り場としても映えていますし、お客様にもわくわくしてもらえると思っています。                   […]

Creators’ Lounge Report vol.7(MUJI Canada)

Creators’ Lounge Report vol.7(MUJI Canada)

  本日午前10時。 MUJI Atrium がついにグランドオープンしました。 Dundas street 正面入口から、Bay streetを曲がったところまで、約200mにわたる長蛇の列。 カナディアンがどれほど待ちわびていたのかがよく分かる風景がそこにありました。                   先頭のお客様に聞くと、オープンの2時間半前から並んでいるよ、とのこと。                     店内でも、いよいよ扉が開く瞬間のカウントダウンです。 (左から、MUJI Atrium Antonio店長 、MUJI CANADA LIMITED 角田社長、松本さん) 扉が開き、カナディアンと ” MUJI “ が出逢った瞬間。 感動の声があがり、お客様とスタッフも満面の笑顔。           お客様であふれた店内。 MUJI の商品たちを楽しむカナディアンの姿。       […]

Creators’ Lounge Report vol.6(MUJI Canada)

Creators’ Lounge Report vol.6(MUJI Canada)

いよいよ明日、グランドオープンとなる MUJI Atrium。 たくさんの商品が、カナディアンとの出逢いを待ちわびています。 空だった棚に商品が入り、店内が出来上がっていく様子。                                         いつも現場で指示されている、 MUJI CANADA LIMITED 角田社長にもお話を伺いました。 – OPEN前の今、どのようなお気持ちですか? 早くオープン日が来て、スタッフにパスしたい気持ちと同時に、 もう来るのか、という少し寂しいような気持ちもあります。 娘をお嫁に出すみたいな、完成していく今は父親みたいな感じですね。 早く行ってほしいんだけど、楽しんでいたいというのもあります。   – 店舗で自由に押すことができるスタンプ “ MUJI Yourself ” カナダ限定デザイン完成までの秘話があれば教えてください。 アイデア出しはスタッフで行いました。 カナダってどういうもの? 自分がスタンプで押したいカナダの象徴は何? というのを自分たちで調べて提案し、ディスカッションして決めました。 今後はお店のスタッフにもそういうマーチャンダイジングのような体験をしてもらい、 自分たちもわくわくできる形をつくりたいと考えています。 -角田社長ご自身は一番最初にどのスタンプをどこに押したいですか? やはりカナダのマークですね。 うちらしい、ほかにはないオリジナルのデザインなので。 来年のMUJIの手帳を買う予定なので、裏表紙の真ん中に押したいです。     […]

Creators’ Lounge Report vol.5(MUJI Canada)

Creators’ Lounge Report vol.5(MUJI Canada)

  Since the Grand opening is near, the staff is more active than ever. All over the place we can hear voices, sounds of contruction and feel the aura of the products. グランドオープン間近の店内では今、常にたくさんのスタッフが躍動しています。 指示の声、工事の音、商品たちの息づかい。 この空間全体が、活気に満ちているのを感じます。                 The staff at work. Meeting in the vast space in front of […]