“After Drake” by Takahiro Sasahara (in Japanese)

Posted in Blog

“After Drake”

紅葉のシーズンも終盤にさしかかり、トロントの長く厳しい冬の幕開けを感じる中、これまで私がトロントで見聞きしてきたことに想いを馳せるとふと浮かぶのはトロントの音楽シーン、とりわけHIPHOPのシーンとは?という疑問だった。北米には世界を牽引するカルチャー発信都市、NY、LAのほか、現行HIPHOPのシーンに関して言えば、チャンス・ザ・ラッパー(Chance the Rapper)を代表する Save Money一味や、米XXL誌が毎年発表するFreshmen Classに選出されたリル・ダーク(Lil Durk)、リル・ビビー(Lil Bibby)、ヴィック・メンサ(Vic Mensa)といった期待の新人達など、シカゴが最も勢いづいている印象を受ける。また、NYやLAに引けを取らず、これまでコモン(Common)、カニエ・ウェスト(Kanye West)などの英雄達がシカゴの知名度を確固たるものとしてきた歴史もあり、シカゴの層の厚さは言うまでもない。これら3都市に次ぐ北米第4の都市トロントのHIPHOPシーンについて考えると、誰もがあのトロントのスーパー・スター、ドレイク(Drake)を思い浮かべるだろう。彼の功績についてはこれまで語り尽くされているため多くを書く必要がないとは思うが、これまでHIPHOPシーンで注目されてこなかったトロントをメジャーな存在にし、世界中にヒップなトロントを知らしめただけでなく、歌えるハイブリット・ラッパーの地位向上にも多大なる功績を残してきたという点においても多大なる功績を残してきた。また、私がトロントで生活をしている中でドレイクの存在がいかにカナダ、とりわけ地元トロントで愛されているかを感じてきた。今回はアウトキャスト(Outcast)やG・ユニット(G-Unit)などの有名ゲストが出演することとなったドレイク(OVO: Octobers Very Own)主催のOVO Festは、今や世界を代表する一大HIPHOPフェスとなり、オリンピックカナダ代表のコスチュームを担うカナダを代表するアパレル・ブランドのRootsとコラボーレションで販売された限定スタジャンは、早朝から長蛇の列ができ即完売。街行くヘッズ達に目を向ければOVOのアパレルラインを着ている様子がうかがえるほか、昨シーズンのNBAではトロント・ラプターズとのコラボレーションDrake Nightが催され、地元トロント愛を全快に自ら試合観戦に臨むなど、トロントにおけるドレイクの存在がいか大きいものかを感じるとともに、そのドレイクが観戦した試合を私も実際に居合わせたり、彼の母校であるForest Hill Collegiate Instituteへ足を運ぶことができたのだから私はとても幸運だったと思う。そしてこの一連のムーブメントを感じていると、ニュースクール期の”ヒップホップ・ルネサンス”時代を経た現行シーンの枠組みの中において、”ドレイク以降”と言わざるを得ない。まずそれは、ギャングスタ・ラップだけがすべてではないという確信を改めて現代に提示しているという点だ。普段HIPHOPを聴かないような女の子に甘いリリックで音を届け、蝶のように舞っていたかと思うと、蜂のように刺々しい言葉を放つ。これまでHIPHOPに見向きもしなかったような層にもアピールし、大きく表現の幅とマーケットを広げている一方、事実ベースのボーストやヘッズらしいリリックの引用、アティテュードでHIPHOP的バランスを器用に保っており、これこそまさに本物の”ハイブリット・ラッパー”と言えるのではないか。そして次に、地元をレペゼンして仲間とともに成り上がっていくというHIPHOP的美学が、痛快なまでに今日の社会で体現されているという点においても”ドレイク以降”が感じ取れる。アルバム作品『Nothing Was The Same』では“Started from the Bottom”や”Worst Behavior”で表現されるように、「仲間とゼロからここまでやってきたぜ!」、「成功するまで誰も見向きもしなかったのにな!」というコンセプトは自分を肯定し、売れる前は見向きもしてこなかった人々に対し中指を立てている。そして前述の通り、HIPHOPを産んだアメリカのNY、LA、シカゴ、デトロイト、アトランタでもなく、HIPHOPシーンで遅れをとっていたカナダの都市、トロントごと引っさげ一石を投じ、メインストリームに躍り出ている点に感動すら覚えるとともに、トロントニアンに愛される理由が明確に理解できる。これがあのリル・ウェイン(Lil Wayne)等を抱えるYoung Money によるバックアップがあって成し遂げられたとはいえ、この功績は無視することはできない。今では自身の主催レーベル、OVOに新進気鋭なアーティストを迎え、そのムーブメントを確固たるものにしている。これらのことから、“ドレイク以降”という“HIPHOP的美学の復習”が現行HIPHOPシーンで行われているといってもいいだろう。なお、ここで加筆しておきたいこととして、ドレイク以外に注目すべきアーティストだ。それはまず、トロントの西に位置するミシサガ地区を拠点にする若手シンガー、パーティネクストドア(PARTYNEXTDOOR)だろう。ドレイクを”シンガー風ラッパー”と形容するならば、彼は”ラッパー風シンガー”と形容できるかもしれない。あの”ラッパー風シンガー”TQを彷彿とさせるも、ドレイクやザ・ウィーケンド(The Weeknd)にみられるいかにもトロントらしいどこか陶酔的なアンビエントなトラックと哀愁感ある歌が魅力だ。世界的に認知されているとはまだ言えないが、個人的見解を述べるなら、近い未来に世界を席巻するのは時間の問題だ。また、OVO以外で例を上げると、若手ラッパーのラズ・フレスコ(Raz Fresco)も、同世代のJoey Bada$$率いるNYのPro Era一味に引けを取らないほど台頭してきている。このように、今トロントで注目すべきムーブメントが着実に始まっている事実を改めて心に留めておきたい。

 

                                                                        2014年11月  Takahiro Sasahara



Check out our latest update on Facebook

Other Blog Posts

【Event Report】EFFECTS MTL, SEPTEMBER 6-7, 2017

【Event Report】EFFECTS MTL, SEPTEMBER 6-7, 2017

On September, 6th & 7th 2017, the 3rd edition of “effects MTL” took place at the prestigious Montreal Convention Center with: 12 countries represented 40+ sessions 60+ speakers 200+ different companies 1120 Attendees Being a VFX enthusiast myself, you cannot imagine how excited I was when I learned that the largest international conference for the […]

【ANNOUNCEMENT】 EFFECTS MTL, SEPTEMBER 6-7, 2017

【ANNOUNCEMENT】 EFFECTS MTL, SEPTEMBER 6-7, 2017

It is our pleasure to announce that Creators’ Lounge Inc. is a proud partner of “effects MTL17” EFFECTS MTL is the largest international conference on the north American east-coast for the visual effects and animation industries. SEPTEMBER 6-7, 2017 PALAIS DES CONGRÈS DE MONTRÉAL, QC, CANADA http://www.effectsmtl.com For its 3nd edition, effects MTL wishes to […]

【 Music Festival Report 】ELECTRIC ISLAND, MAY 22, 2017

【 Music Festival Report 】ELECTRIC ISLAND, MAY 22, 2017

Though Electric Island wasn’t held in Toronto Island this time, it never affected people’s enthusiasm! Everyone enjoyed music, dancing, drinking and whatever! To be honest, I’m not a club person at all but could have fun at this music festival. All Electric Islanders seemed to be happy, and it made me feel relaxed. It was […]

【 Music Festival Report 】Electric Island 2016: ELECTRIC ISLAND LABOUR DAY WEEKEND / Day2

【 Music Festival Report 】Electric Island 2016: ELECTRIC ISLAND LABOUR DAY WEEKEND / Day2

【 Music Festival Report 】Electric Island 2016: ELECTRIC ISLAND LABOUR DAY WEEKEND / Day2 By Creators’ Lounge staff Atsushi It is hot. September this year in Toronto is very hot. It seems that the heat wave and Electric Island has impacted the world’s climate. The beaming sun rays, the UV rays stinking the skin, people […]