Posted in

Creators' Lounge:Doragon76

Creators' Lounge:Doragon76

Creators' Lounge:Doragon76

 

DRAGON76

From:Japan
Web:http://www.dragon76.net

He was born in 1976 in Shiga, Japan and now based in Yokohama.
He started his carrier as a painter in 1996.
His art works, which are influenced by minority cultures and music, are lively, passionate and highly evaluated in different parts of the world.
His works that we can see especially in his live painting performances and various music CD jackets are most popular forms of his art, and he has been offered various shows not only in Japan but also in different cities and countries such as New York, London, Liverpool, Birmingham,
Kenya, Jordan, and Jamaica.
Also, in his carrier, he has achieved to tie up with famous companies and brands such as PUMA, KIRIN, KFC, and a Spanish building company for various forms of arts and designs. His works were often appeared in German magazine articles such as “Sonic-Visuals for Music” in 2004,“Illusive” in 2005, “Play Loud!!” in 2006. In addition, his works were presented in the German design publisher, Taschen’s “Illustration Now” vol.2 in 2008.
One of his recent shows was in 2011, when he was officially invited to South Africa for Zindzi Mandela (Nelson Mandela’s daughter)’s fiftieth birthday event. At his live painting performance, his art is improvised with his feeling, but is always dynamic and inspires people beyond the
borders, races, and social standings.

 

1976年生まれ。神奈川在住。
1996年にPainterとしてのキャリアをスタート。
マイノリティー文化や音楽から受けた影響を基に情熱的で生命力溢れるタッチで作品制作やライブペインティング、CDジャケットやフライヤーなどの音楽関係のビジュアルの制作等を手掛け、国内外から高い評価を得る。

特にライブペインティングでは、即興で繰り広げられるダイナミックなパフォーマンスに国内の音楽フェス・クラブイベントや海外からのオファーも多く、今ままでにニューヨーク・ロンドン・リバプール・イビサ・バーミンガム・ケニア・ヨルダン・ジャマイカ等でライブペイントを行っている。また、PUMA・KIRIN・KFCやスペインの住宅メーカーの壁紙のデザイン等、国内外の多数の企業との幅広いコラボレーション実績がある。2004年ドイツの出版社Die Gestalten Verlagから出版されたSonic-Visuals forMusic、2005年illusive、2006年Play Loud!!に作品が大きく掲載され、2008年にはドイツのデザイン出版社taschen タッシェンIllustration Now vol.2に作品が紹介される。
近年では2011年に南アフリカのジンジ・マンデラ(ネルソン・マンデラの娘)のプライベートイベントに公式招待されライブペイントショーを行うなど、国境、人種、社会的立場を超えたボーダーレスな活動を展開している。

 

ーーー

About the Artist’s career

The most important thing for me as an artist is to be free, this means I choose everything such as how I face to art and how I approach life myself.
I would never do and draw what I wouldn’t like to.
I feel accountable for it, moreover I’m sure that I can convey something to the world and have some positive influence to other people’s life.

The significant challenge overseas as a Japanese artist

I’m inclined to play an active role as Japanese as well as a human being in the whole wide world.
I wish I could put an identity as Japanese into arts.
Besides, I’d like to share, pursue possibilities and broaden my perspective through communication with people with various identities from all over the world.

Last of all, to all of you challenging overseas

“KEEP ON PUSHIN’!!”

 

アーティストという職業に関して

自分がアーティストとして何を一番に置いているかというと、まず自由であること。
これは自分が何を描きたいか、そのやり方、また、どのように生きて行くかということをすべて自分で選択すること。
やりたくないことは選択しないし、描きたくない物は描かない。
そしてそこには責任がありアーティストとして世の中に対して何かを伝えたり、他人の人生にポジティブな影響を与えたり出来ると思っています。

日本人アーティストとして、海外に挑戦する意義

日本人として、また、一地球人として日本だけに限定せず広い世界で活動したいと思っています。
その中で日本人としてのアイデンティティーを作品に込めることが出来ればと思っています。
またそういう色んな国の人とが自分のアイデンティティを持ち合って関わる中でたくさんのことを共有して、色んな可能性を追求し、世界観を広げて行きたいです。

最後に、海外で挑戦する人達へ

KEEP ON PUSHIN’ !!

DRAGON76

Translator by MAKI OOKAWA
(NCA Language School Graduate)